LSR 生き活き くらぶ

  人生 80年 しあわせな人は 4つの人生を 生きられるという
         熟年時代 人生の秋 実りの時 第3の人生 !
         そんな時に 私たちは 何を つぶやくのだろう    YYS

 


  いろいろあったけど、   二人で生きてきたことは 良かったと思う。            

   いろいろあるかも知れないが、 ふたりで生きてゆけたら 幸せに思う。

              仲間がいれば もっと幸せ と思う。     
===============================================
  -----------------------------------------------
(メーリンググループは YahooJapan groups です。
このサイトは 左の記事カテゴリー を選択して見てください
   各ページについてのあなたの感想を コメント(*)に    新しい呼びかけはLSR 生き活きくらぶ 掲示板 へ 
===============================================

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
« 地中海倶楽部 | Main | YYS »

2005/2/24

「こどもを育てるときに」  
テレビをつけっぱなしにしてうつらうつらしていた。
詩が読み上げられていた。そうだよな・そうなんだよなと おきて見なをした。
皇太子が感銘を受けた詩として、皇太子が朗読していた。
「子どもの成長過程で とても大切な要素を見事に表現していると思います」

この詩は、50年前の詩。北欧の教科書にも載っているという。
インターネットで調べて、隣の”書楽”へ出かけた。ひげもそらずに‥‥。
「昨日在庫は全部売れ切れました。注文をいただけると3月初旬には‥」
たった一冊見本に残されていた見本には皇太子が朗読していた詩らしきものはない。
ページごとの数行の説話と 数行の詩。そうか 彼女の詩集の要約のなのか。

こども       ドロシー・ロー・ノルト

批判ばかりされた 子どもは   非難することを おぼえる
殴られて大きくなった 子どもは 力にたよることを おぼえる
笑いものにされた 子どもは   ものを言わずにいることを おぼえる
皮肉にさらされた 子どもは   鈍い良心のもちむしになる
しかし激励を受けた 子どもは  自信を覚える
寛容にであった 子どもは     忍耐を おぼえる
賞賛を受けた 子どもは     評価すること おぼえる
フェアプレイを経験した 子どもは 公正をおぼえる
友情を知る 子どもは       親切を おぼえる
安心を経験した 子どもは    信頼を おぼえる
可愛がられ 抱きしめられた 子どもは 世界中の愛情を 感じ取ることを おぼえる

 そうなんだよな。でも、こんな詩が50年も前に書かれていたとは。
若い人たちはいい。この詩のことが話題ででも接することができて。
1
投稿者: YYS
トラックバック(0)
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lsryys
ura(eiko)さん 書き込みありがとう

先日、相田みつをサンのご子息(一人)の講演を聴きました。相田みつをサンの世界もいいですよ。

投稿者:ura
お久しぶりです。eikoです。元気でいらっしゃいますか。
鳳仙花に原稿を書いているヒトと知り合い、ここにたどり着きました。
それにしても沈光子さんのブログはカテゴリだけあって、記事がゼロですよ・・・
私もこの詩には感銘を受けました。増刷増刷でずいぶん売れたそうですね。
恐るべし皇室御用達。

お知らせ

公開講座(2月7日)
  お酒で悩んでる方々の集い「若者とお酒の危険な関係」 講演一時間・体験談1時間 場所 さいたま生涯学習センター

最近の投稿画像

カレンダー

2019年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ