2006/11/11

求む、グランドピアノ!  
クリックすると元のサイズで表示します

綺麗な島でしょう?

残念ながら、撮影したのは私ではありません。
行ったこともない、小さな宝石のような南の島、フィジー共和国のマナ島というところです。

「グランドピアノ一台、寄付するか格安で売ってくれる人いないかしら?」

という、友人のピアニスト川上ミネさんのメールがスペインから届きました。

で、持って行く先は?
上記のマナ島の、しかもさぞや夢のように美しいであろう、海岸の特設舞台へ・・・!

国内のみならず、ヨーロッパ、南米で目を見張るような独自の活発な活動を
展開している彼女がイニシアティブをとって計画しているのが

フィジーでの第一回目の音楽祭。(2007年3月29日〜4月5日)

日本から多くの音楽家と現地の音楽家(はクラシックではなく現地の音楽ですが)
が参加して行う音楽祭で、会場は野外、海岸が舞台だそうです。

が、しかし、島にはピアノがない!!

ミネさん、いわく

「私の夢は、苦しい訓練を沢山つんだ日本の演奏家たちが、満天
の星空の下で、或いは風を全身で感じながら本当に美しい自然
の中で望まれて演奏をする機会を作ることです。なかなか難し
いのですが、絶対に出来る!と信じて頑固でも突き進んで行こ
うと思っています・・。」

私も、こういう話、大好きです。

「典子さんも演奏にきません?」と誘われたのですが
南の島の潮風と、私の長年のパートナー、イタリアの老婦人は
相性が必ずしも良くないでしょうね。

でも、満点の星空の下で弾くバッハは、また格別なものかも・・・。

それに、すべての日常のストレスを忘れて過ごす南の島の1週間・・・。
なかなか魅力的ですね〜。

というわけですので、「そういえばグランドピアノ、一台余ってたなあ」という方、
どうぞご一報ください。

「ああ、今ね、実はマナ島にピアノ一台置いてあるんです」っていうの
いかがですか〜?


0

2006/11/14  10:39

投稿者:noriko
昔、インド洋のモーリシャスに仕事で行った時、コントラバスの指板がはがれてしまい、ホテルの大工さんに木工用のボンドを借りて、しのいだことがありました。スイスに帰ったら、楽器作りのマイスターに、怒られました・・・。そんなこといわれてもね〜。エーゲ海クルーズやギリシャの古代野外劇場で炎天下、演奏したこともあったり(ビーチパラソルの下でね)、我々の楽器もいろんな目にあってます。

マナ島のバカンスは、航空運賃、質の良いリゾートホテル、食事など全行程込み、1週間で15〜20万円、ですって。いかがですか?

2006/11/14  7:39

投稿者:のーこ
残念ながらピアノは提供できませんが、それにしても、綺麗な島ですね。一度は、こんな所に行ってみたいです。

きっと夜空も綺麗なんでしょうね。宝石箱のように。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ