2020/9/7

コロナの秋  
日本ではちょうど超大型台風10号が九州を直撃している真っただ中のようです。
大きな被害がでないことを願うばかりです。

一方、九月に入ってからスイスでは急激に季節が代わり
秋の気配が濃くなっています。
さわやかで過ごしやすい季節です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
三日前のチューリッヒ、気温24度。
日常の風景です。
公共の乗り物でのマスクが義務化されたこともあり、
自宅から、娘の店(目下のところの日常の仕事場!)まで
トラムの停留所三つ分、毎日歩いています。

クリックすると元のサイズで表示します
多分、今年最後の湖での水浴。
チューリッヒ郊外、フェッフィコン湖にて。水温22度くらい、かな?

この数か月のブログを読み返してみると
すべてコロナの件が中心です。
世の中全体が、未知のウィルスに気を付けることに疲れてきていますが
未だに、収束の見通しが立っていません。

スイスでは再び4月中頃と同じくらいの感染者数となっています。
4月の時と違うのは、若者世代の感染者が主だということ。
やはり、群がる彼らが互いに感染しあうのでしょう。
重症者は、高齢者が少なくなっている分、減ってはいるようです。

が、感染した人々が伝える、後遺症の重さは真面目に受け止めるべきで
引き続き注意を怠ってはいけないのでしょう。

買い物時や、飲食店でのコロナ対策は一時より強化されています。
とこか緊張感を強いられますが、マスクの義務化などは
ほとんど日常化しています。
以前のスイスでは考えられない情景です。

幸いと、私自身も家族も皆元気ですが、
9月末までの日本での予定はすべて中止・延期され
私自身の日本行きはここ当分不透明です・・・。
2020年、こうやって暮れて行ってしまうのでしょうか?

日本では7年以上続いた安倍政権が終わりを迎えましたが
未来に対して、新たな展望が開けているかと言えば
決してそんなことは無くて、旧態を持続させることが前提で
次への流れが決まっているようです。
市民の生活への幸せが長い目で構築される展開であってほしいですが
なかなかそうはならない気がします。
政治の権力闘争を
日本の外からやきもきしながら眺めています。

一方で、ミクロな自分を見つめると
手仕事の大切さを身に染みて感じます。
自分の内と外が良いバランスに保たれるために
人にとって、どんな形ででも《手仕事》は欠かせないものだということ。

ヴァイオリン弾きであることを心して忘れないでおこう、と
娘の店での肉体労働の合間に
極力練習を怠ることなく過ごす今日この頃であります・・・。
2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ