2006/7/20

英国旅行記6  旅行

キジ猫にかまけて、英国旅行なんか後回し!
・・とほおっておいたら、こんなに間があいてしまいました。

もうかなり色々と忘れてきているわけですが(うう)
写真を頼りに、再開したいと思いますー。

さて、前回のラストが「エディンバラ城です!」でしたから・・・

クリックすると元のサイズで表示します

と、いきなり登場。(笑)
ここは城壁のいちばん外側の門、だったか?(すでにアヤシイ)

印象としては、「城」という優雅な響きよりも
やはり「砦」という面持ち。

クリックすると元のサイズで表示します
天然の岩をうまく使って、建造されているんですねぇ。

ここで、現地のガイドさんからはスコットランドとイングランドの
戦いの歴史などを聞きましたが、
・・それは、映画『ブレイブハート』を見るか、
関連本を読んでいただくとして、

クリックすると元のサイズで表示しますす、すいません、いきなり。

城内をうろうろしてたガイドのおじさんとパチリ〜。
あまりに衣装が似合ってたので写真を頼むと、
ぐいっと(自分だけ)ポーズを決めて、こんなツーショットに。
ワタクシややひきつり気味ですが、それもいい思い出さ。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します気を取り直して、中庭の花壇。

なんていう花かわかりませんが、しそ科っぽい
ラベンダーに似た感じ?
渋い古びた石の色に、そこだけ鮮やかな紫や黄色の花が
映えてきれいでした。

で、ここでもうひとつのトピックス?ですが、
城内にはお土産屋もたくさんありましてー、
やっぱり見ちゃうわけですよ。

で、スコットランドと言えば、タータンチェック!
家系やなにかで違う柄があるそうですね。
ものすごくたくさんの種類があるので迷いつつ、
ブルー×グレー系のマフラーを購入。

さらに、やっぱりスコッチ・ウィスキー!でしょう。
本によれば、ウィスキーの言葉の語源はゲール語で『命の水』
を意味する「Uisgo Beahta ウシュク・ベーハ」なんだそうです。
「命」と「水」のタッグですから、それは強力な〜。

蒸留所があるというお店でちろっと味見させてもらって、
Highland Malt(モルト・ウィスキーの一種)のものをもとめました。
ちなみに、かわいらしくミニボトル。(笑)

それが、こちら。

クリックすると元のサイズで表示します
バックにかっこいいエディンバラ城のポストカードを
置いて、撮ってみました〜。
ささやかなお土産も旅の思い出です。(^^♪

ところで、そろそろお腹がすいてくる時間。
と、いう事で次回はいよいよスコットランド名物料理を食します!
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ