2006/10/14

酸いも甘いも  私の中のスイスと日本
今、住んでいるところは、東京の西、多摩川沿いです。
私も全然知らなかったのですが、ここの名物は梨で、
今の季節、街道筋にたくさん俄仕立ての販売所が並んでいます。

もんのすごく大きくて、みずみずしくて美味しい梨!

それでなくても、日本は野菜や果物の品種改良に、栽培に、大変手をかけますね。
お店に並んでいる果物もお野菜も、ものすごく綺麗で、産物、というより
製品、っていう感じです。

最近頂いた、岡山のニューピオーネという種無しの大粒のぶどうも
すご〜く美味!
夏の各地のメロンも素晴らしかったし、柿はこれから。
果物大好きな私には、嬉しい季節!

日本の果物は高級感あふれてほんとに特別ですね。

でもね〜、ヨーロッパの店先にならぶ、庭の木からもぎたて、
のような素朴な果物の味もなかなか良いです。

スイスの我が村周辺は、典型的な田園地帯で、牛、うま、ひつじの放牧、
麦畑、トウモロコシ畑、ジャガイモ畑などが広がるほか、
りんご、洋ナシ、さくらんぼ、などの木がたくさんありますが
果樹園、などというイメージは全然なくて、牧草地に勝手に植わっている、
という感じ。

鳥の攻撃を防ぐため、たまに全体を網で覆っていることもありますが、
ほとんどは、ずいぶん野放図に育っているように見えます。

小さくてすっぱくて、丸ごと、皮ごとかじって
芯まで食べちゃうりんごの味、なんか懐かしいです・・・。

0

2006/10/15  19:53

投稿者:noriko
美味しい稲城の梨、スイスへ届けて差し上げたいですね。

このあたり、長十郎の発生の地だったのね!
今のは、新高、っていったかしら。あまり、どこにでも出回っているものではないみたいです。

販売所は、「完売しました、来年もどうぞよろしくお願いいたします」っていう張り紙をして、どこもそろそろ店じまいしています。ずいぶん悠長な話ですね・・。

2006/10/15  5:44

投稿者:Beep
こんばんは
今いらっしゃるところはボクが昔良く通った街道ですね。梨園がたくさんあって、ソノあたりが梨の「長十郎」の生まれたところですよ。
洋ナシははじめはモノ珍しくて気に入っていたけど、今どっちも等距離に観れるようになってみると、梨に関しては和梨の方が美味しいような気がしますね。
果汁の量が全然違いますよね。あー、梨食べたい。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ