2014/8/4

GT第4戦レポート  レポート

2014 オートバックス SUPER GT第4戦「SUGO GT 300km RACE」
SUPER GT GT300クラス
エントラント:JLOC
マシン:86号車 クリスタルクロコ ランボルギーニ GT3
ドライバー:山西康司/細川慎弥

7月20日(日)、宮城県村田町のスポーツランドSUGOにおいて、2014 オートバックス SUPER GT第4戦「SUGO GT 300km RACE」の公式予選および決勝レースが行われました。


予選 7位:1.28.047

菅生で行われた事前テストには、チームが参加していたし、
鈴鹿のテストでは僕自身がドライブしていたので、
より多くのデータを持って、このレースに臨んだ。これはとても大きなことだ。
レースに入る前には過度な期待はしていませんでした。
昨年から大幅にタイムアップを果たせましたが、周りはそれを上回るレースをしているからね。


土曜日の予選は霧の影響で日曜日に延期。
ピットを開放して、ファンサービスするのみだった。
日曜の朝に行われました予選は、
ウェットでの走り始めはかなり車が動いて、思っていたようなタイムでなかった。
路面が良くなってきましたのでインターミディエイトタイヤに履き替えるタイミングで、
車を少しハードにしてもらい、まずまずの手ごたえ。
PITがうまく機能してくれて、2セット目のタイヤを履いて、タイミングよく6番手を得ました。
決して軽いわけでもない、僕らの車がこの順位を得たのは望外の結果でした。

決勝 6位 ベストラップ: 1.22.412

決勝は、ウェットから乾き始めて全車スリックでのスタート。
フォーメーションラップで雨が落ちてきてピットインする車両がいる中でステイアウト。
5番手で実質のスタートでした。
ウォーミングアップで動かないワイパーを直してもらっていたはずでしたが、
ワイパートラブルが再発して、水煙の中殆ど見えない大変ナーバスな状況でした。

目の前のBSタイヤを使うCR−Zがコースで真ん中を走行し、
コーナー真ん中でいったん停止に近いほど速度を落として、
僕自身もやや中途半端にライン変更、そして急減速。
それに後続が避けきれずに追突してしまった。
避けられた可能性もあるからね。残念なオープニングです。

最後尾からめげずに走り続け、
ややアンダーステアだったものの、コース状況が良くなるにつれてペースは良くて、
クールスーツのトラブルもありましたが、限界まで引っ張って、
見た目上3番手でピットイン。タイヤ無交換で実質7番手??で復帰。
どうやって上がったのか解らないくらいでしたが、まわりはもっともっと混乱していたようだった。

細川選手が5番手まで順位を上げて最終ラップに1台抜かれはしましたが、6位でチェッカー。
予選と同じ順位でしたが、いろいろなドラマがあるレースでしたね。
88がなんと優勝。ワンチャンスをものにして、ほんとうに凄い結果でした。
チームとしては最高の結果でしたが、僕らも優勝できるように、頑張りたいと思います。
沢山の応援どうもありがとうございました!!


カートスクールFB facebook

ネットショップONLINE STORE 



2014/8/7  0:57

投稿者:みぃ

雨に翻弄されたレースでしたが、チームの粘り強さが活きたレースでしたねっ。
見ている方も雨の降りようと周りの動きに右往左往してしまって、終わって
みればオールステイが正解だったんだなぁ・・と気が付くくらい。。 ( ̄  ̄;)
そんな中、ペース良く堅実に上がって来られるのは さすがですねー!
すぐに第5戦が行われますが、良いレースとなりますように・・ (*´▽`*)ノ
応援しております☆


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ