2013/11/21

11月21日 今日も、又、恵みの日  

朝、いつものように「清和学園前」で降り、学校へと歩く
クリックすると元のサイズで表示します
川面から立ち上る湯気が今朝の冷たさを告げていました。

今朝は中学2年生のクラスが先週迎えたゲスト大嶋重徳先生のお話についての感想の発表です。

・・・イエス・キリストのまわりには問題を持った罪人と言われている人たちが集まっていたと聞いて変な気がしました。立派な人、良い人たちが集まっていると思っていたからです。でも、お話を通して、イエス・キリストはどんな人をも愛してくださるので、誰でも問題のあるまま、そのままの自分で近づけば迎えてくださると分りました・・・

クリックすると元のサイズで表示します
そしてギターバイオリン、ハンドベルなどクラスで賛美をリードし、生徒も、先生達も歌いました。

君は愛されるために生まれた 君の生涯は愛で満ちている
永遠の神の愛はわれらの出会いの中で 実を結び
君の存在がわたしにはどれほど大きな喜びでしょう
君は愛されるために生まれた 今もその愛受けている
君は愛されるために生まれた 今もその愛受けている

チャイムがなり、今朝のチャペルは終わり、何だかうれしい気持ちで一時間目のために教室へと急ぎました。

また今日はうれしいことがありました。
* 学校の将来について話し合うことができ、
* 10月の「ねんりんピック」開催の県担当の方がお礼に来られて「清和の4人の生徒さんが全体を引っ張ってくれました。良い先生をお持ちですね・・・」
* 3月高校生を送る「ハワイ研修」に「一人増える程度なら大丈夫、何とかしましょう」これで誰もけずらず、全員で行けることになりました。

なんだか嬉しい、ああ、感謝、感謝の一日でした。 

5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ