2006/11/23

ゲーム感覚  
9月、日本へ行くときはチューリッヒ・成田の直行便があったのに
きのうはフランクフルト1時間半の待ち合わせで、夜8時にチューリッヒに
帰り着きました。

荷物がたくさんあったので、成田まで車で送ってもらったのですが
道がやたら混んでいて、出発45分前にチェックイン滑り込みセーフ、
あぶないあぶない。

チューリッヒは気温5度、3日前までいた北海道と似たような寒さ。

この夏に免許をとったばかりの娘が元気に迎えに来てくれました。有難う。

で、留守中のよもやま話、日本のみやげ話をしながら帰ってきたのですが
この子の運転が・・・。

スピード出しすぎなんじゃないの、
カーブに入るときもう少しスピード落としてよ、
お酒飲んだとき運転なんかしてないでしょうね、
街路灯がないところでは特に注意してよ、

と、帰るなり、口うるさい母親に変貌の私。

特に運転が乱暴というわけではないし、
ハンドルさばきも確実、
私よりよっぽど反射神経はありそうですけど。

ふと、ゲーム感覚、という言葉が浮かびます。

この子達がどっぷりとつかってそだってきたデジタル時代の、
重量感がないゲーム感覚と、実際の運転。

達者なテクニックと裏腹の危機感の希薄さ、
といえば考え過ぎなのかも知れませんが
なんだかなあ、車の運転でなくっても、
そういう影響って、どこか見えないところであるのかもしれませんよね。

娘にしてみたら、今までのうのうとやっていたのが
まあ、口うるさいのが帰ってきたわけで。
0

2006/11/27  18:36

投稿者:noriko
車の運転のお国ぶり、って確かにありますね。
それぞれの国民性がよく表れます。スイス生まれ、スイス育ちの我が子の運転、ゲーム感覚っていうより、そっちのほうなのでしょうか?

それにしても皆さま、運転には十分お気をつけあそばして。私はもっぱら駐車違反です。

2006/11/23  17:30

投稿者:のーこ
ノリコさん、おかえりなさい。
私も、今年は罰金無しの安全運転だったようですが、ヨーロッパの運転ですねぇ(笑)。高速に入ったら120キロ出さないとかえって怖い。一般道路では55ぴったり。80キロのところも85キロぴったり。追い抜かれると、「生意気な!」と思うタイプです。

2006/11/23  17:20

投稿者:羅刹龍
性格的に免許は持つと危ない性格が僕かもしれません。
大学時代路上教習中に教官と喧嘩して教習所をやめて以来 運転は向かないと思ってるんですよ(^^;

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ