ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2019/7/28

第一回箕面講座「人はなぜ夢を見るのだろうか」  ヨーロッパ精神史研究所より



 いよいよ箕面講座が始まります。「ヨーロッパ精神史研究所」の「カイロス・プロジェクト」の企画です。

 自宅の広い居間での開催です。参加する方には、自宅の住所や駅からの道順をれんらくいたします。

とりあえず、月一回の開講を予定しています。どうぞふるってご参加ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



☆人はなぜ夢を見るのだろうか 〜R. シュタイナーによる夢とのつきあい方〜

夢は最も身近な霊的な体験であるとルドルフ・シュタイナーは考えていました。しかし、夢には様々な形があります。その見分け方等、夢の本質について人智学的に考えてみたいと思います。

話し手 小林 直生

8月12日月曜日
13:30〜16:00

ヨーロッパ精神史研究所
箕面市桜4丁目
阪急箕面線 牧落駅下車
徒歩4分
ご参加の方に詳細お知らせします。

参加費 3000縁

お申し込み
seisinsi1861@gmail.com


    クリックすると元のサイズで表示します

      ムリロ作「ヤコブの夢」


     クリックすると元のサイズで表示します

       ラファエロ作「ヤコブの夢」


9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ