ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2013/11/19

ガン治療についての見解について  不定期な日誌

 今日、医師でブログ読者である方から、丁寧なお電話を頂きました。

 なるほどと、思い、ここに若干の見解を記します。

 ルドルフ・シュタイナーの「司牧医学」では、医師と司祭の共同作業が今後大切である、と述べられています。しかし、医師はもっぱら肉体にかかわり、司祭は魂にかかわることが、条件とされ、司祭が、「治療」について、個人的な意見を述べるのは自由ですが、治療の是非を左右するような発言は「越権行為」となります。

 同様に、医師が魂の問題で「人生相談」にのるのも越権行為となります。

 それぞれの責任の所在が違えば、責任を取ること、取れないことが明らかになります。

 以前、「抗がん剤は絶対に使わないで下さい」というブログ記事を掲載しましたが、場合によっては、放射線療法や手術でガンが治ることも、全面否定は出来ません。そして、私のこの記事は、越権行為であると思われますので、削除いたしました。

 しかし、「社会問題」としての医療問題については、今後も発言して参ります。ただし、その治療法を決めるのは、それぞれの判断ですので、影響力が全くないとは言えない私の治療についての是非を決めるような発言は控えることにいたします。

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
12



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ