2019/5/10

えにしのサロン第19回−錦の華 打掛ものがたりー  
2019年5月18日(土) 14時開始 光が丘美術館にて
ゲスト 若槻せつ子 ファッションディレクター

音楽 田嶋謙一(尺八)河村典子(ヴァイオリン)白土文雄(コントラバス)
曲目 本曲《本調べ》をとりまく音の情景(尺八&コントラバス)
   遠藤雅夫 フリギアの樹(尺八&ヴァイオリン)
   前田智子 《鷺娘》(尺八、ヴァイオリン、コントラバス)

手作りの和菓子 大須賀麻由美

参加費 3500円

今回のえにしのサロンは、《和の心》を見て聞いて味わっていただきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

デザイナーの若槻せつ子さんが、
その職人技、デザインの意味合い、美意識に魅せられ
長年収集してこられた貴重な打掛のコレクションの中から間近に数点展示してくださり、
染・金箔・刺繍などの高度な技術と打掛にまつわる様々なストーリーについて
熱く語ってくださいます。

長年ブライダルファッション、特に着物からのリメイク《着物ドレス》のリーダーとして活躍してこられた
若槻さんならではの視点から、絢爛豪華に花咲きながら、
現在ではほとんど消えゆく打掛の歴史に危機感を抱き
情熱をもって収集を続けてこられたお話は、
日本人の私たちには特に心に響くものとなるのではないでしょうか?

音楽は、次代を担う尺八の若手、田嶋謙一さんをお迎えして、
他ではなかなか聞けないであろうヴァイオリン、コントラバスとの組み合わせによる曲を
演奏させていただきます。

そして、いつもえにしのサロンに美味しいパンやスィーツを作ってくださる
大須賀麻由美さん、今回は新境地である手作りの和菓子を提供してくださいます。
和の心、の基本、季節感をどのように添えてくださるでしょうか。
光が丘美術館の素敵な雰囲気と相まって、
目にも訴える美しさとともに皆様に楽しんでいただきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ