2018/9/14

バッハの夕べ@台湾  スケジュール
2007年から毎年のように、新宿ゴールデン街のBar十月主催で
お客さんたちと連れ立って、大人の修学旅行と称した、
《宴会付きコンサート》ならぬ《コンサート付き宴会》で
全国実に様々な面白い場所で
バッハの無伴奏ソナタを弾かせていただきました。

「高原に行ってバッハを聴こう、バッハを聴いて温泉に入ろう」との
キャッチフレーズで那須塩原温泉(三島ホール)にて始まった大人の修学旅行は
尾鷲・熊野古道センター、京都・西本願寺、長崎・中町教会、猿ヶ京温泉、新潟じょんのび村、長崎・活水女子大学チャペル、松山・萬翠荘、札幌・北一条教会…
ほとんど毎年のように、Bar十月の常連さんたちゆかりの場所を訪ね、

私にとって、バッハの無伴奏の100回連続演奏をめざした行脚の途中で
想像をはるかに超えた、かけがえのない出逢いがありました。
クリックすると元のサイズで表示します

大人の修学旅行は昨年の新潟じょんのび村への二回目の訪問で
最終回となったのですが
今年もまた新しいご縁をいただいて
「卒業旅行」はたまた「同窓会」?でしょうか・・、
台北で演奏させていただくことになりました。

私の「ヴァイオリンひとり」の行脚は2012年元旦スイスのトローゲンの教会での百回目をもって、ひとつの区切りがつき、その後は
回数を数えることもなくなったのですが、

バッハの無伴奏ソナタとの終わりのない旅、まだまだ続けられるのかも・・・。
楽しみにしています。
2

2018/9/11

ワークショップ終了そして秋のシーズン始まる  
秋の軽井沢ワークショップ2018無事終了しました。
クリックすると元のサイズで表示します

私自身は9月初め、台風をかいくぐって成田に到着しましたが
翌日、台風の関西上陸では大変な被害があったり
帰国二日後に軽井沢に向かう明け方には北海道で大地震・・。
知人・友人の方々に軽々に連絡をとることも遠慮しましたが、
みなさまの無事と日常への復帰を心よりお祈りいたします。

本当に今年の日本は各地で自然災害が相次ぎ、
ワークショップで参加者の方々と無事に顔を合わせた時には
本当にホッとしました。

皆さん、精進されて4日間の合宿で課題をそれぞれに見つけ
良き時を過ごされたことと嬉しく思います。
私もアンサンブルでヴィオラを何曲か引き受け、汗水たらしましたよ。
いつものことながら自分自身への課題も見つけました。

そして、秋のシーズンは例によって
小出郷文化会館の《マイオータムコンサート》で始まります。

クリックすると元のサイズで表示します
途中、中断もありましたが18年に渡るそうです、
ピアニスト、志田梨花子さんプロデュースの新潟小出郷の秋のコンサートです。

地元の「笹船混声合唱団」との共演も三年目、
プログラムには、去年初演を行った対馬時男さん作曲の《五兵と雪女》の再演があります。
現代曲を繰り返し演奏できる、ということはなかなか難しいし
当たり前のことではありませんが、大事に演奏されるにふさわしい作品だと思います。

それにしても、回を重ねることの大切さ、色々な意味でかみしめるこの頃です。
1

2018/8/25

6月、大阪狭山市にて  
もう二か月以上前のことになりますが
大阪狭山高校の生徒さんのためのコンサートから。

これぞ和と洋のコラボレーション、という、
考えてみたら若者たちにとっても滅多に聞けないプログラムでした。

前田智子さんの作品、
生徒さんたちの朗読を交えた、谷川俊太郎さんの詩への「あおのふるさと」から、と
邦楽アンサンブルとヴァイオリン、コントラバスのための「神楽音」
を中心に。

クリックすると元のサイズで表示します
あおのふるさと、から。「おばあちゃんとひろこ」
あらためまして、ほろり、とする良い曲です。
他にも、「その日」、「百歳になって」も演奏しました。
三人の高校生たち、練習から本番に向かって、俄然飛躍しました。
本番中、なんだか、泣きそうになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
「春の海」をはじめてお筝と演奏しました。(お筝 渡部志津子さん)
生徒たち、結構集中して聞いてくれていました。

クリックすると元のサイズで表示します
「神楽音」再演です。
ヴァイオリン、コントラバスと邦楽アンサンブルとの曲は、世界で唯一なのでは?(邦楽アンサンブル 鼎のみなさん、コントラバス 白土文雄さん)

クリックすると元のサイズで表示します
ツィゴイネルワイゼンも弾きました。(ピアノ 久保美緒さん、コントラバス 白土文雄さん)

クリックすると元のサイズで表示します
作曲家 前田智子さんも交えて、集合写真。

生徒さんたち、どう受け止めてくれたのかな。
1

2018/8/25

木陰を求めて  
木曜日の夜、突然の風と雷雨があり、チューリッヒは途端に気温が下がりました。
夏にさよなら、です。

それにしても、今年の夏は暑かった。

千歳でのえにしのサロンと、千歳ミュージケットのコンサートを終えて
東京に引き返し、9月末の新潟小出郷のリハーサルをした翌日に
スイスに戻りました。

入れ替わりに娘が夏休みに入ったので、即、翌日からPUTPUTの店番。
東京から来てくれた姉の助太刀を得て、なんとか無事に二週間を乗り切りました。

実はここには書けないような失敗も数限りなく・・・。
ま、それは置いておいて、
店番と翌日の準備に追われる合間に、
束の間の涼とねぎらいの時間を求めて、近場を歩きました。

あらためまして、チューリッヒ、なかなか良い町ですね!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
美術館にて、お疲れ様!

クリックすると元のサイズで表示します
かの有名な、ストリートパレードをチラっとだけ。
チューリッヒであんなにたくさんの人をみたことありません。

クリックすると元のサイズで表示します
動物園、木の上でお昼寝真っ最中のレッサーパンダ。
酷暑の中、その気持ちよさそうな姿を見学する私たち・・。
1

2018/7/16

2018年も後半に!  
日本は相当な暑さのようですが、
チューリッヒも夏の様相です、夏休み気分満点です。
それでも、日陰ではまださわやかなのが何よりです。

クリックすると元のサイズで表示します
先週の土曜日は、縁あってリートベルグ美術館で行われた
七夕のお祭りに行ってきました。
短冊に願い事を書いたのなど、まさに半世紀ぶり位かもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、このところの夕方はたいてい夕焼けに赤く染まります。
サッカーのワールドカップも終わり、本格的な夏を迎えています。

さて8月1日、2年ぶりで千歳でのえにしのサロンを開催します。
昨年千歳ミュージケットの40周年を祝い、一区切りついたと思いきや
今年も8月4日北ガスホール中ホールで回を重ねることになりましたが
機会をいただき、その三日前に2年前と同じように
横田邸の素敵なサロンで演奏をさせて頂きます。

和やかな集いになることを願っています。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/6/30

ウィーンへ  
6月30日。
あー、2019年も半分過ぎてしまいます。

日本から帰ってまだ一週間、でしたが、今週初め
ウィーンに行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
ボーデン湖を眼下に、東へ向かいます。

2019年の≪オーストリアにおける日本≫という交流年に際して
是非、音楽狂言≪寿来爺≫の公演をウィーンでも実現させたい、との
野望を抱き、下調べに行きました。

ウィーンは初めてではありません。
その昔、アーノンクール指揮で、チューリッヒオペラハウスの公演他
何回か演奏に来ています。
行く度に、この町は聴衆が演奏家を育てているのだなあ、というような
印象を感じています。

今回も、久しぶりに、来年に演奏に来る、というシュミレーションのもとに
お目当ての会場下見とお世話になる大使館表敬訪問他、町の雰囲気など、
改めて確認のために、と言いますか。

文字通り正味24時間の滞在でしたが、すっかり観光客気分で。
とにかく、町で目に入る広告は、美術館、劇場、音楽会の案内ばかり。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
夕日を浴びるカール教会、通りを隔てた向かい側には楽友協会が。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
すっかりお上りさん気分で、ウィーンのシンボル、シュテファン教会へ。
響き渡る、合唱団の夕べの歌声が素晴らしかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

本当に町全体が博物館、の感。
数限りないミュージアム群、オペラハウス・・。
どこも観光客であふれ、また修学旅行の子供たちが大勢いました。

クリックすると元のサイズで表示します
ハプスブルク家、繁栄の象徴、女帝マリアテレジア像とホーフブルグ宮殿。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
レオポルド美術館、駆け足でしたがクリムトとシーレ没後100年の展覧会にも。
でも滅多にない静かな時間でした、とても良かった!

改めまして、やはりすごい街だなあ、と思いました。
保守的ではあるに違いないけれど、私たちの≪寿来爺≫公演、
是非是非、実現させたいとの思いを強くしました。
現地に行って、思いを新たに、ということで、
頑張って来年に向けて準備をきめ細かにやっていこうと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
24時間後には帰途へ。
スイスの景色、今はこういう色合いです。
1

2018/6/10

東中野から芦屋へ  
えにしの教会コンサート、無事に終了いたしました。
やっぱり、教会で弾くバッハは嬉しいなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2日前に急遽決まったアンコール、トリオでのシューベルトの「夜と夢」
本当に良い曲なのです!

おいでくださった皆様、どうもありがとうございました。
また、よろしくお願いいたします。

今日は、心配した雨の影響もなく、元気で芦屋に移動しました。
明日の、ワークショップに備えます!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/5/19

−えにしのサロン第17回ー  
チューリッヒはこのところ季節が逆戻りしています。
コートやヤッケが復活。
娘のお店でも、温かいお味噌汁が良く売れています。

4月の末から5月にかけて、ちょうど日本のゴールデンウィークに
スイスに遊びに来られた日本のお客様を案内して、
ドイツとの国境近くシャフハウゼンの豪快なラインの滝を訪れました。

クリックすると元のサイズで表示します
いつ行っても、間近に見られるその迫力は圧倒的です。

幸いととてもお天気に恵まれ気持ちの良い日だったので
滝とは全く違う表情の穏やかなライン川の川辺でピクニック。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
スイスで食べるオニギリに感動して頂けました。

さて、えにしのサロン第17回のご案内です。
6月9日土曜日に東中野教会にて教会コンサートを行います。

クリックすると元のサイズで表示します

えにしの教会コンサート

2018年6月9日(土) 14:00開演 (13:30 開場)
日本キリスト教団 東中野教会 
中野区東中野3−8−6 (JR・地下鉄大江戸線 東中野駅徒歩2分)

東中野の地元商店街の、そこだけ静かな時が流れるような一角に小さな教会が建っています。
日常の中の非日常のひととき、
どうぞバッハとバッハをとりまく響きの世界にお出かけください。


曲目
バッハ  無伴奏ソナタ 第2番 (Vl)
ヘンデル ソナタ 第18番 (Vc,Cb) 
***********
グリエール 二重奏 (Vc,Cb)
バッハ  無伴奏パルティータ 第2番 (Vl)

演奏 Vn 河村典子
Vc 村上咲依子 Cb 白土文雄


コンサートは入場無料です。(予約不要)

お問い合わせ 
officen_info@yahoo.co.jp または 
090-6528-5516 (河村・5月31日以降)
2

2018/5/19

ワークショップのお知らせをふたつ  
室内楽ワークショップのお知らせです。

1⃣ 6月11日(月) 芦屋サロンクラシックにて行う室内楽ワークショップの聴講希望の方々へ。

ピアニストの久保美緒さんがオルガナイズして下さいました。

『第2回 室内楽ワークショップ 2018』
日時2018年6月11日(月)
午前の部9:00 - 12:00 / 午後の部13:00 - 17:00
会場:Salon Classic(芦屋市東芦屋町3-9)
阪急神戸線「芦屋川」駅より徒歩2分・JR「芦屋」駅より徒歩7分

聴講生を募集しています。
詳しくは久保さんのブログをご覧になってください。

2⃣ 恒例のオフィスN室内楽ワークショップ in 軽井沢
今年の秋は 9月6日から9日まで軽井沢友愛山荘で行います。

クリックすると元のサイズで表示します
秋の軽井沢 2017年9月

一人ではできないこと、必要な技術を磨くこと、自分の課題を見つめなおすこと・・。
人それぞれに室内楽を目指す理由があることでしょう。
言葉にできない合奏の楽しさにひたる時を共有できたら、と思います。

グループでも、お一人でも、どうぞ夏の名残を惜しむ軽井沢にお出かけください。

お申し込みは7月初旬までにお願いいたします。
皆様の音楽仲間で室内楽に興味のあるお知り合いもどうぞ気兼ねなくお誘いください!

***************************

日時      2018年9月6日(木)〜9日(日)
場所      軽井沢友愛山荘

最終日演奏会  友愛山荘ホール

講師      白土文雄、河村典子、小野崎純

詳しくはオフィスN掲示板をご覧ください。
1

2018/4/23

「はじめまして!」  
予定日を過ぎること一週間、
ようやく生まれてきてくれた孫娘。
生後5日目の今日、会いに行きました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
初孫ちゃん、はじめまして!

赤ちゃんて、こんなに小さかったっけ?
いろんな表情をしてほんとに面白い。
生まれてからたった5日で、すでに世界のど真ん中を制覇!
お母さん、大変だったわね、本当にお疲れ様でした。
慣れない手つきの新米お父さんの、小さな娘をみつめる眼差しが、
可愛い可愛い、と言っている。

クリックすると元のサイズで表示します
今はゆっくり夢を見てね。
素敵な未来があなたを待っていますように!


6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ