2011/5/27

パリ便り 第36信/5月26日  

今日は午後、2組の訪問がある予定。
午前中に仕事を済ませ、午後に備える。

第1訪問は一人で来られたH姉。パリ滞在6年目、やっと念願の第1の資格が取れたところ。それがどれほどの大変なことなのか、よく分から無い。一年間抱え、祈ってきた問題をこれからどのように処理すればよいか・・
@ 今日、ここに居ることがあなたの一年間の祈りの答え。
A 「気になること」は「するべきことがある」との神様からのサイン。
B 自分の手のボールがあるなら、相手が一番受けやすいボールを投げる。次は相手の番、任せて待てばよい。
C 苦しみ、悲しみ体験は同じ経験を通る人への励まし手となる準備の材料。
簡単にはとても言えない経験を誰もが通る。通っている時は悲しみ、苦しみ、戦いしか感じない。でも、その経験を通して神様が分かり、信仰が養われ、成長する。
帰りは涙を拭いて、いい顔で、出て行かれた。「良かった」と主に感謝。

入れ替わりで第2の訪問者、二人。
今、教会で取り組み始めた働きのための相談である。新しいことを始めると問題を感じ始める。
子供が小さな頃、わけも無く関節の痛みを訴えた。ドクターに行くと「成長期の痛み」と診断された。それ以来、痛みが起こると、「ああ、それ、成長期の痛み・・」といえるようになった。教会もキリストの体、成長期の痛みがあるのだろう。パリも成長著しい教会だ。上手に通過し、配慮が出来る教会に成長するようにと祈る。

6時半ごろ、送り出して、夕食を考える。予定チャートによるとチンして食べるインスタントフレンチフード。せっかくだから、ご飯ではなく、パンを買おうとパン屋に行く。
この時間帯は皆さんもパン買いタイム。列を作っている。「デミバゲット、クロワッサン・・」そこまでは言える。しかし、後は指差すだけ。欲しいものは店の入り口にあったのだが、悲しいことに遠くて、指差しが届きません。結局、レジの近くのものを指差してしまう。
後一回、いや、これで最後の葛藤か・・と店を出たのです。パリの夕暮れ、いや、陽はまだ高い7時前のことでした。
クリックすると元のサイズで表示します
どうですか、フランスらしい感じが出てるでしょう?チンして食べたのは小さな小豆の半分くらいの豆・・のようなもの・・何や食べながら分かれへんのんかいな・・でも、分りません。クリックすると元のサイズで表示します

デザート、これも指さしただけ。名前は? 分りません。おいしさは当り!!
良い一日を感謝しました。

0



2011/5/28  22:38

投稿者:otasukeman

三翠園・・!立派なところで開いてくださるのですね。
申し訳ないですが、楽しみにしております。
松尾さんをはじめ皆様によろしくお伝えください。

私はご覧の通りですので・・・

2011/5/27  22:53

投稿者:なかがわふさ

先生、毎日「パリ街歩き」をありがとうございます。四国でパリを満喫しています。ところで「黒田先生、マキキ教会卒業お祝い会」の日程が決まりました。6月21日(火)19時30分から、高知市の三翠園にて。元高知市長で現在同ホテル会長の松尾徹人さんにお世話になっています。松尾さんも黒田先生にお会いできるので楽しみとのこと。みんなで待っていま〜す!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ