ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2019/7/24

今回の参院選を終えて考えること  3・11東日本大震災と福島原発事故


 7月21日に、比例代表は「山本太郎」そして、地方選挙区は「辰巳孝太郎」に投票してきた。

 結果は、二人とも落選。

 しかし、この二人の落選の意味は異なる。

 「れいわ新選組」を率いる山本太郎は落選したが、二名の重度障碍者を国会に送り込むことができた。

 比例代表ではしかし山本太郎がダントツの一位投票率。しかし、今の選挙制度では落選という、腑に落ちない結果だった。

しかし、れいわ新選組は、政党要件を満たしたので、山本太郎が代表として認知され、あらゆる場に顔を出すことが可能となった。

 素晴らしい躍進だ。日本は変わると予感できる。

 辰巳孝太郎は、立憲民主党の枝野幸男代表の「野党共闘拒否」によって落選したと考えていいだろう。

 大阪区に、亀石倫子を立憲民主党が立てたことで、大阪の反改憲勢力は全滅した。

 亀石倫子は素晴らしい人格を持っているだけに残念だ。比例で立候補すべきだった。

 福島原発事故の時の枝野幸男を思い出してほしい。

 「直ちに人体に影響はない」と放射線の害を矮小化し、福島や近隣県の住民の避難を遅らせた。

 今回は「直ちに政局に影響はない」選択をして、結果、自公政権にエールを送ったわけだ。

 しかし、日本人の多くは愚かだ。投票率は史上二番目の低さ。五割に届かなかった。

 消費税が10パーセントになることを歓迎するのだろうか。愚かすぎる。

 戦争の出来る日本にして、若者が戦死するのがそんなに嬉しいか?それも日本の自衛ではなくアメリカの戦争で。

 今回、れいわ新選組が議席をとることが出来ず、自公維が大勝したなら、私は日本を捨てて海外に移住しようと思っていたが、次の衆院選でれいわ新選組がどれだけ躍進するか、様子を見ることとする。

 自民好きのクソ爺と婆こそが日本を出ていくべきだろうが、それがダメなら早く天寿を全うしていただきたい。

    クリックすると元のサイズで表示します


    クリックすると元のサイズで表示します


15



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ