2009/9/4

ヴェトナム紀行・リハーサル  舞台裏のひとりごと
フエの音楽アカデミーでの室内楽ワークショップは
去年6月、スイスからオーケストリオで、フエ国際音楽祭に出演した時に行って以来
今回で2回目です。

音楽学校の母体は古くからあるらしいですが、組織として確立されたのは
ここ数年らしく、学生の数も少なくて、まだまだ途上にあります。

クリックすると元のサイズで表示します
コロニアル・スタイルのなかなかりっぱな音楽アカデミーの建物。


でも、昨年、弦楽オーケストラのレッスンをしたときには、音を出す以前の
チューニングから始まって統率、規律、などアンサンブルの基本中の基本を
教えるところから始まったのから比べると、皆、数段の上達ぶりです。

アンサンブル・レソナンツと共演するのは
モーツァルト ディヴェルティメント第3番、
香月修    古風な歌、エレジー(ヴェトナム初演)
Saung Taug ハーモニー・ファンタジー(初演)

の三曲。

フエとダナンでのコンサート、3日間の合同練習で、
さてどのくらいの成果が出せることでしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します
練習の合間に、ショッピングの情報収集。

まだ三日目ですが、メンバーのみんな、すでに「土地っ子」という感じです。
16

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ