迷人鮎男の釣日記

思うように釣れず、毎回悩んでいます。へたくそ鮎男の釣行記です、よろしくお願いします。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:趣旨からは外れますが
放流日、放流場所に群がる釣り人を見ると悲しくなります。
わずか数日で釣りきられます。
漁協も釣れなければ文句を言われるでしょうから、
わずかな期間でも釣れてる感じを出したいのはわからないでもないですが、
放流の意味がないなぁとも思います。
放流量は決まっていますから、
もっと分散放流するとか、解禁の遥か以前に放流するなどして欲しいと思います。
投稿者:ultragame
 どうもです。既に鮎に移行しましたが、私も思い悩むテーマなので書き込みさせていただきます。
本来は放流魚=数釣り志向ではなくて、種の増殖のため・・・というのが漁協の取り組みだと思います。

もちろん、魚の逃げ場や産卵場造成などの費用よりも放流に頼ったほうが見かけ上「川に魚が多くなる」のが釣りやすい魚が増えた理由の一つだと思います。
そして釣り易い魚を簡単に釣れる仕掛、餌で捕獲すれば相当の漁獲圧があるといえます。もちろん、川に居る魚は激減していきます。

・ルアーだから、1匹だけ釣れたからとキープとしても、日に1000人が訪れる釣り場なら何日で魚が居なくなるのでしょう。
・リリースを前提にしていたとしても、放流後にはやはり死んでしまう個体も居ると思います。
・簡単に釣れる放流を止めてしまうと釣れなくなり、これは事実上の遊魚料の値上がりと感じ、増殖に使える資金が年々尻すぼみです。

私は漁協の遊魚規則に違反していなければ問題は無いと考えます。リリース至上主義やキープ絶対を押し付けることは最近はなくなりましたし、間違いだと思っています。
楽しみは人それぞれ、魚釣りある以上仕方ありません・・・命や環境について考えながら、楽しんでいくつもりです。

 また、掲示板の方にも同様な内容を記載しました。
投稿者:中川鮎男
釣り師さんいつもどうもです。先日、湯殿にてサクラマスがGETされたようですよ。毎日車を走らせていて、高岩の流れ込み、誰もやっていないようなので、ためす価値がありそうです。
投稿者:釣り師
鮎男さんこんにちは。自分は那珂川本流山女魚、桜鱒を狙って釣りをしています。自分が最近思うのは、とにかく那珂川に山女魚が少なくなったと思います。冬の間、大量の銀毛が下っているのに、あの山女魚達はどこに行ってしまうのでしょうか?
春先から、下流から釣っていますが技術もないのですが本当に釣れません。自分は、大きさにこだわってるので、記録更新した時だけ持ち帰ります。後は写真撮影してリリースしてます。
やはり、釣り人のモラルの問題ですが、ルールだけは守って欲しいものです。
投稿者:中川鮎男
ゼロヤマメさん今日は。貴重なご意見ありがとうございました。
ブログ拝見しました。新幹線の高架橋下は数が結構出ますが、小ぶりなものが多く、少し魅力に乏しい場所のような気がします。遠方からの来釣のようですので、HPで紹介した鍋掛にぜひいらして見てください。6月になりますと鮎が解禁になりますので、できたら5月中が良いかと思います。
投稿者:ゼロヤマメ
はじめまして

僕はゼロ釣法をやっている者ですが、釣イコール魚の数だと思いますよ。。でも持って帰るための数ではなく、ゼロ釣法は他の釣法より数を釣る釣りだからです。サイズはどうであれ沢山とって引船で生かして最後にタモでバシャバシャやって写真撮影後リリース、これがゼロ釣法だと思います。

基本的に、僕の場合はサイズがどうであれゼロで釣ったヤマメはリリースしています。

キャッチ&リリースについては、それをしようがしまいが、漁協の規則に反していないのであれば、リリースしても持ち帰りしてもどちらでも良いのではないかと思います。別のサイトでもこのような議論がありましたが、その時もやはり結論としてはそういうところに行き着いたようでした。

ただキャッチ&リリースエリア(湯川と荒川)にも拘らず、平気で魚を持って帰ったりするような人が餌釣りをする人たちの中にもいるようですが、それは良くない事です。そういう人間が居るから「餌師」という差別用語が造られるのです(あまり立派なことは言えませんが)。

ぶっちゃけたところは、自分も餌釣りですが、多くの餌釣りの人達が成魚放流日に放流場所で集まって釣りしている姿を見ると「何だかなぁ・・・」と思っちゃいます。

僕の理想は多くの人がヤマメをリリースして栃木も東北のような川になってくれる事ですね。伊藤名人の地元の川でも「いつでも50匹釣れる」川があるそうじゃないですか。やはりそういう環境が理想です。

http://hatagawa.web.fc2.com/index.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ