2021/9/21

連続表彰台  


Super耐久シリーズ第5戦、鈴鹿。
ラブドライブレーシング50号車は、予選4位から決勝3位で、連続表彰台に登ることができました。
78号車も9位完走。
篠田、松村、両ドライバーともとても良い関係性で、一丸となり、
メカニックの指揮も高いまま望めた事が好結果につながりました。
チームのスポンサーはもちろん、私個人の
スポンサーの方々のご支援があり、
続けてこられて好結果が出ました。
本当に、ありがとうございました!
ファンの皆さんにもっともっと喜んでもらえる良いレースができるよう、頑張ります。
また、聖地鈴鹿サーキットの運営は、改めて素晴らしいものだと再認識いたしました。
今後が本当に楽しみになってきました。
残すは最終戦、岡山。
引き続き、是非応援お願いいたします!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


南出耕作君 ありがとう
will接骨院

クリックすると元のサイズで表示します

2021/9/7

ランボルギーニクンタッシ  

ランボルギーニ クンタッシ
明嵐正彦 拝

注文していた明嵐さんの本が届きました。
次会ったときにはサインしてもらおう。
本の中にあるJLOC創設者のひとり
亡くなった寺井メカさんのお兄さんの
寺井エンジニアリングの工場や、
ランボルギーニ本社、
ルマン24時間レースなど、
たくさん一緒に行った場所がありました。
思い出が蘇ります。
オンラインでも簡単に注文できるので、
ぜひ皆さんご注文ください!

版元ドットコム
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784802132794


明嵐さんのプロフィール

元新聞記者で1986(昭和61)年に創刊された自動車月刊誌
である「GENROQ」の編集長を長年務め、自動車の情報をエンターテ
イメントの要素を織り交ぜて伝えてきた。
1994(平成
6年)に友人と二人でレーシングチームを作る事になり、全日本GT選手
権(現在のスーパーGT)に参戦。
そのチームこそが現在もランボルギーニでスーパーGTに参戦し続ける「JLOC」です。 
明嵐さんははチーム創設者であり2011年まで18年間マネージャー兼監督を務めていました。
また、ル・マン24時間レース、スーパーフォーミュラなどレース界に長く携わってきた。



クリックすると元のサイズで表示します

2021/8/3

優勝!  

スーパー耐久オートポリス
予選4位より順位を上げ、優勝!!
自分としては3年ぶり
ラブドライブチーム井原さんにやっと
初優勝をプレゼントすることができました!
レインコンディションスタート
早めにピットインし、
篠田選手に交代、トップをキープし、
松村選手が、2輪交換だったがトップのまま  
最後僕に繋いでくれました。
ここが1番大きなポイントでしたね。

最後燃費がきつかったので、
コントロールしながら
見た目はトップをキープする時間が非常に長かったので
余裕があったように見えたかもしれませんが、
最後まで気を緩めることができない
緊張感のある状態でした。
チェックを受けた後、号泣してしまいました。

それぞれが完璧な仕事をして力を出し尽くしました、
それが、最高の形で実った。
スポンサー、ファンの皆様の
ご支援があったおかげです。
応援ありがとうございました!

MZracing Channel
https://youtu.be/GBHtZnH3t18



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Photo: LOVE DRIVE , S.OOMORI

2021/7/8

オートポリス  

梅雨が続いていますが
来週梅雨明け予定の九州では、
8月1日スーパー耐久が行われます。

今年は九州でメンテナンスしているため、
我々にとっては、いわば、ホームコース。
3年前優勝したこの時のメンバーが実は今年の半数以上を占めているんですよね。
3年ぶりに優勝目指して力合わせて走りたい。




クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2021/7/5

大治郎  

昨日は7月4日
母の誕生日でした。
74で思い出すのは、加藤大治郎選手ですね。
FNにデビューした当時似ていると言われた時期がありました。
プライベートでよく遊ぶほどではなかったけど
食事を一緒にしたり、レースを見に行ったりしたことはよく覚えてます。
普段ぼーっとしているように見えるんだけど、レースになると別人。
自分とそういうところが少し似ていたかもしれない?

僕ら4輪driverからすると2輪のriderはとてつもなく速いスピードで走っている人種で、
異次元にお互いを感じていたと思います。
単純に2輪の選手はすごいみたいな話で…
その中でも大次郎選手は日本で1番速かった。
ノリック選手もそうでしたが、
印象がとても強かった。

今の国内ドライバーで例えると、
関口の速さと、山本のうまさと、
その他トップ数人分も併せ持っているような…
違った競技だからそれ以外細かい部分は分かりませんが、天才でした。
当時年齢を気にしたことがありませんでしたが
1つ上だったのですね。
生きていれば昨日で45歳だね。
当時のアイドル的スーパースター。
多分当時、僕も含めてみんな大ちゃんのこと好きだったんじゃないかな。
いつまでも皆が忘れない存在でしょうね。


2021/5/23

富士24時間  

今年も本当にありがとうございました。
最後尾から3位に上がった瞬間、3速がなくなりました。
普段壊れることがない中、念のため強化ミッションを仕入れたことがかえって裏目に出た様だ。
トップと変わらないラップタイムを刻んでいただけに残念でしたが、
ミッションを何度も下ろすと言うとてつもないトラブルに見舞われながら、何とか最後10位で完走した事は、嬉しかったです。
助っ人の50号車の畑さん、78号車の首藤さんも素晴らしかったです。
トップチームと認められるその時が来ても
我々にとって、決して忘れてはならない、
まさに、貴重な、大事な、1歩でした。
ソウルカルビの皆さん、岸田米、EXGEL様、
Will接骨院も最高のサポートくださいました。
本当にありがとうございました!
ファンの皆様もYouTubeなどで応援いただきどうもありがとうございました。
燃費などまだ総合力ではトップと差はあると思うので、チーム力の底上げには貢献していきたい。
次戦は表彰台狙ってがんばります!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2021/5/8

第2戦菅生  

Super耐久第2戦菅生は、
50号車は、
山西、松村、合わせたタイムで
予選雨の中3番手を得ることができました。
(78号車の藤井ドライバーは私と1秒しか変わらないタイムで走りました。)
クリックすると元のサイズで表示します
決勝は篠田スタートとなりました。
クリックすると元のサイズで表示します
いわゆるちょい濡れドライコンディションに。
クリックすると元のサイズで表示します
我々は、テスト不足が影響して、
アンダーステアが出てしまった。
他者との接触等で苦しい展開に。
最後は、
昨年岡山でスタート前に僕に起きたトラブルと同じトラブルによりコースアウト…
スピードが乗るSPコーナーだったためクラッシュしてしまいました。
78号車も着々とレース中盤まで走っていたのですが後半スリップリーな路面に足を救われてクラッシュ。
二台ともにクラッシュとなってしまいました。(78号車は完走した)
クリックすると元のサイズで表示します
私は4トントラックを運転して、ガレージを担当していただいている
プライムガレージさんの北九州まで。


何とか1週間後の富士テストに間に合わせられて…
レース後のテストでは順調に仕上げることができました!
クリックすると元のサイズで表示します
富士24時間レースに向けては、
ようやく好調となってきたため
優勝目指して頑張りたいと思います!
78号車も好調。
サポートいただきます皆様の為にもしっかり
2台完走を目標に頑張りたいと思います。
引き続き応援よろしくお願いいたします!
クリックすると元のサイズで表示します

2021/3/26

S耐久開幕戦  

2021シーズンも開幕しました。
ラブドライブレーシングは
今年も50号車の男子チームと78号車の女子チームです。
我々50号車は
Bドライバー松村浩之選手、Cドライバー篠田義仁選手と共に力を合わせて戦います。
78号車は
Aドライバー藤井順子選手、BドライバーJco IINUMA選手です。
今年もドライビングアドバイザーとしてチームに貢献していきたいと思ってます。

50号車は昨年第5戦オートポリス戦でクラッシュしたところから
奇跡的な修復をしましたが電子関連のトラブルが公式テスト、今回も続いていました。
今年からタイヤがハンコックに変わり、そのテストの時間もゆっくり取れませんでした。
そんな中予選は奇跡的にトラブルの症状が消えて、アタックできました。
決勝も大雨の中一時3番手を走行しましたが、不運なコースアウトや赤旗終了により、
最後尾での完走。
しかし初戦をきっちりと走り全車が何もデータのないレースで戦えたナチュラルな部分のポテンシャルも
しっかり感じることができた貴重なレースでした。
応援していただきますスポンサーの方々、ファンの皆様、に改めて感謝申し上げます。
ありがとうございます!!

桜の開花する春らしい陽気になって参りましたが、
今年はコロナの影響で少し違った春ですね。
こんな状況でレースができることに感謝します。
早く井原慶子総監督に優勝をプレゼントしたいと思い日々頑張っています。
2021も宜しくお願い致します。

第2戦SUGOも頑張ります!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


カートスクールFB facebook

ネットショップONLINE STORE 

2021/3/11

10年  

5年毎に世の中は変わり10年一昔と言って10年で1つの区切りをつけて新しい時代に向かう。
そう中嶋さんが昔、話していたのを思い出します。
3.11、あれから10年ですね。
あの時筑波サーキットにいました。
LIVEで流れる目の前で津波に飲み込まれる映像。この世の悲劇。
ずっと海が怖かった。
一人旅でいろんな海にも行って
やったことのない釣りもしたりしました。
まだ僕の中に恐怖がはっきりと残されています。
被災された方々、家族を失って生きている方々に、心よりお見舞い申し上げます。
原発事故の数年前たまたま手に取った
原発が爆発したときの恐ろしさと言う本。
それが現実のものになったことにも衝撃を受けました。
ある意味あれから僕の人生も少し変わったんだと思いますね。
福島の復興のために、コロナ渦でいろいろとありますが、57年ぶりの東京オリンピックをぜひ
世界に、日本の福島の復興の姿をアピールしてほしい。一国民として心より祈っております。

さて、
今年もスーパー耐久で元気にレースをしたいと思っております。
チームは引き続きラブドライブ50号車。
開幕は3/21 ツインリンクもてぎ
応援よろしくお願いします!


2021/1/13

最終戦中止(鈴鹿)  

1月23日に予定しておりました
スーパー耐久最終戦(鈴鹿サーキット)の
中止の決定が正式に発表(延期戦は未定)
となりました。
主要都市での緊急事態宣言下の状況では、
残念ですが…受け入れるしかないです。
スポンサーの皆様方、ファンの皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいではありますが、
21年シーズンには万全の体制を整えて、
より一層、頑張りたいと思いますので、
引き続き応援宜しくお願いいたします!
ひとまず2020年シーズン、
応援いただきありがとうございました!



クリックすると元のサイズで表示します

2021/1/2

2021年  

あけましておめでとうございます!
2021年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


クリックすると元のサイズで表示します

2020/12/25

スーパー耐久第5戦  

スーパー耐久第5戦オートポリスは
予選5番手から、決勝は2番手を走行しトップ争いをしていたものの
ドライバー交代直後にクラッシュし残念ながらリタイヤとなってしまいました。
現在車はまだ九州にあるガレージで全力で修復中となっております。
応援いただきましたスポンサー、ファンの皆様にはなかなか期待通りの結果となりませんが、
来年こそは良い結果を出して、本当の力を証明したいと思います。
今年は残るところ数日のみとなってしまいました。
歳を重ねるごとに1年が早く感じられるようになってきました。
今年はコロナの影響で観る側にとっても辛いシーズンでしたが、それにもかかわらず変わらず
応援いただきまして、本当にありがとうございます!

メリークリスマス!



カートスクールFB facebook

ネットショップONLINE STORE 

2020/12/6

Women's_Rarry_in_恵那  

ラブドライブ7期生募集と
Women's Rarry
岐阜県にある恵那モーターパークにて開催。
僕はゲストドライバーとして
同乗走行を担当させていただき
スカイラインR400でドリフト走行。
果たして喜んでもらえたのでしょうか?!
もっと上手くやりたい気持ちはありますが
(笑)
初見学のラリーもいつかは挑戦したいね…

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2020/11/27

第4戦もてぎ  

スーパー耐久シリーズ第4戦ご報告です。
今回もてぎに向けて導入したシステムが金曜日のフリー走行でトラブルが起き、
残念ながら元に戻して予選を迎えることとなりました。
走行時間も押してしまいセットアップが進まず、予選含めた時間を使ってセットアップを決勝スタートまでで行う、といった流れになりました。予選は9番手。
第2戦菅生より続いていたトラブルが、秒で遅くなるような致命的なものであって
ただし今回は原因がはっきりしたことで、収穫をたくさん得ることができ、8位完走。
次のレースからはまた速さが取り戻せるとようやく期待できているところにきた。
50号車は
まだまだ我々が目標としている常に表彰台、優勝を狙う、と言うところからは満足できる結果ではありません。
オートポリスではさらに高みを目指して、チーム全員がさらに高いモチベーションで臨みたいと思っています。
レギュラーの山西、佐藤、そして富士24時間レースでパフォーマンスを発揮してくれた松村選手を迎え、気合を入れたいと思います。
しかしながら78号も10位完走し、
2台揃っての完走が続いています。
育成ドライバーの貴重な経験を積み重ねるためにも、
この完走は非常に重要なポイントだと思っています。
応援ありがとうございます!
引き続き応援よろしくお願いいたします!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2020/11/7

ファン  

不定期な更新お許しください。
さて、突然ですがファン、と言えば皆さんは誰を思い浮かべるでしょうか。
僕にとっては中学生になって初めてテレビを見た人生で、ダウンタウンが面白いとか
山口百恵の赤いシリーズは全部見てるいるとか
それも確かにファンだと思いますが…
僕の出身であるGEMINIカートの野田英樹さんはもちろん大スターでした。
レース人生の中での最大のファンと言えば
やはり中嶋悟さんですよね。
小学生の頃母が厳しくて
テレビは一切見ていなかったのですが思春期になって初めてたくさんのテレビを見てその中で1番面白かったテレビがF1でした。
当時はアイルトンセナがF1で全盛期だったからね。
みんながそうなりたいと憧れた。
そして日本を代表してF1で戦う中嶋さんに皆が共感し
ホームストレートで日本国旗が振られるのを見て誰もが感動した。
当時はF3000だとかは地上波では見ていませんでした。
僕がカートを始めてから
もちろんプロになる直前には国内のF3000年のレースや少し内外の、2輪レースを含めて見るようにはなった。
国内F3000は当時F1に負けない位面白かった。
ずっとテレビで見ていた人に
初めて1995年にお会いした時に震えたのを覚えています。
意外に普通に接してくださったので緊張感はなかったのですが、肩透かしみたいな感じで(笑)
最近のドライバーはわからないと思う
バンピーな路面、パワーステアリング、アシストなどない車のキックバックや路面からの衝撃。必要な体力、人間力、求心力。
当時のレースは想像を絶する世界だとこの世界に入ってわかりました。
題名を"中嶋悟ファンだと自覚した日"にしようと思ったのですが…笑
お前中嶋さんのチームで走ってただろうとか。
息子の一貴はスクールで先生だっただろうとか。
その時次男の大佑が赤ちゃんだっただろうとかいろいろ思うとやめました。
皆さんの思春期はどのような人がスターでしたか?
今ではすっかりテレビがそこまで面白いと感じなくなり、YouTubeや他メディアなどの方が非常に魅力的になってきていますが…
ただし1番影響力があった人はやはり師匠の野田克さんかな。
僕は一生師匠にかないませんし、人間的には足元にも及ばないと思っています。
そんなことより(笑)
今年の残りのラブドライブのレース参戦をを育成ドライバーを引っ張って頑張る。
引き続き応援よろしくお願いします!







AutoPage最新お知らせ