ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2019/3/26

オカルトパンチ22・人智学は組織になった  ヨーロッパ精神史研究所より


スイスはドルナッハという村に在るのが、ゲーテアヌム。

ここは、一般人智学協会の拠点、と言うか、総本山である。

この協会の理事になると、年収が二千万を超えるとか。

世界中の人智学協会の支部から、上納金を取り、海外視察には、ファーストクラスで飛んでくる。

今は知らないが、かつてシュミット・ブラバントが、理事長の時、日本にファーストクラスでやって来て、上納金を払いなさいと言っていた。

毎年、理事会によって、世界中の支部が研究すべき「年次テーマ」が決められる。

支部のある国々の文化事情に関わらず、年次テーマが決められる。

典型的な組織システムである。

精神活動の自由を、ルドルフ・シュタイナーは提唱していたにも関わらず、年次テーマが総本山で決められる。

更に、総本山から、様々な「認定証」が発行される。

資格社会が作られる。

ルドルフ・シュタイナーが生きていたなら、今の一般人智学協会の存在を否定したのではないだろうか。

一番良いのは、ゲーテアヌムを「シュタイナー博物館」と劇場にして、一般人智学協会を解散することだろう。

世界中の支部は、人智学を学びたい人々に、資料を提供して、時折、研究成果を発表する場を提供するだけのものとなれば良い。

協会、共同体、教会と言う組織は、自由な精神活動の妨げとなる。

組織にならない「人々の集まり」は、実現可能である。

それを実現するのが、人智学徒のなすべき事であろう。




クリックすると元のサイズで表示します

「ゲーテアヌム」と言う名の「シュタイナー博物館」となれば良いのだが。


23



2019/7/2  22:50

投稿者:菅野茂

立正佼成会や創価学会本部とどこが違うんだとは言える。

2019/7/2  22:48

投稿者:菅野茂

こんなになる前にシュタイナーもクリシュナムルティやれば良かったんだよ。

2019/7/2  22:45

投稿者:菅野茂

マルチン・ルーサー小林と改名して宗教改革に乗り出したりしてね。

2019/7/2  17:47

投稿者:菅野茂

要するにカトリック教会みたいになったのね。ここにゲーテアヌムで自分がピアノ弾いた写真を出せないのが残念。

2019/3/28  8:52

投稿者:小林直生

ありがとうございます。そうですね、22回でしたね。

2019/3/28  1:50

投稿者:echinopsis

オカパン復活に大喜びしています。でも第22回なのでは?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ