2017/12/31

年末の御挨拶  

年末になりましたが久々のブログ更新です!
その分少し長めの投稿です。

2017年人生初のSuper耐久シリーズにエントリーし、
とにかく楽しい雰囲気で楽しめました。
筒井さん、山下さんに、感謝!

素晴らしいエンジニアとも良い連携でレース出来ました。

また、SuperGTでは、16年もお世話になり、家族の様な
チームJLOCより、88号車、マネーパートナーズウラカンGT3
第三ドライバーとして鈴鹿1000kmにスポット参戦し、
2位表彰台。レース中は走る機会はありませんでしたが、
事前テストからドライブし、レースに向けてセッティングや、
レース戦略も微力ながら貢献できたかな?、と、思う。
87も3位となりました。
88.87ともに、実は10年間ボランティアで参加している
青山学院自動車部からの、プロエンジニアが育って、
2人がチーム力を底上げして、活躍してくれました。

今年は人生の折り返し40歳の誕生日を迎えました。
僕は中学高校時代、あまり連れと、つるむ、とか、
いわゆる普通のそういう時代が無く、カートばかりしていた人生でした。
今はようやく中学を卒業し、高校生時代を取り戻しているような感覚⁈なんです。
仕事仲間などと、ダイビングをしたり、人生3度目のゴルフをしたり、
本当にエンジョイしながら、いままでできなかった経験を沢山出来ている
時期であると思っています。
仕事からも日々学びがありますからね。

そしてまた、なにより今年は誕生日会を開いてくれたのが嬉しかった!
レース関係の諸先輩方や、仕事仲間が僕のお祝いしてくださいました。
私にとって振り返れば素晴らしい一年でした。
チーム、出場をサポートしてくださいました全ての皆様に感謝です。
ありがとうございました。

鈴鹿のスクールの第一期のスカラシップとして18歳で全日本F3
にデビューして、その後、
今だからいえますが、実は1997年イギリスF3のシートを用意されていました。
僕もヨーロッパでレースして世界に出ると心に決めて返事をしたのですが、
当時の恩人中嶋悟さんの意向もありフォーミュラニッポンに乗ることになった。

この年、アランドッキングレーシングは、
HONDAのロゴのみの車両が一台レースに出場されていたわけで、
実はこれが僕が乗る車だったわけです。
乗りたかったけれど乗れなかった、
これで自分の中で歯車が狂ったわけですが、
そのわるい流れがその後は取り戻せなかった。
あまりいい思い出ではないですね。
もう20年も前の話だから今や昔話の領域ですが...後悔はあります。
F1だと当時の勢いなら死んじゃったかもしれないけどね(笑)
もう一度人生をやり直せたら、
F1目指してまた頑張ります!


さて、僕がフォーミュラでバリバリ現役の頃は、
往年のドライバーのかたがたがまだ、
辞めてまもなかったり、晩年を迎えつつも走っていたわけですが、
今となってどのドライバーが凄かったか?と聞かれたら、
圧倒的に星野一義さんですね。

気迫、がとにかく凄まじかったし、車のせいにしない、
自分のせいにして、もう一度アタックするあの精神力、姿勢
そして速さ、全てが本物でした。もの凄いものがありました。
当時、星野さんが後ろにいたら、バックミラーのヘルメットにスモークのシールドつけていたとしても、目が見える、という表現がされていたわけですが、
実際に見えたときに本当だなと思った。
星野さんだけには勝てないと思いますね。
今の若い世代にはたぶん想像できないと思うし、
もちろん僕らの世代も知らない時代背景と
日本のカーレースを、背負ってきた誇りとプライドの高さを感じたのだと思います。
若い子に伝えるのは僕ら世代の役割は大きいです(^_^)

さて、話は戻りますが、
一人旅、もようやく少し飽きてきて、
去年は海外で過ごしたクリスマスも
そして年末年始も大阪にも帰らず今年は東京で過ごす予定です。
イベントなどにも積極的に顔を出して、少し社交的に振る舞おうかな。

2017年、残りわずかとなりましたが、
本当に皆様ありがとうございました!
そして2018年もどうぞ宜しくお願い致します!
佳いお年をお迎えください!!!

カートスクールFB facebook

ネットショップONLINE STORE 



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ