2012/1/29

ポーランド  舞台裏のひとりごと
大国ロシアとドイツに挟まれて、厳しい歴史を強いられてきた国、ポーランドです。
昨年の夏、初めて訪れ、ゆたかな自然と古き香りを色濃く残す町並みに感動しました。

クリックすると元のサイズで表示します
クラカウの町、こんなに雪が降らないのは珍しいとのこと

クリックすると元のサイズで表示します
コンサート会場、タルヌフの市庁舎ホール

このお正月過ぎ、昨年夏と同じ、ウクライナとの国境に近いプシェミシルを中心に
ピアニストの小川敦子さんとご一緒に、
タルヌフ、という町で音楽学校の子供たちのレッスンとコンサート。
敦子さんの住むプシェミシルでニューイヤーコンサートをさせていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大変礼儀正しくどちらかというと控えめな聴衆、
でも音楽に対する思いの熱さが伝わってくる、
芸術や音楽が生活の身近にあるところ、という気がします。
特に、子供たちの眼差しにそれを感じます。

ポーランドの若い音楽家の、スイスを始め西側諸国への進出は
近年特に顕著な気がしますし、成長・高揚の兆しがある一方で、
ヨーロッパの昨今の事情、そして
西への扉を開きEU加盟からまだまもない、国全体の転換期の今、
色々な厳しさをはらんでいるのだろうとは想像できます。

が、美しい街並み、ゆたかな自然、つつましくも素材を活かした食生活、
そして、歴史や文化を愛し、自国への誇りを失わず・・・。

親日的なそのポーランドで、最近の日本に関して、
震災や原発事故に思いを寄せる一方で、

「高速道路上の何台もの高級車フェラーリの衝突、
それにかかる保険金の莫大さ」

が話題になったのだそうです。

「・・・ん〜、日本、しっかりしようね」、

という思いにかられたことでした。
2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ