2006/9/2

恩師  

今日は僕の育ってきたカート時代の事を書きます。
今まで隠してきたわけではないけれど、
僕はある方に育てられた。

カート界の重鎮であるその方と初めて出逢ったのは、1991年の夏に実家から宝塚にある両親の経営する店へ行く裏道の山道沿いにオープンしてからまだ半年くらいの宝塚カートフィールドでした。
当時まだ真新しい感じのするカート場でしたがそれを設計したのがその方でした。
カート場の社長に紹介されて、初めてお逢いした時には油で汚れたジーパンとTシャツ姿だったのですが、なぜだかすでに特別な方だと解っていた。

まだカート場も少なくレースをJAFが統括していなかった
1960年代にカートを知り、日本にその面白さを伝える役割をされた・・。
当時の事はここに少し書かれています。
http://www.geminikart.net/
1976年の全日本カートチャンピオンでもあり
その昔まだ少年だった鈴木利男さんと、激しくトップ争いをしていたらしい・・それはホイール爆発のトラブルにより怪我をした弟の代わりに出場したレースシーズンでした。
アイルトンセナが、当時18歳で、ダ・シルバと呼ばれていた頃には、
DAPカートドライバーとしてジャパンカートグランプリ出場の為日本に来た時、
当時案内役(通訳)をした。
僕が出会った時は現役を引退されて、世界選手権の審査委員長もされていた。
レーサー山西康司の育ての親。ジェミニカート代表の野田克さんはそんな方でした。

僕がカートを熱心に始めたのを見て的確なアドバイスをしてくれた、僕にとってまさに心から神様という存在でした。
その影響で、最初はあかんと反対していた父も次第に手伝ってくれる様になった。

GEMINIKARTは今あるカートショップの中では最も古い1972年に出来たショップで、弟の野田優さんも、今でもカートピスタ広島というカート場とスコールカートというショップを経営しています。優さんは僕と一緒に全日本や世界選手権にも出場していた大ベテランのトップカーターでもありましたね。

ジェミニ出身のドライバーはとにかく多くて数え上げるときりがありませんが、
僕が初めてF3で優勝した時に表彰台で僕の左腕を支えてくれていた水野昇太選手は当時ジェミニの従業員でしたし、フォーミュラニッポンにも出場した高橋毅選手もジェミニ出身ですし、その昔FJに出場した大脇照夫選手もそうですね。

クリックすると元のサイズで表示します

因みにランボルギーニでチームメイトの桧井選手は最初にスコールカートの優さんに薦められてキャリアをスタートしたらしいし、鈴鹿1000kmで87号車第3ドライバーを担当した余郷選手はその昔ジェミニでカートをしていた事があるらしい。
最近では、ユーロF3に参戦中の小林可夢偉選手もGEMINI出身です。

レース関係者では、元童夢の佐々木正氏は子供の頃からジェミニに居て、
1994年、僕はその縁で16歳の時ヨーロッパカート選手権へ遠征した際イモラサーキットからほど近い佐々木氏の自宅に住んでいたのですが、アイルトンセナの事故はそこでライブで観てた。
又、出身ではないけれどチームNOVAの清原監督もその昔関西でGEMINIのメンバーと一緒に走っていたらしいし、
レースアナウンサーピエール北川氏も関西のカート出身ですね。
F1解説者の今宮純氏も、その昔ジェミニでカートをやっていたらしい。

僕が始めた当時のジェミニでは、いつも四輪にステップアップされてイギリスF3で優勝した野田英樹さんのレースのビデオばかりが放映されていて、
僕の憧れのスーパースターでしたね。僕が今までの人生で1度だけサインを貰った事がありますが、それが英樹さんでした。
1994年のF1日本グランプリには、ジェミニの野田さんと英樹さんのお母様と僕の3人で、鈴鹿サーキットに応援しに行ったな。

1994年にアルゼンチンで開催された世界選手権では、野田さんがメカニックをしてくださって日本人初表彰台に登った。
クリックすると元のサイズで表示します

今年でカートを始めて以来15年以上が経ちます。
とにかく、僕はレースをさせてくれた両親と、恩師と、
色んな方々のおかげで今がある。
今後も今の僕を育ててくれた方々に恥じないレースをしていきたいと思います。



2007/2/6  21:53

投稿者:free online psychic chat

Accordingly, an inclination, that I was shocked and concerned at seeing these two respectable old men.

http://www.qvgs.com/29/free-online-psychic-chat.html

2006/9/3  11:20

投稿者:めぐ

山西君にとって、カート・恩師(野田克さん)との出会いは
運命的なものだったのでしょうね。
今まで出会って来た方々
そして、理解してくれているご両親(家族)の存在って…
有り難いし大きいですよね。

私も、高卒以来勤めていた会社を
訳あって辞めて再就職活動しながら
前の会社方、両親に感謝する事が色々有りました。

こんな私ですが、山西君のとってほんの少しでも
力になれるように、これからも応援していきたいと思います。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ