ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2009/6/11

ハンブルクは寒かった  ドイツ紀行

 6月5日から8日まで、北ドイツのハンブルクへ行って来ました。ドイツは、全体的にここ二週間くらい、毎日、肌寒い日々が続いていますが、北のハンブルクでは、毎日コートを着るくらい、寒い日々でした。

       クリックすると元のサイズで表示します

 これが、ハンブルクの中央駅です。こうしてみるとそうは思えませんが、内部は、凄く巨大なドーム状の建造物です。

 クリックすると元のサイズで表示します

 内部は、三階建てで、ショッピングモールや、飲食店がたくさんあり、ちょっとした町です。

       クリックすると元のサイズで表示します

 まずは中心街へ。どうしても魚料理が食べたいので、レストランを物色中、アルスター湖近くにやって来ました。

 クリックすると元のサイズで表示します

 白鳥に餌をやる人を発見。他の鳥もたくさん集まってきました。

       クリックすると元のサイズで表示します

 この白鳥のいるところの正面に、美しい白いアーチの建物が見えてきました。ここの右端のアーチの下に、レストランを発見。老舗のようです。

 クリックすると元のサイズで表示します

 ここがレストランの入り口です。内部はかなり広いのですが、ほぼ満員でした。ここで、いろいろな魚フライの盛り合わせ、を注文。結構旨かったのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。でも、やはりハンブルク、新鮮な魚が食べられます。

       クリックすると元のサイズで表示します

 例の「カレーソーセージ」の小説の舞台となったハンブルク、ありました、カレーソーセージ専門店です。長さ43p、240グラムのカレーソーセージが5ユーロと書かれています。かなり満腹になりそう。

 クリックすると元のサイズで表示します

 中央駅から、電車で5分のダムトーア駅近くの、このホテルに三泊しました。すぐ近くに大学があります。

       クリックすると元のサイズで表示します

 四方が鏡張りのエレベーター内で。小林直生は、永遠に続く。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 ながーく続く会議の日々、座ってばっかりで疲れました。ふと、休憩時間に外に出ると、ベンチの上に、「天使」がいました。プロペラ状の木の種子が、上手い具合に重なって「天使」になっています。

 なにか、励まされたようで、勇気をもらいました。でも、寒かったなあ、ハンブルクは。
0



2009/6/12  19:15

投稿者:小林直生

ブラウエローゼ様 このプロペラ状の種子、子供の頃から知っているのですが、名前は忘れてしましました。どうにか後で調べて見ます。
 でもこの天使、良いでしょう。ポストカードにしても良いかもしれません。

 その映画、是非とも見たいですね。調べて見ます。

 ちなみに、「仏性」は、ドイツでは、かなり高度な専門用語で、サンスクリット語で表現します。確か、スペルに自信はないのですが、Buddhatva、ブッダトヴァ、といいます。

2009/6/11  21:36

投稿者:ブラウエローゼ

小林さん、今晩は。

 プロペラ状の種ですが、変わっていて面白いですね。 本当に天使が走っているような感じです。 何という樹の種でしょうか?
 今日、中村勘太郎主演の「禅」という映画を観てきました。 久しぶりに感動しました。 道元が宋へ行って修行し、死ぬ{入滅)までを描いた映画ですが、禅の理念や作法などが随所に紹介されています。 おそらくドイツ人も観たら感動するかもしれません。 この映画はベルリン国祭映画祭に出品される予定だと言うことです。 楽しみです。
 ところで、「仏性」とか「色欲の鬼」とかはドイツ語で何というのでしょうか? なかなか難しいです。 
 それではお元気でお過ごし下さい。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ