2016/5/7

チェルノブイリ30年、フクシマ5年 に寄せて  スケジュール
音楽とドキュメンタリー映像の夕べ

2016年4月26日、チェルノブイリ原発事故から30年を迎えました。
多くの人々にとっては、
次々に伝えられる世界中の悲惨で衝撃的なニュースに上書きされて
その記憶が薄れて行く中で、

当事者であった人々にとっては、
今も「チェルノブイリ後」、ではなく未だにその「さなか」の時代が続いています。

事故から5年目を経た福島第1原発事故においても、
私たちはまだまだその影響の大きさをはかり知ることが出来ません。
また先月起きた熊本・大分の地震はその後も落ち着くことなく
直近の川内原発への影響を懸念する声も日増しに大きくなるようです。

薄れ行く記憶をもう一度呼び覚まし、
多くの死と痛みをもたらした大事故に捧げたい、との思いから、
チューリッヒ・オーバーランドに住むウクライナ出身のピアニスト
アレーナ・チェルニーのイニシアティブによって、
5月に4回のコンサートが開かれます。

昨年秋から計画していたこの度のコンサートですが、
折しも、熊本・大分の地震で被災された方々への思いにも重ねて、
多くの方にご来場いただければ幸いです。

クリックすると元のサイズで表示します


************
演奏
アレーナ・チェルニー ピアノ
河村典子 ヴァイオリン
キアラ・エンデルレ チェロ

映像
アレーナ・チェルニーの音楽家として人としての生き様を描いた
ドキュメンタリー映画「アパッショナータ」
2012年のチューリッヒ国際映画祭をはじめとして各国で上映され、
いくつもの観客賞を受賞しました。
その中で彼女自身が訪れたチェルノブイリ直近の廃墟となった町プリピャチの映像を
ご覧いただきます。


曲目
P.チャイコフスキー ピアノトリオ「偉大な音楽家の思い出」作品50

入場無料 ご寄付をお願いいたします

■5月18日(水)20時 ハウス・ツム・リンデンガルテン 
Hirschengraben 22, 8001 Zürich 
(入口はクンストハウス・レストラン側の中庭にあります)

Mi 18.5. 20.00h – Haus zum Lindengarten
Hirschengraben 22, 8001 Zürich (Zugang über Hof hinter Kunsthaus – Restaurant)

■5月20日(金) 19時30分 Ref.オプフィコン教会(グラットブルック)
Oberhauserstrasse 71, 8152 Glattbrugg

Fr 20.5., 19.30h – Ref. Kirche Opfikon / Glattbrugg


■5月21日(土) 17時15分 バロックザール クロスター・アインジーデルン

Sa 21.5., 17.15h – Barocksaal, Kloster Einsiedeln


■5月22日(日)17時 アレアール・イム・トーベル ハドリコン ヒンヴィル
Im Tobel 3–6 Hadlikon, 8340 Hinwil

So 22.5., 17.00h – Areal am Tobel, Hadlikon



0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ