2013/7/23

7月21〜23日 松山アシュラムに・・  

3日間、ブログを挙げられず、ご心配おかけしました。
康子も元気です。

この3日間、松山に出かけていました。
第40回松山アシュラムでの奉仕のためでした。

21日(日)

朝7時半、高知出発。松山・番町教会で礼拝を守る。
クリックすると元のサイズで表示します

創立1891年、歴史ある教会であるが、教会学校の子ども達の元気良い声が響く。うれしい。
礼拝にも高校生の姿が見える。東雲学園の生徒だろう。清和学園の報告をし、アメリカ留学からの帰国者という宮庄牧師ご夫妻にあいさつをする。
クリックすると元のサイズで表示します

昼過ぎ、アシュラム会場「松山・友輪荘」に到着。チェックインまでの時間を道後温泉の温泉街まで歩く。
クリックすると元のサイズで表示します
「坊ちゃん「に登場するとのことで知られている「道後温泉」である。
クリックすると元のサイズで表示します
一晩早く着き、明日のために準備をする。行き届いたサービスで、シーフードアレルギーの康子のために特別メニュー。ありがたい。

22日、23日 

第40回松山アシュラムが始まる。参加者はわたし達も入れて18名。
クリックすると元のサイズで表示します
1970年、脱サラをし、30歳で牧師となり、良いと聞けば何でも試そうと思っていたとき、紹介されたのがアシュラム。松山の隣にある今治教会の榎本保郎牧師のアシュラムに参加した。それからもう40年。

そんな私が高知・清和学園の校長となり、松山で40回を迎えたアシュラムでお話しをさせていただいている。

ガリラヤこの漁師シモンがイエスの従い、失敗を繰り返しながら、キリストの弟子ペテロとなるプロセスに私自身の人生を重ねる。
クリックすると元のサイズで表示します

主題聖句 
「私が植えて、アポロが水を注ぎました。しかし、成長させたのは神です。」( Tコリント 3:6 )

成長させてくださる神様に期待し、従い歩もうとみんな明るい顔で散っていった。
参加者の中にはマキキで洗礼を受けたUさん、マキキのおばさんに導かれ今は夫婦でアシュラムの常任委員というYさん、娘がマキキで信仰を持ったと言うTさんなど、マキキの実はここでも見られ、うれしい。
クリックすると元のサイズで表示します
皆さんが帰られた後、今から40年前の岸和田時代からアシュラムを通して励まされていたお互いが今までの恵みを語る。確かに成長させてくださるのは神です・・実感!!

全ての責任を果たし、ホッとして高速バスを待ち、高知へと帰りました。
クリックすると元のサイズで表示します
康子は血圧計持参のアシュラム参加でしたが、何とか無事戻ってきました。インターネットアクセスが無くブログをあげることができませんでした.これからは出かけるときには予告させて頂きます。ご心配の電話をくださった皆さま、本当にありがとうございました。

明日から、学校です。良い3日間を、感謝しました。
4



2013/7/31  8:52

投稿者:山本たかよ

お疲れ様でした。
嬉しい時でした。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ