ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2018/10/18

モンドリアンとルドルフ・シュタイナー  ヨーロッパ精神史研究所より



 ある意味、最も人智学的ではない絵画を描いたピエト・モンドリアン(Piet Mondrian、 1872年3月7日 - 1944年2月1日)の愛読書は、シュタイナーの「神智学」だった。

 クリックすると元のサイズで表示します


     クリックすると元のサイズで表示します

 初期の作品はこんな感じ。


      クリックすると元のサイズで表示します


 有機的建築とか、有機農法とかだけが、人智学的ではないと思う。

 黄金律を適用したモンドリアンの作品には、「有機的」を超えた、コスミックな結晶(クリスタル)世界がある。

 ヨーゼフ・ボイスやピエト・モンドリアンの世界を観て、人智学世界のアートが、現代に適応し、より多様になって欲しい。


   クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 講義をするヨーゼフ・ボイス。彼は、ルドルフ・シュタイナーの「蜜蜂論」から、多大な影響を得た。


12



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ