2012/9/24

GT富士レポート  

2012 AUTOBACS SUPER GT Round 6 FUJI GT 300km RACE


GT300クラス 87号車 JLOC ランボルギーニGT3

チームJLOC  http://www.jloc-net.com/index.html
SUPERGT   http://supergt.net/jp/

2012年9月9日(日)・決勝  
会場:富士スピードウェイ(4.563km)  周回数:66周  天候:晴れ
気温:29℃(14:30時点)  路面温度:44℃(14:30時点)  コースコンディション:ドライ  
観客:3万3800人(主催者発表)

9月9日(日)、静岡県駿東郡小山町にある富士スピードウェイにおいて、2012 オートバックス SUPER GT第6戦「FUJI GT 300km RACE」の決勝レースが行われました。

【土曜日】

練習走行:12番手
走り始めから全体的にリヤのグリップが足りなくて、改善する必要がありました。
タイヤの比較のために、フロントのフロアーの路面との接触を車高調整する以外は触らず、
今回比較すべきもう一種類のタイヤに変えて、PITアウト。
しかし、合計13周目のAコーナー手前で突然駆動が無くなり100Rアウト側でストップしてしまった。
ドライブシャフトのトラブルだったのですが予選に間に合う程度の損傷で、正に不幸中の幸いでした。

予選:9番手
Q1僕がアタックしましたが、1周だけでQ2に残った。
Q2山内選手がアタック、スリップストリームをうまく使えたこともあり、Q3に残りました。
Q3オーバーステアを問題視してウイングを付けたので1周目は酷いアンダーステア。
   2周目になぜか88号車に引っかかり3周目リヤタイヤが落ちたところがベストラップ。
  予選を9番手で終えましたが、朝走っていればかなり上位だったはずだし、決勝に前向きでした。

【日曜日】

フリー走行:3番手
予選で88号車が調子良かったセットを真似て、
低速コーナーの極端なオーバーステアが解消された。
ロングでも調子は悪くなかったので、急に期待が出てきました。

決勝:リタイヤ
山内選手スタートで前の車が2台PITスタートのため実質7番手から、3番手まで順位を上げた。
しかし3周目位に急にエンジンが吹けなくなって順位を落とし..PITin。
期待していただけに残念ながら2戦続けて完走ならずリタイヤしました。


今回、予選に関して僕の走り方が車の特性にあっていない部分もあるし、改善する必要も感じた。
そしてセッティングの方向性でもそれはある。
速さが噛合うように、自分とチームを信じて、諦めずに走りたい。

小林カムイ選手も最近苦労しているね。BSで育ったからピレリに走りが合っていないだけだと思うし、
BSであれば彼はもっと速く走れる。
エンジニアの問題も...2000年のフォーミュラニッポンでチームの指示でSCが入るタイミングで留まった事があったが、
周りの疑問などよりもドライバー本人が一番疑問で、なぜPITに入らないんですか???という感じだったからね。
チームとしての意図もあったと思うし、それぞれ複雑な理由でうまくいかなかったりする場合はある。
シンプルに、自分のチームが敵にならないよう、全員が同じ気持ちで他のチームと戦えるような環境に身を置きたいよね。
運のめぐりの悪さにめげずに頑張ってほしいよね。


今回で、鈴鹿、富士と2戦連続で決勝を走れませんでしたが、誰のせいでもないトラブルで表彰台のチャンスを失ったので残念でした。
鈴鹿できっかけはしっかり掴んだし、富士で今年のGT3車の方向性を再認識することが出来ました。

さて残り2戦。僕もシンプルに頑張りたいと思います。




2012/9/26  14:29

投稿者:めぐ

レポメモ有り難う御座います。

何があったのかとか、状況を感じる事が出しました。
残り2戦チェッカーフラグも頑張って下さい。

オーポリは現地観戦がやっと出来るので
今までの分も合わせて
しっかり応援しますo(^o^)o

2012/9/25  0:12

投稿者:とーまゆき

オートポリスでは鈴鹿や富士の分も、思いっきり山西くんらしい走しをしてくださいねっo(^▽^)o

87号車くんがご機嫌ななめにならないことを祈りつつ、山西くんの活躍を期待していますっ♪

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ