2020/5/17

《初恋》《鳥の歌》《ラス・マニャニータス》  
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

スイスは、緊急事態がゆるやかに解除されて一週間がたちました。
人々が皆、ソワソワ、ウズウズと町に出て
一見ほぼ通常通りの景色が戻ってきているかに見えます。

感染者・死者ともに下降線をたどりつつありますが
あと1週間後にどのような結果が出るのか、
まだまだ緊張を強いられる時期でもあります。
実際に、トラムやバスの中でも、町で人がすれ違うのも
目をなるべく合わせず、距離を保つ、
親しいもの同志でも挨拶はキスやハグなしで・・・。

二か月の外出抑制生活の中での習慣はそう簡単には
緩むこともないのでは、とも思います。

そういう中で、活動を制限されている音楽家仲間たちの、
SNS上で様々な試みもたくさん目にします。
みんな、大変!!

そういえば10年前にこんな動画を作ったなあ、と
思い出しました。

幾つかある中から再掲してみます。
世の中の音楽活動、文化活動の形も
これから変わって行かざるを得ないかもしれません。
が、やはり、私たちの音楽は弾き手と聴き手が共に空間を共有してこそ、
なのですが・・・。





5

2020/5/8

スイスのテイクアウト事情  
4月30日午前中に、人気がなく閑散としたチューリッヒ・クローテン空港に着いて
その寂しさに、スイスの緊急事態状況をひしひしと感じたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
トラムの停留所に、「みなさん、家にいてください!」の大きな看板。

その三日前、4月27日に美容院・理髪店、花屋、ホームセンターなどの
一部の店舗や外来診療、リハビリ診療所、などが徐々に再開され、
5月に入って町にどんどん活気が戻ってきています。

特に、お天気が良く気温も上がって来たここ数日、
以前だったら考えられなかった厳重なマスク姿の人も結構いますが
人々は陽の光に誘われて、ただし公共の乗り物は使わず、
徒歩と自転車で皆が外に出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
緑と光の季節
太陽の光がウィルスを駆逐してくれますように!

私が日本に着いた3月13日、スイスでは緊急事態対策が発令され
3月16日から学校が全休校、店は食料品店、スーパーマーケット、
薬局、テイクアウトを除いてすべて営業停止となったのでした。

私が日本に行っている間、パートタイムで助っ人を頼むほかは
すべて一人で切り盛りすることになっていた娘の店も
営業許可は下りていて、結局私の留守中ずっと、厳しい条件のもと
営業を続けたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

閉店や営業時間短縮の選択ももちろんありましたが、
娘は可能な間は店を開けよう、と決めていました。
世の中がこれだけ緊急事態で、自分の友人たちも多くは
フリーのクリエイターたち、甚大な影響を受けている中、
閉店に対する補償金を受け取る選択肢もあったものの
働ける有難さを選んだようです。

営業できるのはテイクアウトの部分だけなので、椅子やテーブル、
販売している小物の棚などすべて片付け、
店に入れるお客さんは1名のみ。

クリックすると元のサイズで表示します
注文、支払いを済ませて一人が出たら次の人が入れる。
外で待つ人は二メートルのソーシャルディスタンスを保ち
支払いはクレジットカードで・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
厳しい制約ですが、かなりきちんと守られていたようです。
そして、ほんとうに有難いことに売り上げにはさほど影響がなかったのでした。

他の分野でも制約への指示が非常に具体的で、
来週5月11日から緩和が次の段階に入ります。
レストランなども営業再開となりますが、
席数制限や場所の間隔なども細かく指定され、小さな店は影響大なことでしょう。
そして、お客さんは名前と連絡先を告げることが義務づけられることになるとか。
マスク着用の義務をどうするか、と検討もされている、ともいわれています。

二か月の厳しい時期を経て、人々の忍耐も限界にきていることでしょう。
陽の光にも誘われて、街全体が再開を待ち望んでいるように感じます。

この社会的な努力が報われて、感染の収束に近づくことができるよう
心から願っています。
2

2020/5/4

7週間ぶりに  
四月末の時点で、日本の新型コロナヴィルスの感染状態は
感染者数の発表は毎日されて一喜一憂の体ですが
なにしろ検査の実施および実施数の発表がセットになっていないので
科学的根拠に基づく把握が一向に進んでおらず
実態は実は全然つかめていないように見えます。

一方ヨーロッパでは、ピークもいくらか落ち着いてきて
スイスでの緊急事態政策も少し緩和され始めました。

私はというと、4月中に予約していたスイス行きのチケットが
3回もキャンセルされ、これは一体いつになったら戻れるかしら、
と思っていました。
情報によればあと半月か1か月直行便は飛ばないそうなので
チューリッヒに直接飛ぶことはあきらめて、
4度目の正直、フランクフルト経由で4月30日にようやく帰ってきました。

外出しないで、との要請が出ている中、少しばかり良心の痛みを感じながら
スイスでの状況変化を踏まえて搭乗に踏み切ったのでした。

ゴールデンウィークが始まったところで、いつもなら大混雑の
ましてや、数日前の予約しなおしなど到底不可能な時期ですが

クリックすると元のサイズで表示します
真夜中の羽田発、実体はこの様でした。

羽田だけではなく、フランクフルトもチューリッヒも
閑散として、乗客はまばら。寂しいことこの上なし、でした。

クリックすると元のサイズで表示します
羽田からフランクフルトへ向かう機内。全部で30人くらい?

クリックすると元のサイズで表示します
チューリッヒでの荷物の受け取り。

ただどこも国境警察や監視員などの数はかなり多くて、
緊張感のある旅ではありました。

日本への入国は今も検疫や監査期間が続いているようですが、
スイス行きは観光目的はまだまだですが
トランジットのフランクフルトもスイスへの入国も
滞在許可証のおかげでスムーズに、
入国後の隔離義務もなく家に帰れてほっとしています。

7週間の間にスイスも桜からライラックの季節へと移り、
少し外出禁止の要請が緩くなったチューリッヒでは
5月初の日曜日、自転車で出かける人、乳母車を押して散歩する人
街角のベンチで、ソーシャルディスタンスを取りながらおしゃべりする人・・

レストランや食料品以外のお店はまだ閉じたままですが、
皆それぞれに今日の汗ばむくらいの日差しを楽しんでいました。
来週には学校もお店も少しずつ開くようです。
一方で日本は5月末まで、緊急事態が延長されましたね。

生活が一変したこの2か月、本当に長かった・・。
この後、世界はどのように動いていくのでしょうか?
2

2020/4/18

自主隔離の日々  
4月初めに富士宮に移動、お籠りの日々です。

昨日は孫のYuiの二回目の誕生日でした。
プレゼントも渡せない、ケーキも一緒に食べられない・・・。
今年のこの特殊な状態は二度とあってほしくないですが

クリックすると元のサイズで表示します
東京、富士宮、チューリッヒ、ブビコン(息子たちが住んでいる村)の
四カ所をオンラインで結んで、
ヴァイオリンとコントラバスとみんなの歌でお祝いをしました。
みんな元気そうで、本当に良かった!

富士山のふもとで住民票を取って以来10数年、
この数年はスイスが主な居場所となったため稀にしか来れなかったのですが、
二年前に車を手放して、なかなかここまでの移動が難しくなったので
(1日に数本しかバスがありません・・・)
ここを引き払い、市内の中心に近い方に引っ越すことにしました。

で、この自主隔離の機会に、10年以上たまりにたまった荷物を
断捨離することにしました。
楽譜やこれまでのコンサートの資料や写真、新聞記事、人からの戴きもの・・・
信じられないくらいたくさんのもの、物、モノ。
捨てるに捨てられない、けど、この先持って歩いてどうするの?といった
思い出の品々。
いやあ、ほんとに断捨離するのも一大決心、一苦労ですが、
この際だから引っ越しと合わせて終活のつもりで・・・?
思い切って身軽にすることに。

なにしろ、新型コロナウィルスのおかげで、時間だけはたっぷりありますので
一点一点、思い出を懐かしみながら整理をしました。

クリックすると元のサイズで表示します

終活も兼ねた?断捨離だけでなく、10年の塵がたまった障子も張り替えてみました。
手先が器用、とはとても言えない私ですので、
ドキドキしながら初めての試みでした、いやあ、難しかった・・・。
でも、出来栄えはともかく、明るく気持ちよく大仕事を成し遂げた気分で
大満足です。

非常事態宣言、7大都市だけでなく全国に拡大される、との昨日の発表です。
このまま、足止めを食らうわけにはいかないですが、

「ウィルス後、世界はそれ以前の状態にはもう戻らないだろう」
という予感が一層強くなる今日この頃。

今、この時にこの場所で、過去を振り返り、整理をし、
真新しくピンと張られた障子のように清々しい気持ちで
自分のためにバッハを弾く毎日は、
神様からいただいた特別休暇のようでもあります。

まだ朝夕は冷えますが、晴天の日も多く、
世の中のウィルス騒ぎに心を乱されがちながらも
窓から見える富士山と咲き誇る山桜に慰められる日々です。

イベント中止を長期に渡って余儀なくされる同業者たちをはじめ
明日の生活への問題を抱える人、体調不良に不安を覚える人、
見通しの立たないコロナ禍の収束・・・。

世の中の平穏と人々の安心を願ってやみません。
どうか一日も早くこの重苦しい季節が終わりを告げてくれますように。

クリックすると元のサイズで表示します
数日前、快晴の日に往復2時間のお散歩に出かけました。
田貫湖からの富士山。
2

2020/4/11

心に刻んでおきたい言葉 2020年4月  
クリックすると元のサイズで表示します

マハトマ ガンジーの言葉

あなたがすることのほとんどは

無意味であるが

それでもしなくてはならない

そうしたことをするのは

世界を変えるためではなく

世界によって自分が

変えられないようにするためである
1

2020/4/10

近況です!  
クリックすると元のサイズで表示します
今朝の、私の部屋からの富士山。
今日一日お守りください、と思わずお祈りしてしまいました。

先回の投稿から一か月半が経ちました。
きっと、皆様も同じように思われているに違いありません。
”なんと長いこの2か月であったことか・・・”と。
年が明けてからの、世界のこの様変わりを一体だれが予想できたでしょう。

私が日本へ行っている6週間の留守の間一人で奮闘する娘のために、
3月に入ってからは来る日も来る日も、
カレールウを大量に作り、福神漬けを作り、
ジャガイモとニンジンを合わせて80キロもカレー用に冷凍し、
秋のために味噌を10キロ仕込み・・・。

そして、
出発の直前には、安倍首相の「全校休校の要請」が出されていましたから
迫りくるウィルスの陰におびえながら日本行きの便に乗り込んだのでした。

チューリッヒ空港ではマスク姿の人もチラホラと(街中では皆無!)
機内もガラガラでしたけど、成田では職員は全員マスク姿、の他は
検疫も全く普段通り、東京に着いてもなんだかのんびりムードで
拍子抜けするほどでした。3月13日のことです。

しかし、私が成田に降り立ったその日に、スイスでは厳しい
非常事態宣言が出され、全学校は休校、お店も急激に閉店を命じられ
まさに急転直下の様変わりをしたのでした。

その実態を私は目にしていないのですが、娘からの緊張感ある報告と
日本での、のんびり・のんきなムードのギャップには本当に戸惑いました。
娘の店はテイクアウトなので、閉店命令はまぬがれて今日まで来ています。
それはそれで、厳しいことですが、こういう事態に働けるのは有難いことだ、
と娘は言っています。本当にその通りですね。

その後、予定されていたすべてのコンサートは今のところ5月末までキャンセル、
スイスの子供たちの石垣ツアーも一年延期となり、
軽井沢のワークショップも諸事情で早期終了と相成りました。

そして、東京都のロックダウンの話が浮上、話が具体的になる前に
富士宮に移動してきました。

毎日自分のご機嫌を取りながらひたすら家にこもる毎日です。

このウィルスの騒ぎをよそに、自然はその営みを粛々と続け
美しく心地よい季節です。
でも、なんとも切ない満開の桜であり、寂しさが募る桜吹雪であります。

クリックすると元のサイズで表示します
いつもと変わらぬ美しくて荘厳で、静かな佇まい・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
可憐な山桜・・・、部屋からお花見。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日行った浅間大社では、桜吹雪が舞っていました。
2

2020/2/22

春近し・・・。  
日差しも、気温も、木の芽、花たちも元気に、
人々の装いも少し軽くなって
春の兆しが色濃くなったこの頃です。

チューリッヒは気温10度は越えているのではないでしょうか?

昨年のいしがき少年少女合唱団のスイスツアーから1年を経て
今度は、ホストファミリーとなっていたスイスの子供たちが
4月半ばに石垣に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

ワルターの曲、谷川俊太郎さんの詩による
《けいとのたま》と《うみのきりん》、
それに児童合唱団と13人の楽器奏者のための《いしがきフォリア》の
練習
(13名のキーボード、ピアニカ、トライアングル、ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラによる)に、
スポーツ休みの休暇中の今も余念がありません。

そう、春への思いが高まるはずの今の時期ですが、
世の中のコロナウィルスを取り巻く動きを目にすると
気がかりなことがたくさんあります。

スイスでは、感染の疑いがあった数名の人々が検査で陰性と診断された、
とのニュースが先ごろありました。
検査の病院は私のアパートからもほど近く、気になっていました。
今日はイタリアでも新型肺炎によりお一人亡くなったとのニュースも耳にしました。

日本では、クルーズ船での様子が専門家によって暴露されたり
下船した人たちのその後の状態やら、厚労省の職員の人たちにも感染、
とか、もはや、感染ルートを辿ることができない状況に陥っていると思われます。
経済への影響懸念やら、はたまたオリンピック開催への危機感やら、
あるいは、ウィールス対策にからむ医療の利権などもあると耳にしますが、
人々の健康第一、科学的な判断への優先順位の線引き・見通しだけは
司令塔、きちんとやってもらわないと困ります。

収束には5か月、あるいは1年、2年、かかるという専門家の意見も目にします。
私は3月半ばから、6週間日本に帰る予定にしていますが
免疫力を高め、体内菌の力も借りて対応するしかないですね。

ただ、この間に各国の日本への渡航に対する注意喚起がどの程度進むか
非常に気になります。
アメリカの保健当局は2月21日、日本への渡航にレベル1の注意を促す
情報発表をしました。
一番低いレベルとはいえ、この後の日本国内の情勢によっては
各国の動きが明らかになってくるかもしれない、という状況だと思います。

無事に、日本とスイスの《そらをつなぐコンサート》
(4月19日、石垣市民文化会館中ホール)の
ツアーが執り行われますよう、祈る毎日です。

1

2020/1/31

懐かしい写真  
今年のチューリッヒは、零下になることはほとんどなくて
穏やかな冬です。
今日など、多分日中は10度以上、夜になっても気温はあまり下がらず
週末ということもあって、レストランやバーのテラスに
人が大勢集まっているところが結構ありました。
果たしてこの後、もう少しは寒くなるのかなあ・・・。

さて、私の、いつも投稿もままならないフェイスブックに最近、
《パフォーマー、アーティストとして心に残る出来事のあった日の写真を
1日1枚10日分、何の説明もなくシェアして、
芸術のもたらす感動、生きる喜びを共有して、芸術の素晴らしさを広めよう!そして、その思いを同じように芸術活動を続ける仲間に繋げよう》
というバトンが回ってきました。

これまでの音楽活動の中の心に残る場面を
何のコメントもつけずに10枚選んでシェアするとしたら、
どんな写真を選ぶのだろう・・・?

オーケストリオ、創作者たちとの関わり合い、
若者たちに託す思い、そして、ヴァイオリンひとりの孤独な行脚・・・。

写真を選んでいると、本当に様々な出逢いと思いとがよみがえります。

クリックすると元のサイズで表示します
オーケストリオ20周年記念コンサート。

クリックすると元のサイズで表示します
詩人と作曲家の出遭い。

クリックすると元のサイズで表示します
「ヴェトナムが好きになりました!」

クリックすると元のサイズで表示します
2011年10月、福島県郡山にて。
1

2020/1/3

謹賀新年2020  
あけましておめでとうございます。
新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020年も皆様のご健康と幸せに満ちた素敵な年になりますよう
お祈りいたします。

この数年来恒例になった、アッぺンツェルの友人を訪ねての
大晦日のカウントダウンと元旦の山歩き。

今年は雪はありませんでした。
霧を抜け出たら、こんな景色が待っていました。
2020年も良いことがだくさんありますように!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1150メートルから霧に包まれた下界を見下ろす!

クリックすると元のサイズで表示します
ねずみの年の折り紙。
1

2019/12/30

過ぎゆく年に  
2019年、
年の初頭から頭も身体も
常に何かを追いかけ追いかけられ、の一年でした。
11月のツアーを終えて一か月、ようやく日常のテンポ感が
自分の本来の歩調に戻って来た感じです。

クリスマス休暇は、ほんとうに自分へのねぎらいの時間でした。
12月20日に、娘の店は仕事納め。
21日に彼女は日本へ発ち、私も24日に息子の家族とカナリア諸島の島
ランツァロテに休暇に出かけました。

クリックすると元のサイズで表示します

時間の流れるままに、孫娘と仲良しになる良い機会だと思って
ひたすらのんびりと過ごしました。

クリックすると元のサイズで表示します
モロッコ沖の大西洋に浮かぶ火山の島です。
風が強く奇怪な景色でもありますが、妙に魅力的。
観光地化が進んでいる傍ら、ものすごく自然がそのままに保たれ
とにかく驚くほどゴミが少ないです。

孫のYuiは1歳8か月、意思表示もなかなかはっきりとしてきました。
危なっかしいようでいて案外転ぶこともなく駆けずり回り
なんだかわけのわからいおしゃべりも可愛らしくて、
目が離せないのは結構疲れもしましたが、
おばあさんとして、だいぶ認知度が上がりました。
クリックすると元のサイズで表示します

一体どんな子になるのでしょうか?
そしてこの子が大人になっていくときに
世界はどのようになっているのでしょう?

クリックすると元のサイズで表示します
帰路、チューリヒに向かう上空。
冬に戻ります。
眼下にはアルプスの雪山が連なっていました。


さて、この1年を振り返ると、
私の今年の言葉は《忍耐》だったと思います。
思い通りに行かないことや、事件や、難問・難題・・・。
想像していた以上に大変なことを始めてしまったなあ、
と思うこと幾度もありました。

しかし、山登りと同じで、途中でやめるわけには行きません。
引き返して出直す、ということも状況としてそう簡単ではなかったし・・・。
何より、仕切り直し、への自分のエネルギーは
来年には多分枯渇してしまうだろう、という思いが強かったです。

それならそれで、良かったのかもしれないけれど、

何はともあれ、色々な方々のお力を戴いて
良き縁(えにし)に恵まれて、忍の一文字で、

一人ではできないこと、を痛感しどおしの一年でした。

過ぎ去ってみれば、本当にあっという間でしたけど
いやあ、結構しんどかったかも・・・。
きつかった時期に体力も維持出来て、
健康に安堵の年末を迎えられて、

感謝、の言葉以外に見つかりません。

2019年よ、ありがとう、さようなら。

1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ