2007/6/25

チューリッヒ トーンハレにて  舞台裏のひとりごと
一週間のうちに、編成も曲目も全く違うリュブリアナとチューリッヒでの
二つのコンサートの練習・移動・ふたつの初演を含む本番は大変ハードでしたが
両コンサートともそれぞれ思い入れがあり、大変印象に残るものでした。

23日(土)チューリッヒ トーンハレにて
オーケストリオ結成20周年記念(実は22年です)

クリックすると元のサイズで表示します

オーケストリオ
ヴァイオリン・河村典子
ギター・ワルター・ギーガー
コントラバス・白土文雄

Ch.W.グルック ドンファンより
E.マッジーニ トルソIV
W.ギーガー 2人の風変わりな人のためのセレナーデ
**********
R.ケルターボルン 3つのメタモルフォーゼ
M.ムソルグスキー 展覧会の絵

一昨年秋、上野文化会館で結成20周年&2枚のCD発売記念の
コンサートを開いたオーケストリオですが、
デビューコンサートと同じチューリッヒ・トーンハレの、
音響も雰囲気も素晴らしいこのホールでの久しぶりのコンサートは
やはり大変嬉しいものでした。

古典とロマン派の編曲ものと、それぞれ個性豊かな3つのスイス作品は
すべてオーケストリオのために書かれたもので、
オーケストリオならでは(という以外に言いようがありません・・・)の
プログラムであったと自負しています。

一曲目のグルックのバレエ組曲「ドンファン」は優雅な雰囲気の中に
ドラマティックな音の情景が織り込まれ、古典特有な難しさがあります。

1991年に亡くなった友人の作曲家マッジーニのトルソIV、
内に秘めた情熱と孤独、を感じさせる、実は私のお気に入りの曲です(むずかし〜!けど)。
昨日は、かなりその気になって弾けたような気がします。 

ワルターの「2人の風変わりな人のためのセレナーデ」
(これ、我々のことではありません、念のため)
なにが難しいって、ワルターのお得意のリズムの複雑さ、と
ちょっとトランス状態になりそうなヴァイオリンのソロが、もう、なんともいえない。
でも、好きです。

スイスの現代作曲家の大御所ともいえるケルターボルンが
オーケストリオのために書いてくださったメタモルフォーゼ。
プログラムの中で、他の二曲の現代作品と、非常に面白いコントラストをなしていました。
これが一番面白かった、という人と、一番つまらなかった、という人と。
好みがはっきり分かれます。

最後のムソルグスキーの展覧会の絵、今回の曲は、ケルターボルンをのぞいて、
すべてCDに録音してあり、また本番も重ねていて手の内に入っている曲なのですが、
それでもこの曲は、トリオの可能性ぎりぎりのところで編曲されているなあ、
と弾くたびに思います・・・。

それぞれに集中力を要求する作品で大変ハードではありましたが
舞台から見る客席にはたくさんの笑顔があり、
いかにも音楽好きな聴衆の方々との、上質な楽しみを味わいながら
演奏することができました。

協力者の存在、その心のこもった支援がなければ実現し得ないこれらのコンサートの数々、
良い演奏を心がけることでしか応えることができません。

良き出会いの時間に感謝、感謝です。

0

2007/7/1  17:19

投稿者:noriko
Masakoさま、情報有難うございます!
さっそくサイトを見てみました、本当に素敵な空間ですね。非日常の時間が流れるところ、コンサートの雰囲気は本当に大事だと思います・・・。

2007/7/1  0:36

投稿者:masako
南大阪和泉市に和泉久保惣記念美術館があります。
120席ほどのとても音響のいいホールが同じ敷地にあり、できたばかりの頃に1度ピアノとチェロのコンサートのお手伝いをした事があるのですが、本当にいいホールでした。時間があれば行って見られては。

2007/6/26  5:19

投稿者:noriko
昔、学校公演のインタビューで、小学生の男の子に
「演奏家でよかった、と思うのはどんなときですか?」
って聞かれたことがありました。
その時は、一瞬答えに詰まったのですが、今なら即、「お客様の笑顔です」って答ると思います・・・。

関西行きます、よろしくご贔屓に願います〜!

2007/6/25  18:32

投稿者:ちこ
こんにちは!
真の意味で楽しめる。素晴らしいことですね☆
心がけていきたいです。

オーケストリオのコンサート、生で聴きたいなぁ♪
秋の関西でのコンサート、楽しみにしています(^o^)/


http://http://plaza.rakuten.co.jp/chiko87/

2007/6/25  17:40

投稿者:noriko
演奏が心から楽しい、という本番は、実はそうはありません。
心がけることと、実際にそうであること、その隔たりは結構大きいものです。

土曜日の演奏は、かなりそれに近かったのです、私にとっては。実に楽しかった。

病み付きになりますね!どうもありがとうございました。

2007/6/25  17:18

投稿者:のーこ
今回も、素晴らしい演奏を有難うございました。
やっぱり、やって良かった!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ