2007/6/1

住所録  
夏の日差しのように良いお天気かと思うと、
数日前には山のほうで雪が積もったとか、
ここスイスでは一日ごとに変わりやすい気候です。

6月に入ったというのに、
今日は肌寒くてちょっと寂しい天気、
朝からしとしと降っていた雨は小止みになったみたいだけれど。

6月にチューリッヒでやるコンサートのお知らせを出すのに
この数日ダイレクトメール書きに追われていました。

数年前、ノートブックが壊れて、入っていた住所をすべて消失して以来、
何かあるたびに、もっぱらメールでことを済ませ、
わずかに、かろうじて残っていた住所の中からかいつまんで手書きで書いていたのだけれど、
一念発起、あちこちの住所録やメモに飛び散らかっている連絡先を
数日がかりでデータに入れなおしました。

こうしてみると、30年スイスにいる間に、ずいぶんたくさんの人と
行き会い知り合い、長くやり取りが続いている人、音信不通になってしまった人、
新たな出会い、再会、別れがあったものだとつくづく思います。

メールで、一度に多数の相手に出せる便利さももちろんあるけれど、
一人一人の顔を思い浮かべながら眺める
古い住所の中には、懐かしい名前も、あれ、これ誰だったかしら、
という名前もたくさんあります。

その中から、コンサートの案内151通を発送してほっとしたところですが
1年に一度の季節の挨拶もサボりがちなこの頃、
宛先不明、で戻ってくるものも多数あるかもしれません。

私にとっては、「無事です、生きてます、元気です」の挨拶がわりでもあり、
また、過ぎた年月、とその間の様々な出来事を思い起こす、
新しい住所録づくりでもありました。

************
ヴァイオリンひとり 第30回
6月9日(土) 19時30分
ギャラリー・アルテフィッツ

無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番、パルティータ第2番

************
オーケストリオ・コンサート
トーンハレ・小ホール
6月23日(土) 19時30分

グルック バレエ組曲「ドン・ファン」より
ギーガー セレナーデ
マッジーニ トルソIV
****
ケルターボルン メタモルフォーゼ
ムソルグスキー 展覧会の絵
0

2007/6/4  17:44

投稿者:noriko
古い住所録、古いレコード、が呼び覚ましてくれる懐かしい記憶・・・。いいですねえ。

子供の頃、時間の経つのも忘れて遊びほうけて「あ、うちに帰らなくちゃ」って気がついた、みたいな気がします。いや、竜宮城で遊び暮らした浦島太郎、かな?
(やっぱり、年?)

2007/6/4  14:19

投稿者:じゃがりこ
高石ともやとナターシャセブンの「道」を忘れてました。とてもいい声であこがれていたのに、友達にコンサートに連れてってもらったらすごいおっさんでショックを受けたのを思い出します。
なんか同窓会の案内と間違えてしまいました。不明で戻ってこない方がいいんですよね。演奏会のご成功お祈りしています。

2007/6/4  14:03

投稿者:じゃがりこ
1週間、日常生活に追い立てられ、昨日の昼から山ほどコロッケを作って解放されました。抜け殻になった体に癒しを求めて古いレコードを出して聞いていました。
オーティスクレイ‘愛なき世界で’、仕事帰りのカーステレオで聞いていいなと思い、買ったけど買ったら聞かなかったもの。
PPM‘ベストコレクション’、パフという曲が好きで買った。よく聞いた。
イムジチ‘パープ協奏曲、ブランデンブルク’、友達と演奏会に行って「すごいきれい。しんじられな〜い。」そして買った。時々聞いた。
アールクルー、高校時代好きだったフュージョンという音楽。私の原点だった。
1枚1枚にそれぞれ思い出があって、昔を懐かしむようになったら年かなと思いつつ、それでも時々は帰りたくなる事ってあるよね。お返事戻ってくるようにお祈りしています。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ