地味鉄庵

味わい深き鉄道車両を求めて

 

お知らせ

●何となくツイッター版を始めました。ブログの記事にするほどでもない画像や話題、鉄道イベント生中継、撮ったきりお蔵入りとなっていた鉄道スナップなどをつぶやいています。お暇な折にご覧頂ければ幸いです。 ●当ブログ所収の画像・文章につきましては、著作権を主張いたします。無断での流用は固くお断りします。

今月の更新

2021年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ごあいさつ

鉄道趣味の果てしなく深い森の中にひっそりと (?) 佇む庵のようなブログ……として、管理人の好みに沿って、大手私鉄とローカル私鉄の古い車両、そして国鉄型車両を中心とした構成でお送りしております。たまに海外ネタや濃いぃ貨物スポットネタが混ざるなど、鉄道趣味界の主流からはほど遠い内容ばかりですが、お楽しみ頂ければ幸いです。なお、当ブログへのリンクはご自由にどうぞ。

管理人プロフィール

●20代は非鉄だった分、昭和の電車の退場に焦り愛を捧げる、甲斐性なしで人混み苦手なオッサン。 ●鉄道撮影はキヤノン製デジ一眼と赤緑鉢巻ズームレンズを使用。

お断り & お願い

●当ブログは鉄道情報ブログではありません。単純に個人的な撮り鉄活動の記録をアップして感想や思い入れを自由放送するだけのブログです。内容にはなるべく正確を期しておりますが、不正確の点は個人的な限界ということでご容赦願います。当ブログの記事を参考にされた方が、そのことによって不利益をこうむられたとしましても、当ブログは一切責任を負いません。●当ブログへのリンクを設定する場合、必ずトップページまたは個別の記事にお願いします。画像への直接リンクはお断りします。また、当ブログにアップしている文章・画像の著作権は留保しております。管理人に無断で別のブログ・掲示板等に画像を載せるなど、著作権に反する画像の二次利用行為は、当ブログがオリジナルであることを明記してあるとしても固くお断りします。●管理人に何かご連絡のある方は、「ottotto7007あっとやふーどっとしーおーどっとじぇいぴー」までお願い申し上げます。内容次第で、必ずご返信するとは限らないことをお断り申し上げます。

To Dear Guests

Welcome to Jimi-tetsu-an! This weblog mainly introduce Japanese trains especially old electric and diesel cars born in Showa Era. Webmaster feels very sorry that the English introduction in this Weblog is not good and efficient, but Webmaster is very happy if you have great interest to Japanese railways, trains, models, and other various things in Japan.

向台灣・中國的貴賓敬告

歡迎光臨! 如果大家通過本部落格「地味鉄庵」可以諒解到日本鐵路車輛懐舊情緒的話、站長感覺到無上的榮幸。雖然本網頁介紹很多關於中國・台灣鐵路的話題、由於服務器的語言環境有限、本網頁的語言限於日語、敬請原諒!

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ

国別御訪問数

free counters
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おっとっと
>SY1698さま
 こんばんは、コメントどうもありがとうございます!
 まぁ毛派はそのまんまアレですし(国中に革命的ポスターを貼りまくっていますので、今や中共以上に中共的です。汗)、その他インドの強すぎる存在感に常に悩まされる左派が結局中国のカネに釣られているのだろうと思われます (王宮内乱射事件などもやらかした王制は自滅という側面も強いですね〜。本当の真相は闇の中ですが)。またカトマンズ市内の旅行者街には、中国人客専門の宿やメシ屋が増えていることからして、確実に中国の影響が強まっていることも感じられます (今のところ、そういう店でなければ逆にチャイナフリーで静かな雰囲気です)。
 しかし、ヒンドゥーと仏教が大いに盛んで、クルマはほとんどインド製、大衆芸能もモロにインド風であるというネパールで、中国が今以上にアグレッシブな存在感を示すとしたら、必ず反発が生じることになるでしょう。そんなネパールだからこそ、中印両国とも地政学的な発想をギラギラさせて睨み合っているという雰囲気がビンビンに感じられ、さてこの先日本の援助の進み具合と合わせてネパールのインフラ建設がどう進むのか……注目してみたいと思っております。
 まぁインドの勝ちでしょうが (私もそれを望みます)、中国もヤケクソになってヒマラヤにトンネルを掘るとしても不思議ではないでしょう。もっとも、高速鉄道がスピードダウンすることにも象徴される通り、やっぱり中国の土木技術はイマイチであることが露呈したことから、そんなものを掘ってもすぐに使い物にならなくなりそうであることもまた自明の理でしょう。青海チベット鉄道のゴルムド〜ラサ間も何時凍土が緩んで無期限運休になるとしても不思議ではありませんし……(笑)。今後は前鉄道相時代の超ケイケドンドン路線の闇の部分が急激に吹き出るのでしょう。
投稿者:SY1698
というより、ネパール王国を潰した「毛派」こそ、まんま中国バックという気が。ということは、中陰の代理戦争?ということなのでしょうが、さすがにヒマラヤ超えの鉄道など作れるはずもなし、印度に一日の長がありそうな気がします。

http://d.hatena.ne.jp/SY1698/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ