2012/11/7

11月7日 少し分りかけ・・・?  

今日は月一度の教職員祈祷会。
今気付かされていることを先生方に語ることができる機会である。

この一月は色々なことがありました。研修会に参加し、今週は神奈川県の「アレセイア湘南」「聖ステパノ学園」などの見学。
又今日は、中3のクラスの聖書の時間を教えました。
クリックすると元のサイズで表示します
教室に入って見て分る生徒の姿がありました。又、ある先生が「先生、クリスマスまで待って下さい。クリスマスを過ぎると中1も高1も清和学園の生徒になりますから、見ていて下さい。」

つまり、半年余りが過ぎてもまだ良くわかっていないのだ・・と言うことが分かってきました。こうすればよい、ああしないほうが良い・・と気づくことがあります。しかし、するにはする理由があり、しないにはしないことの理由があるというのです。

しかし、同時に、「長く居るとあれもした、これもした、でもうまく行かなかった。では、今、次にしなければならないことが分らないのです。」とも聞いた。

兎に角、今は少し分かりかけ・・?もう少し待とう。クリスマスを楽しみにもう少し待とう。3学期がやって来る。それで良い。1年たてば分るだろう。その時、的確に語る・・その時まで、もう少し待とう。

結局、祈祷会で話したことは・・・
「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。」(ヨハネ 15:5)

クリスチャン教員としてキリストにとどまっていたい・・と言う願いで、清和学園に来たお互い、今、その時と同じようにキリストのとどまって居たい・・
生徒「一人一人が生かされ、輝く」ようにするのが目標なら、教師一人一人がキリストにあって生かされ、輝いていなければ、生徒を生かすことも輝かすこともむつかしい。

クリスマスを終え、全体を掌握し、これからに向かって、見るべきことを正しく見る校長としての責任を果たしたい・・・お祈りください。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ