2006/2/18

二足の草鞋のはきごこち  舞台裏のひとりごと
オーケストラを退団してフリーになった頃から、演奏だけでなく、
色々な企画をつくり実践するプロデュース的なことをやり始めました。

何のことは無い、それまでの、練習に出かけていって指定された席に着き、
譜面台に置かれた楽譜をきちんと弾く、という生活から一転、
本番を自分で探しレパートリーを作る、という生活を余儀なくされたのです。

お膳立て、という言葉がありますが、音楽家の生活も、それを人にやってもらうのと
自分でするのとは雲泥の差があるものです。

フリーになって再認識したことがいくつかあります。
プロとアマの境界線、自分がメジャーに属するかマイナーに属するのか。
それから当たり前のことながら、世の中、とはお金が回っている場所であるということ。

好き嫌いではなく、善悪でもなく、質のよしあしでもない。
それを事実として認識することの大切さを痛感したものです。

色々な企画を立て、実現した中で自分にとって大切なものも見えてきました。

新しさを売り物にする、ということの意味。
新しさが失われたときに残るものとは?
繰り返しに耐えることの大切さ。
お金を動かすより難しい、人を動かす、ということ。
動かなければ無事平穏なはずが
自分で動くと、とたんに肌で感じる、追い風向かい風。
そして何よりも面白い、人との出会い、協力者という有難い存在、などなど。

企画を実現にさせるにおいて、潤沢な資金と堅牢な枠組み、
約束された成功を用意するのが辣腕のプロデューサーなら、
色々な人を巻き込んで、誇大妄想と楽観主義でこうしようああしよう、
本当に、困ったもんだ、の私です。

しかし、
やってみなければわからないこと、
やってみてはじめてわかること。

自分がそれをやるしかないから、という窮余の策というよりは
思いついたことはすべてやってみよう、
というそのこと自体の面白さにハマってしまった、

(秋に予定しているあるツアーの資金調達に奔走し、
また、同じく秋の、別のプロジェクト実現に頭を悩ませながらも)

これはもう、自分ながらほとんど中毒症状だなあ、と思うに至る今日この頃です。

メッセージラジオ「風の便り]
http://www.hiroshitasaka.jp/taiwa/1008.php



0

2006/2/22  0:22

投稿者:noriko
まあ、ミセスAAさま

>先日「現代スイス・音の風景」を、愉しませていただいたAA@Mixi...の連れ合いでございます(笑)

その節は本番後、お時間無かったようで、残念でした。ご来場、有難うございました!

>作り出される・生み出されるモノって、時代が求めるアンテナと、作り手が発するアンテナが
キャッチされると爆発的に受け入れらたりしますよね。
なんとも不確かもので、その中で何か≠、繰り返していくのはとても忍耐のいることなのでしょう。。。

そうなんです、「媚びずおごらず」、を身上としているつもりなんですが、これが結構大変で・・・。

>のりこさんの活動は、きっとそうゆう何か≠ノ動かされる人のハートを抱き寄せると私は思っています。
私たちも、そのひとりです♪

ありがとうございます〜、がんばりまっす!

>忍耐強さとは、勇気の別名のような気が致します。
勇気とか気力は、始めること、挑むことですよね!

素敵な言葉、ですね〜!そうですね、最初の一歩、って大事だと思います。あとは、楽しむことを忘れず、ですか?

2006/2/20  18:57

投稿者:連れ合い@AA
のりこさん、大変ご無沙汰しております。
先日「現代スイス・音の風景」を、愉しませていただいたAA@Mixi...の連れ合いでございます(笑)

作り出される・生み出されるモノって、時代が求めるアンテナと、作り手が発するアンテナが
キャッチされると爆発的に受け入れらたりしますよね。
なんとも不確かもので、その中で何か≠、繰り返していくのはとても忍耐のいることなのでしょう。。。

のりこさんの活動は、きっとそうゆう何か≠ノ動かされる人のハートを抱き寄せると私は思っています。
私たちも、そのひとりです♪

忍耐強さとは、勇気の別名のような気が致します。
勇気とか気力は、始めること、挑むことですよね!

2006/2/19  11:24

投稿者:noriko
いいんです、いいんです。
こうなったらオプティミストの道を究める路線で行きます。

アッペンツェルは?春の兆し、まだ遠いですか?

2006/2/19  5:04

投稿者:michiaki01
大変そうですけど、楽しんでいらっしゃるようなので、いいですね。(と簡単に書いていいものか、ちょっと迷いますけど。)

http://diary.jp.aol.com/pgunjttff/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ