福島第一原発の大事故から8年が過ぎましたが、未だに放射能は漏れ続け、大地や海や空を汚染しています。とても「事故は収束した」などといえる状況ではありません。今日においても、福島県内外に4万人あまりの人が避難生活を余儀なくされています。『除染』の効果も限定的です。被ばくによる甲状腺癌の症例も出ています。そして「復興」の名の下、安倍政権は避難者の住居補償等打ち切っています。このうような暴挙には、強く強く抗議します。さらに政府は原発輸出、事故などなかったかのように再稼働をすすめています。事実上破綻している再処理〜核燃サイクル計画も放棄しようとしません。市民の声を無視し、居直りを決め込む『政府』は変えなければなりません。市民一人ひとりが考え、選択し行動しなければならない時が来ています。一人ひとりの力は小さくても、それがつながり、重ね合わされば岩をもうがつ力となります。あきらめこそが『敵』です。今こそ、私たち市民の力で希望ある未来をきりひらこうではありませんか!
                                                           連絡先はこちら→さよなら原発品川アクション

2015/6/29

(無題)  お知らせ

「フタバから遠く離れて第二部」上映会中止についてお詫び申し上げます。



去る6月20日(土)、当会が企画した映画上映「フタバから遠く離れて第二部」の第1回目の上映が中止になり誠に申し訳ありませんでした。当日は50余名の方にご来場いただき、茨城県からお越しくださった方もおりました。

ひとえに、私どもの不手際でございます。重ねてお詫び申し上げます。

ただ、資材(DVD等)の不具合も推測されます。 事前のチェックでは問題なく、当日も同じ機材を使いましたがダメでした。が私用のDVDは再生できました。それで、急きょ制作会社より再送していただき2回目は上映することができました。
株式会社ドキュメンタリー・ジャパン(制作会社)においても原因を究明中です。

ともあれ、今回の不手際を猛省し今後の活動に活かす所存でございます。



          さよなら原発品川アクション

                共同代表 井上 八重子

                        矢吹 芳郎

1
タグ: 脱原発 品川 大井町



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ