ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2019/7/23

日本式中華料理の歴史  つぶやきの泉

今日は大暑とか。蒸し暑い。しかし、冬のあの貧乏臭い寒さからみれば、パラダイスのような快適さだ。

北海道は、冬が寒いのは当たり前だが、家の構造が本州と違い室内が暖かい。

それはさておき、昼飯に、「天鳳」で中華定食を食べてきた。

五目汁ソバと豚の天婦羅のセットだ。

こう言った料理は、中国にはない。

拉麺は、確か1922年に札幌の北海道大学前の中華料理屋が発明したものだ。

当時、中国からの留学生が多く、安価で満腹出来る料理を、と考案されたのが「札幌ラーメン」なのだ。

そして、様々な中華料理の日本化が進んだのだ。

ある台湾人が言っていたが、日本に来ると先ずは、ラーメンを食べるそうだ。

台湾にない日本式拉麺が、旨いと言う。

まあ、そんなわけで、日式中華料理で満腹になった。

ありがたい事である。これで、800円と言うのもありがたい。大阪価格である。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


今確認したら、同じランチを6月25日にも紹介してましたね!


7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ