2006/10/16

SuperGT オートポリス  レポート

富士テストで、ここ何戦かで問題となった異常な油温の高さやストレートスピードを解消出来たという感触を得ていたが、
それでも少しストレートスピードに問題があった。
そんな中金曜日の走りはじめにリヤをスライドさせてカウンターを当てたのだが、
運悪く芝生に乗ってしまい、イン側にクラッシュしてしまった。
運転席からはフロント周りに軽いダメージを感じタイヤから白煙が上がっているのが見え無線の調子も悪かったので外からの状況は解らなかったが、
ピットに戻るとオイルが出ていて予想以上に深刻だった。
しかし、午後通常通り走行する事が出来た事はメカニックに本当に感謝したい。
予選は完全に失敗だった。
1セット目でタイムが出なかったし、2セット目はタイヤ交換にピットインした時にタイヤが用意されてなく1周しか出来なかった。
それによってGT500との混走時間にタイムを出しに行くしかなかった。
クリアラップは取れなかったが、最後のラップにクリアとなった。
それまでの自身のタイムを1〜2秒上回り最終コーナーへ。
しかしタイヤカスを拾って失敗。これにはがっかりだった。
決勝はスタート自体は良くて2台パスしたが、失速する車に遮られて、元の順位に戻ってしまう。
ストレートの速い車をパスする為に、そこから我慢しながらチャンスを待ち、何とか2〜3台をパスしたが、
再びモスラの後ろで押さえられてしまう展開に…
コーナーが遅く、ストレートが速く、又車が軽い為にブレーキングの良い車をパスする事は接触する以外不可能で、
ドライバーの修選手もインを空ける事は決してなかったので、
菅生の再現のような展開で、あらゆる手を尽くしても抜けなかった。
1周2秒も遅いラップでレースが半分を消化しピットイン。
こんなレース展開でタイヤカスを拾って距離が空いてしまったら、
いくらクリアラップでもタイムは出ないし、実質最初から最後までクリアラップは無かった為にベストタイムは平凡だったが、決勝に関しては調子が良かった。
和田選手に交代して最後まで走りきり、なんとか18位で完走出来ました。

今年の開幕戦で100kgの性能調整のハンデウエイトを積まされてから苦しいレースが続いているけれど、
今回流れが悪い原因を自分が造ってしまったので本当に悔しい。
そんな中チームはいつも通り明るいし、最終戦はランボルギーニと相性の良い富士SW。
この体制で何としてでも表彰台に上がりたいと思います。
最終戦も応援宜しくお願いします!!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します



2006/10/17  20:32

投稿者:めぐ

オーポリ戦 お疲れ様でした( ^-^)_旦~
金曜日のクラッシュで怪我が無くて本当に良かったです。

レースに関してはスッキリしないものも
あったかもしれませんが、観ている側としては
無事完走出来て良かったと思っています。

最終戦富士は相性の良いサーキットのようなので
気持ち良く笑顔で終われるレースになりますように(-人-)
応援していますo(^∇^)o

2006/10/17  0:12

投稿者:?

AP、お疲れ様でしたm(_ _)m
終盤、TVにスピンをしたムルシエラゴを見た瞬間叫んでしまいました。
リタイヤにならず、良かったです(´・ω・`)

次で最後となってしまいますが、悔いの残らないレースとなる事を祈ってます。
もちろん現地で応援しますよっ!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ