2017/11/27

空はつながっている in チューリッヒ  
《空はつながっている》というのは
2014年6月の沖縄平和祈念の式典に選ばれた
石垣島の当時小学3年生だった増田健琉くんが書いた
平和への願いをこめた詩のタイトルです。

2011年3.11当時の「ヴァイオリン弾いている場合ではないのではないか」
というショックから、ようやく抜け出しかけていた私は
この詩に大変感銘を受けて、

遠くの空の下では今でも戦争をしている国があるけど

「子どものぼくには祈ることしかできない」
という健琉くんの言葉に
「大人の私には何ができるのか?」
と大いに触発されました。
そして、この詩を歌にして、
平和の空をつなげるプロジェクトにしたい、と思ったのでした。
2016年初め、ワルター・ギーガーが
児童合唱団とヴァイオリン、ピアノ、コントラバスのための大曲に
仕上げてくれました。

昨年10月15日、いしがき少年少女合唱団の指導者、砂川富貴子さんの指揮のもと、
合唱団の子供たちと、ピアノ・アレーナチェルニー、コントラバス・白土文雄
とヴァイオリン・私河村典子の演奏で初演を行うことが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
2016年10月15日「空はつながっている」初演時に。

そして今年11月11日、チューリッヒ日本人学校の創立30周年の記念式典で
補習校の子供たちとサポートする先生たち、そして
夏前からの練習に深く関わってくださった音楽仲間であり保護者の
神谷未夏さんのヴァイオリン、と初演時の顔ぶれ、
ピアノ・アレーナ、コントラバス・白土で、本番を迎えることができたのです。

私はなんと、指揮を担当しました。

合唱団としてのトレーニングを受けていない子供たちには難しすぎるのではないか
16分の大曲はセレモニーに重すぎるのではないか
政治的な意味合いがあるのでは?
などなど、様々な懸念の声も無くはなかったのです。

確かに練習時間も限られ、色々なプレッシャーもあったに違いありませんが
子どもたちは音楽的にも、そして詩の内容もよく理解してくれたと思うし
先生方の熱意の賜物で、
大人も子供も関係なく、皆心を一つにしてよい本番にしてもらえました。

歌い終わったときの皆の笑顔が、達成感と解放感にあふれていて
それだけで、やって良かったと思ったのでした。

平和を願う思いとひとつになった健琉くんの言葉と、
歌いきってくれた子どもたちの素直な感性が

「平和の対極は不寛容である」ということを教えてくれた気がします。

平和の反対は戦争である、というけれど、
戦争はただ始まるわけではないのです。
不寛容さは、私の心の中にもありはしないか?
私たちは、まずそのことを自分に問いただすことが必要なのではないでしょうか?

今回、石垣から砂川富貴子さんも来てくださって
2019年3月の、いしがき少年少女合唱団のスイスツアーに関して
具体的な話もできました。

クリックすると元のサイズで表示します
砂川富貴子さんと。2017年3月来瑞第1回目のときに。

空をつなげるプロジェクト、今後も進めて行きたいです。





2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ