2006/7/26

SーGT第5戦 菅生  レポート

予選は、前日のフリー走行が雨と霧の為に殆どテスト出来なかった事で、
手探りの状態でした。
前日からひき続き生憎の雨そして霧に見舞われて、走行時間が遅れコースアウトする車両が相次ぎ、赤旗中断が相次いだセッションとなりました。
そういう難しい条件の中で、
バッテリートラブルがあって予選1回目の出だしが遅れた事も重なり、
混走セッションでタイムを出すしかない状況でした。
殆ど状況がつかめない中、我々はタイヤと気温の関係で1周のみでタイムを出す必要があり、最初の1周目にかけて最初にコースインしたが、
アタックラップに赤旗中断となってしまい作戦を台無しにしてしまった。
赤旗中断後に再度アタックを試みたが、GT500クラスと混走で渋滞の中で
大渋滞に引っかかってしまい、思うようにアタックは出来ず、
結局GT500の車3台に道を譲りながら出した1周目のタイムがベストラップとなる。
アタック2周目以降は秒単位でのタイムダウンがある状況でタイムアップは無理だった。
結果的には赤旗に翻弄された予選で21番手という仕方の無い結果となりました。

決勝は、朝のフリー走行後に、デフのトラブルが発覚。
残念ながらピットスタートとなる・・。
他にGT500の車が2台ピットスタートだった為にピットロードから3番手でスタートを切り、序盤は思うように最後尾のグループにまで追いついてパッシングしていけた。
しかし、14番手位まで上がってきたところで、ストレートが異常に速いモスラーに引っかかってしまう。
どうしても抜けずラインを外してパスしようと試みたら、タイヤカスに乗り、
グリップを失って逆に一度抜いた車4台ほどに再度交され、又抜き返した。
そんなレース展開の中で、後ろから来たGT500の車輌に運悪く右リヤタイヤをヒットされて、スピンし大きくロスした。これはアンラッキーでした・・。
それでも諦めずに走りまたもモスラーに追いついて、ピットインの周にようやくモスラーを抜いて、ドライバー交代をしました。
40周以上を走ったが、タイヤのライフは問題ないと思われたので、
最後までタイヤ無交換で行く作戦を取る。
入賞できるかとも思われたが、残念ながら一歩及ばずしかし最後迄走り切り、
今期2度目のチェッカーを受ける事が出来て、12位で完走しました。

来月のSuperGT第6戦は歴史のある、鈴鹿1000km耐久レース。
今期からS-GT選手権シリーズの1戦として組み込まれています。
昨年はGT500クラスで表彰台に登ったレース。
諦めず良い走りが出来ると信じ、準備して行きたいと思います。
後半戦も、応援よろしくお願いします!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します



2006/7/26  17:19

投稿者:めぐ

悪天候の中での予選、大変だったんですね。
サーキットに着いた時には
一回目の予選が終了する頃でした(´д`)

決勝、ピットスタートでハラハラしましたが
無事12位でチェッカーできて本当にほっとしました(*^_^*)

次戦の鈴鹿1000`は期待しております。( ^ー゚)
私も見に行けないかと模索中です。

本日、九州は梅雨明けしました。
暑い夏の到来です。

2006/7/26  1:03

投稿者:Type-R

菅生のレース、お疲れ様でした。
久しぶりに山西くんらしい走りを見せてもらえて、とても楽しかったです。
次回も山西くんの走り期待してます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ