2013/1/30

1月30日 今日も良い一日・・  

目を覚ます。「今何時?」「4時半」「・・・」〜〜〜〜
「今何時?もう外明るいよ。」「わぁッ!6時半!」
初めての寝過ごし、しかし、傷はまだ浅い、無事、「ウサギ弁当」も持って土電に揺られながら、あれ、これ、祈る。

今朝のチャペルは高知教会の黒田先生のメッセージ。
高校時代、バスケット一筋で過ごした。3年になった時、今までのレギュラーのポジションを後輩とられた、悔しかった。その年、県大会で念願の優勝を果たした。でも、その優勝を素直に喜べず、誰にも見せられなかった悔しさの中で小学生の時から通っていた日曜学校で聞いた「99匹の羊を野原に残して迷子の一匹を見つけるまで探してくれた羊飼い」の話・・思い出した。迷子の羊のような自分を見つけるまで探してくれるイエス様の心を初めて感じて、うれしかった。

チャペルの空気が澄んでいるのを感じた。生徒達の心にメッセージが届いた。

ゲストの先生とは時間が許す限り、お話しをする。
清和学園のために祈っていただきたい、高知の教会のために清和学園も何かさせて頂きたいからだ。今朝も黒田先生と話す。
* 若者伝道の必要性を教会の将来のために話すのは違和感を感じる。若者に伝道しなければならないのは教会の将来のためではなく、こんな時代だからこそ、若者にキリストの救いが必要だからだ。  アーメン!
* 若者伝道の原点は、今あるわたし達が信仰によって生き生きすること。 アーメン!
* ある時、清和の卒業生が話してくれた。「清和で居たころ、まじめにチャペルの話を聞くと友達の手前、格好がつかない・・という感じがあったんです。」 Mumu・・・

今、新学年を迎えるために、先生方と個人的に話すときを過ごしている。今日も話し、色々気付かされる。
神様の恵みを話し、喜び合える雰囲気作りが出来ると素晴らしいとは思うけれど、どういう風に、どこから始めればよいのか・・考えると、教会でも教会の行事や伝道、財政のことは話題にするが、神様と神様の恵みについては余り話題にしない・・

どうすれば良いのか、どこから手をつけるか・・・考える、祈ろう。

でも、今日も良い一日。感謝します。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ