地味鉄庵

味わい深き鉄道車両を求めて

 

今月の更新

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お知らせ

●多忙のため、コメントの受付を中止させて頂きました。●当ブログ所収の画像・文章につきましては、著作権を主張いたします。無断での流用は固くお断りします。

ごあいさつ

鉄道趣味の果てしなく深い森の中にひっそりと (?) 佇む庵のようなブログ……として、管理人の好みに沿って、大手私鉄とローカル私鉄の古い車両、そして国鉄型車両を中心とした構成でお送りしております。たまに海外ネタや濃いぃ貨物スポットネタが混ざるなど、鉄道趣味界の主流からはほど遠い内容ばかりですが、お楽しみ頂ければ幸いです。なお、当ブログへのリンクはご自由にどうぞ。

管理人プロフィール

●20代は非鉄だった分、昭和の電車の退場に焦り愛を捧げる、甲斐性なしで人混み苦手なオッサン。 ●鉄道撮影はキヤノン製デジ一眼と赤緑鉢巻ズームレンズを使用。

お断り & お願い

●当ブログは鉄道情報ブログではありません。単純に個人的な撮り鉄活動の記録をアップして感想や思い入れを自由放送するだけのブログです。内容にはなるべく正確を期しておりますが、不正確の点は個人的な限界ということでご容赦願います。当ブログの記事を参考にされた方が、そのことによって不利益をこうむられたとしましても、当ブログは一切責任を負いません。●当ブログへのリンクを設定する場合、必ずトップページまたは個別の記事にお願いします。画像への直接リンクはお断りします。また、当ブログにアップしている文章・画像の著作権は留保しております。管理人に無断で別のブログ・掲示板等に画像を載せるなど、著作権に反する画像の二次利用行為は、当ブログがオリジナルであることを明記してあるとしても固くお断りします。●管理人に何かご連絡のある方は、「ottotto7007あっとやふーどっとしーおーどっとじぇいぴー」までお願い申し上げます。内容次第で、必ずご返信するとは限らないことをお断り申し上げます。

To Dear Guests

Welcome to Jimi-tetsu-an! This weblog mainly introduce Japanese trains especially old electric and diesel cars born in Showa Era. Webmaster feels very sorry that the English introduction in this Weblog is not good and efficient, but Webmaster is very happy if you have great interest to Japanese railways, trains, models, and other various things in Japan.

向台灣・中國的貴賓敬告

歡迎光臨! 如果大家通過本部落格「地味鉄庵」可以諒解到日本鐵路車輛懐舊情緒的話、站長感覺到無上的榮幸。雖然本網頁介紹很多關於中國・台灣鐵路的話題、由於服務器的語言環境有限、本網頁的語言限於日語、敬請原諒!

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ

国別御訪問数

free counters
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おっとっと
>影森三輪さま
 こんにちは、コメントどうもありがとうございます。
 関鉄の青キハ……えっ、もう終了してしまったのですか?
 私は未だ正確には確認していないものの、たしかに公式HPに載っていた運行計画のページが削除されていますね……。タラコを撮るついでにもう一度、と思っていましたので残念です。
 先日出たDJ誌によると、またキハ2400の甲種輸送があるようで、折角のタラコすらもしかすると先は長くない……という悪い予感を抱いています。
 「革命的な電車」、出来ればまた見てみたいものですが、その前にそういう映画を撮ろうという企画が出てこないことにはどうしようもありません (苦笑)。今度は出来れば、千葉○労テイストの黄色で……とか (爆)。
 そういえば、韓国の国鉄では多くの車両が何かを貼った後でやけに汚かったのですが、よく見ると労働運動のアジビラでした (超爆)。やはり労働組合が現役で強力なところは違う……と思いました。

http://wind.ap.teacup.com/ottotto/
投稿者:影森三輪
この塗装も、どうやら消滅してしまったようですね。残念です。
今度は秩父鉄道で「アジ電」やりませんかね〜(こら)
「秩父鉄道広瀬川原車庫・第二次革命的撮影闘争」やってくれませんかね・・無理か・・
革命的旧型鉄道車両の本拠地・秩父鉄道万歳!
最後の国電同志・秩父鉄道1000系万歳!

なんだか危なくなってきたのでこの辺で。
投稿者:おっとっと
>のそさま
 こんばんは、こちらこそご無沙汰しております〜。お元気そうで何よりです (^^)。いつもお楽しみ頂きありがとうございます m(_ _)m そして、しばらく名古屋に出張して多忙だったためレスが遅れて大変恐縮ですが、コメントどうもありがとうございます〜! 書き込んで頂いた時間には、「ムーンライトながら」に乗っていました (^^; このトシになるといい加減「ながら」もツラいのですが、朝から時間を有効に活用して名古屋圏で撮り鉄しようと思うとつい……)。
 
 さて、どんな映画かは配給元から正式に予告編が出て来るときのお楽しみでしょうが、何はともあれ単色のキハ35、タラコ色ではありませんが、とっても「国鉄」なノリを感じられて素晴らしいですよね (*^^*)。先ほど帰宅後さっそくネットをチェックしてみたところ、既にアジテーション落書きは消され、美しい水色の姿で営業運転に入っているようですので、これはまた是非関鉄詣でをしなければ!と思っているところです。

 のそさんがご覧になったのは総武線……ということは、まさに千葉○労HPに載っているような過激な姿の電車ですね! (爆) 私が見た根岸線や横浜線の電車も落書き&短冊だらけでしたが、あのHPに載っているほどではなかったです (^^;;)。今回のこの落書きも、筆の線が細かったり、トロツキー文字を完全には真似し切れていなかったりと、ちょっと遠慮がちな雰囲気がなくもないような (笑)。
 当時私はせいぜい幼稚園に入るか入らないかという年齢だったため、そこまでスピードを落としたかどうかは覚えていないのですが、とにかくニュースをつければ「遵法闘争でダイヤに乱れ」という話題をやっていたのを思い出しました。いや〜〜やはり労使協調、さらには会社側のにらみが圧倒的に強い今では考えられないことです、はい (^^; 

http://wind.ap.teacup.com/ottotto/
投稿者:のそ
ごぶさたしております。いつも楽しく拝見しています。ひさしぶりにコメントさせていただきます。
水色に塗り替えただけでびっくりなのに、まさかこうなるとは・・・。いったいどんな映画なのでしょうね。
私は子供の頃、総武緩行線でこんな電車を見ました。短冊状のビラを大量に貼った姿もありましたね。
順法闘争で、時速30キロくらいの超ノロノロ運転のため、普段の倍近く時間がかかったこともありました。今では考えられない、すごい時代でしたね。
投稿者:デハボ1000
どひゃー。模型でこの手のことをなさる方はいらっしゃいますが。冗談だとしてもきつすぎる。
というか映画撮影なんでしょうか。ないしは「野外モニュメント」としての一種なのでしょうか。


http://dehabo1000.cocolog-nifty.com/
投稿者:おっとっと
>ちょうのさま
 こんばんは、コメントどうもありがとうございます〜!
 ええ……全くもって奇想天外なことに、これらの画像は全て今から38時間半前に撮影されたものです!
 確かにむかし幼い頃、根岸線を行く電車や機関車で目撃し、今でも千葉○労のHPなどでも目にすることが出来る過激なアジ表現……一応ケチをつけたくなる部分もありましたが、ナマで見るともの凄い存在感がありました。凄惨な雨に濡れてなおさら……(爆)。
 そして何と……これらの車両はTX開業によって運用を離脱して廃車・保留車扱いとなった車両ではなく、ドアチャイム取り付け・ワンマン化を施した現役の車両です! もっとも、出番は少なくなっているらしく、さらには撮影用に水色化された4両のうちの1両・キハ3518は運転台の窓が撮影で割られていましたので (-o-)、果たしてきちんと営業用として再整備されるかどうか……少し心配しています。

http://wind.ap.teacup.com/ottotto/
投稿者:ちょうの
 こんばんは。
 いきなりですが、「この写真って、もちろん現代のものですよね?」と、質問したくなってしまうほど、もの凄く強烈かつ衝撃的な写真でした。
 関東鉄道の事は詳しくないので分からないのですが、この車両は現役なのでしょうか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ