2017/7/10

前半終了(その2)  
本当は、5月、6月に行なったコンサートについて、
そして、印象に残った様々な出逢い、出来事について
間をおかずに書いておきたかったのです。

が、なにしろ、6月18日芦屋でのコンサート後、即東京に取って返し
翌朝直行便でチューリッヒに戻ったその翌日から

手ぬぐいで頭を被いエプロンをしてPUTPUT(娘の店の名前です)の手伝いをする。
この二足目の草鞋が私にとってとんでもなく畑違いで、
なかなか頭と身体の切り替えが難しいのです。

とにかく、ほぼ立ちっぱなしの肉体労働のおかげで、
夜はくたくたになって爆睡、
朝は、身体が痛くて目が覚める・・・。
(娘に言わせると、「お母さん、これまでそれでよく生きて来れたわね」、とのことですが。)
クリックすると元のサイズで表示します
PUTPUTのロゴマークです。

マイペースで適当に(は御幣がありますか)練習し、
本番の緊張は打ち上げのビールでほぐす、
というヴァイオリン弾きの生活とは
180度違う生活なわけでして・・。

でも、気がついたら2017年も半分が過ぎてしまいました。
この二足の草鞋の生活を2018年はどうしようか、と頭を巡らすこの頃でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
5月27日大人の修学旅行 in じょんのび村

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
6月3日アーサービナードさんをお迎えして
富士山ピース&アートフェスティバル in 富士宮

クリックすると元のサイズで表示します
打ち上げにて

クリックすると元のサイズで表示します
6月10日茅野市K邸ホームコンサート、本番前のくつろぎタイム

クリックすると元のサイズで表示します
真剣にリハーサル

クリックすると元のサイズで表示します
いただいた花束

主催してくださった協力者の方々
来てくださったお客様
誰一人として欠かすことのできない共演者たち

本当にありがとうございました。

こうやって
いざ、演奏することが二足のうちの片方の草鞋になってみると

愉しみ方が変わってきた気がします。
ワクワク感が違う。
こんな風なことになるとは思っていなかったけど

こころから《おまけ》を楽しむ、というような・・・。

1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ