ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2009/7/28

ドイツジョークの新しいやつ  ドイツ名言珍言集

 昨年、とあるところで知り合った82才のドイツ人男性、彼とは、キリスト者共同体もシュタイナーも関係なく親しくしています。「一般的」ドイツ人の生活や心情に親しむことが出来、とても嬉しいです。この生粋のボーフム人である彼から最近聞いたジョークです。

「ひとりの黒人が、緑の木曜日(聖受難週間の木曜日のこと)に、紅海へ飛び込んだ。さて、彼はどうなったでしょう?」

 黒に、緑に、赤、さーて、これはちょっと人種差別的なジョークかなと、考え込んでしまった私。答えに窮していると、彼は平然と言いました。

 「濡れたんだよ」、が答えでした。

 いろんな人種と民族が共生し、炭坑で共に働いていたルール地方では、人種や宗教の違いは問題ではなく、信頼を持って働けるか否かが一番大切だったのです。

 このジョークも、一見人種偏見のものかと見せかけておいて、人間なら誰でも当たり前の結果に「オチ」を持ってくる、とても好感の持てるジョークだと思いました。

 このギリギリのセンス、日本でもうけますか?  

            クリックすると元のサイズで表示します


            blogram投票ボタン ブログランキング投票ボタンです。
0



2009/7/29  15:43

投稿者:小林直生

小径様 なーるほど。でも、「溺死」だと笑えませんよね。何のことのない「濡れる」だからこそ、笑えると思うのですが。これからもよろしく。

2009/7/28  20:07

投稿者:小径(こみち)

黒と緑と紅・・・混ぜたらぁ〜・・・と考えた私にはユーモアのセンスはないみたいです。

そこで、次に角度を変えて出た答えは
「溺れた」でした。

これじゃ面白くないでしょうかしら?

http://komichi.blog.bai.ne.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ