2015/8/30

Enishiのサロン 第10回 「クリスマスキャロルとヴィクトリア朝の幽霊たち」   
軽井沢、三日間にわたる室内楽ワークショップの最終日。
昨日の成果発表コンサート第一回に続いて、第二回目がそろそろ始まります。

クリックすると元のサイズで表示します
友愛山荘にて。雨、18度。こんなに寒い合宿は初めてです。


室内楽の面白さ、難しさを改めて感じています。
お料理のレシピと同じで、
音符を音にすることや解釈や方向性、音楽づくりの手法について、
アドヴァイスをすることはできるけど、
味のイメージや、足りない食材をなんとか補う創意工夫は
本人たちしか持てないものです。

他の人に代わってもらうわけにいかない
自分なりの味のイメージにこだわり、
直感を磨きあげ、
追求していってもらいたいな、

それでこそ、《いま、ここ、わたし》(いつか、どこかで、だれかが ではない)
の音楽の意味なのではないか、といつもながらに思ったことでした。


さて、毎回素敵なゲストをお招きし和やかな雰囲気で開催させていただいている、
Salon d’Enishi えにしのサロンはおかげさまで第十回目を迎えます。


第十回 「クリスマスキャロルとヴィクトリア朝の幽霊たち」

今回のゲストは音楽学者・オペラの脚本家、長屋晃一さんです。
いつも、プログラムノートの執筆や、舞台監督など
様々に私たちのコンサートに関わってくださる長屋さんですが、
この12月に実はチャールス・ディケンスの名作「クリスマスキャロル」へのオリジナル音楽に
音楽狂言として脚本を書いてくださっています。

けちで意地悪なスクルージと過去・現在・未来の幽霊たちが登場するディケンスの名作と
ワルター・ギーガーの現代作品、そして伝統の狂言をどうやってコラボさせるのか、
当時のイギリスの世相や文学・音楽との話を交えて新しい舞台づくりへの舞台裏を語っていただきます。

クリックすると元のサイズで表示します
C.ディケンス《クリスマス・キャロル》当時のパリでの上演風景


会場は、すでにお馴染みの「ハングリーハンフリー Hungry Humphrey」、
新宿ゴールデン街の端、狭くて急な階段を上った2階の、
昭和の時代の雰囲気を残す懐かしさを感じさせてくれるお店です。

音楽は、ヴァイオリンとコントラバスに、長屋さんにキーボードで参加していただいて
ヴィヴァルディ、ラヴェルやベートーヴェンの有名な、
そして知られざる名曲を楽しんでいただければと思います。

とき:  2015年10月3日(土) 16:00 開宴
ところ: ハングリーハンフリー 新宿区歌舞伎町1-1-10-2F
ゲスト: 長屋晃一 音楽学者・脚本家
演奏:  河村典子・ヴァイオリン 長屋晃一・キーボード 白土文雄・コントラバス
会費: 3,500円(ワンドリンク・スナック付き)
お申し込み: 定員25名 
Fax 044−434−6595 (Tel 044−434-6595)(中町)
officen_info@yahoo.co.jp

長屋晃一  國學院大學で考古学を学んだのち、慶應義塾大学で音楽学を学ぶ。専門はヴェルディを中心としたイタリアオペラ。最近は演出家・田尾下哲氏とともに戯曲の新作等にも力を入れている。

日常の中の非日常のひととき、お誘い合わせて、またおひとりでも、
どうぞお気軽にお越しいただければ幸いです。
ご来場を心から楽しみに、お待ち申し上げます。 


0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ