2013/5/26

5月25日 穴場です。  

「駅」と言えば、電車を思います。
今、日本ではどこに行ってもあるのが「道の駅」つまり、電車ではなく車のための駅です。
ところが、今日見つけたのが「海の駅」でした。舟のための駅では無く、そこに行くと海のものがその場で料理して食べさせてくれました。右の陳列に並べてある魚が、左の陳列では「お刺身」で並んでおり、・・・写真を撮るのを忘れました・・・、お店に入り「定食」と言いますと、そのお刺身の定食が出てきます。

クリックすると元のサイズで表示します
色々並ぶお刺身からあれもこれもと食べたいのですが、あいにくヤスコは魚アレルギー。今日は、今まで食べたことの無い「太刀魚定食」となりました。
あぁ、お味ですか。先ほどまで泳いでましたと言う新鮮さ、おいしかったですよ、ただ、きらりッと光る皮が口に残りましたが・・。ついでに、お値段はこれで700円でした。

そうそう、もう一つ「駅」のお話し。
「とでん」ー都電ではありません、土電です。土佐電鉄では「ノーガード電停」と言うのがあるのです。路面電車ですから、軌道と道路が重なっているのは当たり前ですが、道幅が狭く駅のプラットホームを作れません。車道に、「駅」とペイントで囲いを色分けして塗ってあるだけなのです。降りるのもチョッと勇気がいります。車道に下りるのですから。しかしもっと怖いのはドライバーです。目の前に電車から人が降りるのですから・・

一度、高知に来て見んさい・・!!
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ