地味鉄庵

味わい深き鉄道車両を求めて

 

今月の更新

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ

●多忙のため、コメントの受付を中止させて頂きました。●当ブログ所収の画像・文章につきましては、著作権を主張いたします。無断での流用は固くお断りします。

ごあいさつ

鉄道趣味の果てしなく深い森の中にひっそりと (?) 佇む庵のようなブログ……として、管理人の好みに沿って、大手私鉄とローカル私鉄の古い車両、そして国鉄型車両を中心とした構成でお送りしております。たまに海外ネタや濃いぃ貨物スポットネタが混ざるなど、鉄道趣味界の主流からはほど遠い内容ばかりですが、お楽しみ頂ければ幸いです。なお、当ブログへのリンクはご自由にどうぞ。

管理人プロフィール

●20代は非鉄だった分、昭和の電車の退場に焦り愛を捧げる、甲斐性なしで人混み苦手なオッサン。 ●鉄道撮影はキヤノン製デジ一眼と赤緑鉢巻ズームレンズを使用。

お断り & お願い

●当ブログは鉄道情報ブログではありません。単純に個人的な撮り鉄活動の記録をアップして感想や思い入れを自由放送するだけのブログです。内容にはなるべく正確を期しておりますが、不正確の点は個人的な限界ということでご容赦願います。当ブログの記事を参考にされた方が、そのことによって不利益をこうむられたとしましても、当ブログは一切責任を負いません。●当ブログへのリンクを設定する場合、必ずトップページまたは個別の記事にお願いします。画像への直接リンクはお断りします。また、当ブログにアップしている文章・画像の著作権は留保しております。管理人に無断で別のブログ・掲示板等に画像を載せるなど、著作権に反する画像の二次利用行為は、当ブログがオリジナルであることを明記してあるとしても固くお断りします。●管理人に何かご連絡のある方は、「ottotto7007あっとやふーどっとしーおーどっとじぇいぴー」までお願い申し上げます。内容次第で、必ずご返信するとは限らないことをお断り申し上げます。

To Dear Guests

Welcome to Jimi-tetsu-an! This weblog mainly introduce Japanese trains especially old electric and diesel cars born in Showa Era. Webmaster feels very sorry that the English introduction in this Weblog is not good and efficient, but Webmaster is very happy if you have great interest to Japanese railways, trains, models, and other various things in Japan.

向台灣・中國的貴賓敬告

歡迎光臨! 如果大家通過本部落格「地味鉄庵」可以諒解到日本鐵路車輛懐舊情緒的話、站長感覺到無上的榮幸。雖然本網頁介紹很多關於中國・台灣鐵路的話題、由於服務器的語言環境有限、本網頁的語言限於日語、敬請原諒!

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ

国別御訪問数

free counters
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おっとっと
>そこまで言って委員会さま
 こんにちは、コメントどうもありがとうございます!
 超亀レスになってしまい、大変申し訳ございません m(_ _)m
 日比谷のイベントは過去何回か雨に降られたことがありましたが、ここまで強い雨は前代未聞レベルでしたね……。8日の昼過ぎに着いたら、既に会場内は水たまりの海と化しており、阪急阪神能勢や京阪をゲットしたあとの人々が、大きなビニール袋をグッショリ濡らしながら新たな列に並んでいる光景は凄惨を極めていましたが、やはり水没ですか……。
 阪急5300と能勢はその後結局欲しくなり、先日関西に出張した際、梅田にて待ち時間ゼロで購入しまして (5300は既に幕車のみで、板車は売り切れでした)、数時間並んだうえに濡らしてしまった皆さんには何だか申し訳ない気分ですが (^^;)、とにかくまぁ阪急も、人気が沸騰する板車でなければ後日でも手に入り、能勢は当然のように余るということで……。
 京阪はフタを開けてみれば意外と余りましたが、これもまぁ、後日改めてオープンパッケージも出るだろうという期待や、マイクロから2630が既に出ていることが大きく関わっているでしょうね。クレジット決済の導入は確かに、それでも何とか衝動買いさせようとする京阪の策略でしょう (笑)。
 何はともあれ、ただでさえ毎年秋は鉄コレに金がかかるだけでなく、値上がりによる販売量の頭打ちをカラバリや幕の有無など細かい差異でカバーし、結果として欲しいヤツにはもっと出費させるという、かなり悪魔的な世界になっていることは間違いないですね……。私自身も、N化作業がなかなか追いつかない中、どうしても欲しいわけでなければスルーすることが増えています。阪神5700とか、マジで要らないですし……(^^;)。それでも、電撃的に発売された箱根登山などなど、どうしても古い車両は欲しいわけでして、本当に困ったものですね……。少なくとも、塗り替え&フリーランス化要員として余分に買うことは全くなくなりました (汗)。
投稿者:そこまで言って委員会
いつも楽しく拝見させております。
私も今年の日比谷に参戦しましたが、生憎の悪天候のため長時間並び折角手に入れた阪急阪神能勢鉄コレがびしょ濡れと言うよりも水没状態になり参りました。
能勢二種は終了時間になっても在庫があったことから来年は能勢ブースで並ぶこと無く手に入れられそうです。
一方の京阪は、マイクロから製品化があるためか終了時間近くに行ったところ行列無しで手に入れられました。
更に京阪ブースは、スマホ登録が必要なものの日比谷初のクレジット決済可能でしかも10%OFFと来ましたから、持ち金を使い果たした鉄オタキラーにとっては買えんとばかりの悪魔のささやきの様に思えてきました。
しかし阪急一派の鉄コレリリースが年々増していることから、手に入れられ嬉しさ反面、支払い額に絶句してしまいます。
今月は鉄オタにとって一年で一番出費が嵩む時期なので、無理のない範囲で楽しみたいと思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ