地味鉄庵

味わい深き鉄道車両を求めて

 

お知らせ

●何となくツイッター版を始めました。ブログの記事にするほどでもない画像や話題、鉄道イベント生中継、撮ったきりお蔵入りとなっていた鉄道スナップなどをつぶやいています。お暇な折にご覧頂ければ幸いです。 ●当ブログ所収の画像・文章につきましては、著作権を主張いたします。無断での流用は固くお断りします。

今月の更新

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ごあいさつ

鉄道趣味の果てしなく深い森の中にひっそりと (?) 佇む庵のようなブログ……として、管理人の好みに沿って、大手私鉄とローカル私鉄の古い車両、そして国鉄型車両を中心とした構成でお送りしております。たまに海外ネタや濃いぃ貨物スポットネタが混ざるなど、鉄道趣味界の主流からはほど遠い内容ばかりですが、お楽しみ頂ければ幸いです。なお、当ブログへのリンクはご自由にどうぞ。

管理人プロフィール

●20代は非鉄だった分、昭和の電車の退場に焦り愛を捧げる、甲斐性なしで人混み苦手なオッサン。 ●鉄道撮影はキヤノン製デジ一眼と赤緑鉢巻ズームレンズを使用。

お断り & お願い

●当ブログは鉄道情報ブログではありません。単純に個人的な撮り鉄活動の記録をアップして感想や思い入れを自由放送するだけのブログです。内容にはなるべく正確を期しておりますが、不正確の点は個人的な限界ということでご容赦願います。当ブログの記事を参考にされた方が、そのことによって不利益をこうむられたとしましても、当ブログは一切責任を負いません。●当ブログへのリンクを設定する場合、必ずトップページまたは個別の記事にお願いします。画像への直接リンクはお断りします。また、当ブログにアップしている文章・画像の著作権は留保しております。管理人に無断で別のブログ・掲示板等に画像を載せるなど、著作権に反する画像の二次利用行為は、当ブログがオリジナルであることを明記してあるとしても固くお断りします。●管理人に何かご連絡のある方は、「ottotto7007あっとやふーどっとしーおーどっとじぇいぴー」までお願い申し上げます。内容次第で、必ずご返信するとは限らないことをお断り申し上げます。

To Dear Guests

Welcome to Jimi-tetsu-an! This weblog mainly introduce Japanese trains especially old electric and diesel cars born in Showa Era. Webmaster feels very sorry that the English introduction in this Weblog is not good and efficient, but Webmaster is very happy if you have great interest to Japanese railways, trains, models, and other various things in Japan.

向台灣・中國的貴賓敬告

歡迎光臨! 如果大家通過本部落格「地味鉄庵」可以諒解到日本鐵路車輛懐舊情緒的話、站長感覺到無上的榮幸。雖然本網頁介紹很多關於中國・台灣鐵路的話題、由於服務器的語言環境有限、本網頁的語言限於日語、敬請原諒!

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ

国別御訪問数

free counters
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おっとっと
>はいらーあるさま
 おはようございます、コメントどうもありがとうございます!
 いやーもうハロン線の客車群は眩暈どころの話ではありません (笑)。いやしくも日本・中国の客車技術&デザイン史に関心がある者にとっては鼻血→失血モノなのです (^^;)。
 とにかく、始発駅のイェンビエンへはタクシー、またはロンビエン・バスターミナルから10番・54番のバスに乗らなければなりませんし (バスやフツーのタクシーは早朝走っていませんので、ハロン線の列車に乗るのであれば高級ホテル常備のタクシーのみ)、ハロン駅はジモティーしか知らない雑草とぬかるみの世界であり、夜間イェンビエンに到着しても暗い中路線バスをつかまえて市内まで戻って来なければなりませんので、とにかくバックパッカーとしての嗅覚を鍛えていなければ絶対にありつけない世界であることは間違いないでしょう……。それでも私が今回乗る気になったのは、ここ数年来ネット情報がポツポツと現れたからでして、やはりネット様々と思う次第です。
 ただ、単なる乗り鉄なだけでは、これほど観光輸送とは無縁な行商列車にあらゆる不便を克服して乗ろうとは余り思わないわけでして、やはり満鉄・中国国鉄臭がプンプンする世界に「ぬほっ♪」と思う心性があってこそはじめて激しく行きたい気分になるというものでしょう (笑)。ご指摘の通り、イケメンな東風11型のツラを持つにもかかわらず東風5程度のパワーしかないというヘロさも、意外な珍車ツボだったりしますし……。
 動画につきましては,ご紹介頂きどうもありがとうございました! 日本人観光客のツアーが、ウォンビ〜ハロン間に断続的に現れる国道18号線との並走ゾーンで偶然1日1本の列車に遭遇したようですね……。ベトナム人ガイドらしき人が激しく中国の悪口を語っている車内会話がそのまま入っているのもニヤニヤさせて頂きました (^^;)。
 肝心の客車なのですが……由緒正しき満鉄型のみならず、行商専用車として用いられているオープンデッキ客車の奇っ怪さも非常に興味深いところでして、個人的には21系よりも古い戦前からの継承車(日本の息がかかる前の各鉄道所有車)に由来するもの、あるいは窓配置や窓の大きさが日本の35系客車に似ていることから華北交通・華中鉄道あたりの素性がよく知られていない鋼体化客車あたりではないかと睨んでいます。
投稿者:はいらーある
おはようございます。
満鉄荷物車の次は満鉄客車列車ですか。
眩暈がしますね。
撮影に至るまでのプロセスと機動力は、流石に元バックパッカーですね。なるほど、始発駅はハノイ市内からも離れ、ハロンの駅もいわゆる旅行者ゾーンから離れているということで、これほどのお宝がほとんど日本人には知られずに残っていたのですね。
客車だけでなく、東風11型の運転台に、東風5型を組みあわせたようなヘンテコ機関車も中国鉄道ファンなら思わずニヤリとしてしまいそう。

この路線の列車と思われる動画も見つけました。
http://www.youtube.com/watch?v=zOTqCJr2YQA
これを見ると、満鉄型だけでなく、21系のオープンデッキ版のような客車も連結されていますね。この動画を見ると、1両目の客車と2両目の客車では同じように見えても台枠構造が異なり、1両目は鋼体化改造車っぽい気がします。怪しさ満点です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ