2007/5/8

GT第3戦リポート  レポート

金曜日の走りはじめから前回岡山でのハンドリングの悪さが改善している事が判り、一安心という感じでした。
2種類のタイヤをアピチェラ選手が比較し、ソフトコンパウンドを選択しました。
僕らのランボルギーニは最初から、今回の長い500kmのレースで、
1ストップ作戦を選択することは不可能だと解っていたので、
2ストップ作戦を選択する以上、他よりもコンマ5秒以上速いラップを刻まなければならない。
そういう意味でも比較的タイムの出やすいタイヤで、速く走り続けるセッティングになっていた。

土曜日の予選1回目は、アピチェラ選手が良いアタックでトップタイム。
スーパーラップへの出場権を得ました。
午後のスーパーラップでは、他の車がタイムを上げて来る中での最後のアタッカーでした。
僕らがピットで見守る中、アピチェラ選手がセクター2ではコンマ2秒ほど遅れて、
あきらめ感が広がったが、コントロールラインでの表示は僅差でマイナス表示!
ポールポジションでした!記者会見にも呼んで戴きました。
おそらく僕は、GTでは、GT500クラスで中嶋企画でトムコロネル選手と組んでいた1998年以来、約9年ぶりの記者会見でしたね(笑)そういえばNSXに初優勝をもたらした時も富士SWだったんですよね。
当時は二十歳だったなぁ。本当に若かった(笑)
富士の長いストレートを考えるとポールはあまり意味がないかもしれないけど、
トップからスタートできるアドバンテージは大きいし、決勝に向けて気合いが入りました。

日曜日朝のフリー走行では、燃料が満タン状態での決勝セットを確認しました。
僕が3番手タイムを記録して、まずまずのフィーリングでした。

決勝スタートはアピチェラ選手が担当。
良いペースで少しずつリードを広げていき、38周時点では12秒程のアドバンテージを築いた。
39周目にピットインし、給油して4本のタイヤ交換、ドライバーが僕に変わってコースに戻ると、順位を下げてしまった。
ランボルギーニは燃費が悪いので、1回の給油時間が他より10秒以上時間がかかる。
これでリードは帳消しになってしまっていた。
それにもまして、当たり前だが、最初から、ピットイン回数が1回少ないチームに対しては、50秒以上の差がある状態で、それを覆すには絶望的と言える状況だったのですが、車の状態はとても良く、ファステストラップを出しながら、差を詰めていく事が出来た。

そんな中53周目に起きた事故によって赤旗が出されて、レースが中断。
セフティーカーによって再スタートとなる頃には5番手となっていた。
これは僕らにとっては有利な展開で、その後もペース良く順位を上げて、前車がピットインをする頃には再びトップとなった。
しかし僕らはピットインを1回残している状態で、実質トップとはまだ差がある状態だった。
リヤタイヤが消耗してブレーキのスタビリティーが無くなっていたが、ベストタイムが出ていたし、今年のタイヤテストも兼ねてそのままハイペースを維持するようにしていた。
しかしドリンクホースに少し気を取られていた時に、1コーナーでスピンしてしまった。
幸いクラッシュはせずコースに戻れて2回目のピットインとなった。
予定では、再度アピチェラ選手に交代するつもりだったが、ドライバー交代でのロスを考えるとこのまま最後まで行って欲しい、とチームから要請があった。体力的には大丈夫だったのでOKの返事をしていた。
再び、長い長い給油時間でのロスを埋める為に、今回はリヤタイヤのみを交換して、ピットアウト。
トップガライヤとの差はその時点で20秒以上あり、前後バランスが最初合っていなくて、タイムを上げるのが難しかったし、少しフロントタイヤから振動の出る中で追いついて、そして追い抜くのは不可能だと思ったが、変わらずプッシュし続けた。結局14秒差でチェッカー。

勝てなかったのは勿論残念でしたが、ミスがなければ勝てたかと言うと確信はないし、
長いピットでのロスを考えると、いずれにしてもこれが現状ではベストな結果だった。
なにより表彰台は、事前から絶対に欲しい結果だっただけに2位はとても嬉しいし、
これでランキングも4位となり、チャンピオンシップもまだ可能性がある。
予定外の2スティント連続で、2時間以上の走行だったので疲れましたが、
今回良いレースが出来た事に、オーナーの則竹さん夫妻と、スポンサー、チーム、ファンの皆さんと、そして応援してくださった全ての方々に、心から感謝したいです。
次戦はマレーシア戦。毎年脱水症状のドライバーが続出するレースなので、
僕らはドライバーもメカニックも車にも暑さ対策を万全にして、アサヒのドリンクをしっかり飲んで、
先に脱落しないようにしたいと思っています。
応援どうもありがとうございました!!




2007/5/9  1:49

投稿者:めぐ

改めて、富士 お疲れ様でした。

ランボルギーニの燃費が悪い事は聞いていましたが
給油&ピット回数での差が出る中での
2位は本当に素晴らしい事だと思いました。
現地でレースを観れてないって、やっぱり勿体無いですよね(;´д⊂)

次戦のセパンも生で観れませんが
暑さ対策をして
そして、アサヒのドリンクを飲んで(笑)
脱水症状に気を付けて下さいね〜。
今回同様しっかり応援させて頂きますo(^∇^)o

2007/5/9  0:15

投稿者:けこ

98年Rd.4富士のビデオ引っ張り出してきて見ちゃいましたo(^-^)o
やっぱり良いですね!表彰台の真ん中…

次戦セパンはキツイと思いますが、何事も無くチェッカーが受けられる様祈ってます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ