イベントスケジュール  X日の丸・君が代関連ニュース
 【10月の裁判日程】
  ◇ 10月 3日(水)河原井・根津09事件控訴審第1回(11:30〜東京高裁809)
  ◇ 10月11日(木)五輪教材裁判第4回口頭弁論(14:00〜東京地裁526)
  ◇ 10月24日(水)メール冤罪再処分取消裁判控訴審・判決(13:30〜東京高裁817)

 【10月の集会日程】
 ●10月 2日(火)東京「君が代」裁判第四次訴訟・第1回最高裁要請行動
   15:45集合 最高裁西門前(地下鉄永田町駅、半蔵門駅徒歩7分)
 ●10月13日(土)被処分者の会総会・原告団総会
   18:30 ボランティアセンター会議室AB(飯田橋駅セントラルプラザ)
 ●10月21日(日)学校に自由と人権を!10.21集会
   13:30 日比谷図書文化館(地下鉄霞ヶ関・日比谷・内幸町)
 ●10月22日(月)都教委包囲ネット・要請行動
   15:00 都庁第一庁舎前路上(新宿駅西口) 16:00 要請行動
 ●10月29日(月)都教委請願行動(10.21集会実行委員会)
   16:00 都庁第1庁舎25階112会議室(15分前1庁1Fロビー集合)

2018/10/23

アベを倒そう!(443)<大阪の「学力テスト」問題・拡散希望>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 先日、『崩壊するアメリカの公教育ー日本への警告』という本の紹介をしましたが、その中ではアメリカで「学力テスト」がいかに教育を蝕むかが書かれていました。
 また、「学力テスト」に対する反対運動が、生徒、保護者、教師を含め大きな規模で起こっていることも述べられていました。

 私はこの本を大阪で「学力テスト」を教員や学校の評価に結びつけ、給与などにも反映しようとしていることに反対している仲間から紹介されたのでしたが、▲ 今大阪では、大きな反対運動が起きつつあります。
 以下に、大阪からのメールを紹介します。
 なお、メール中「紙ベースの署名は添付します。」と書いてありますが、このメールでは添付できませんので、直接お尋ねください。

続きを読む

2018/10/23

子どもをテストで追いつめるな!  ]Vこども危機
  《Change.org》
 ◆ 吉村市長・大阪市教委は学力テストの点数を
   教員給与・学校予算に反映させないでください!

発信者:子どもをテストで追いつめるな!12.22大阪集会実行委員会


 宛先:大阪市議会議長、1人の別の宛先

 9月14日、大阪市総合教育会議で吉村市長は、大森不二雄特別顧問に大阪市で行っている学力テスト結果を教員・校長の人事評価、ボーナス、さらには学校予算にまで反映させる新「提案」をさせました。大阪市教育委員会は、それを基にして制度設計を始めています。
 大阪市では、小3〜小6まで「大阪市経年テスト」、中1〜中3まで「大阪府チャレンジテスト」、中3は「大阪市統一テスト」を実施しています。

続きを読む

2018/10/23

NCC教育部 柴山文科相の「教育勅語」発言に抗議  ]Vこども危機
 日本キリスト教協議会(NCC)教育部は、柴山昌彦大臣が10月2日の就任記者会見の場で語った「『教育勅語』は現代的にアレンジした形で今の道徳などに使えると言う意味で普遍性を持っている部分があり、検討に値する」との発言は「看過できない。文部科学大臣の発言として大変不適切で、到底容認することはできない」として、これに抗議する文書を、10月5日に同大臣に提出した。全文は以下の通り。

文部科学大臣 柴山昌彦 様
2018年10月5日
日本キリスト教協議会(NCC)教育部
理事長 石田 学 
総主事 比企 敦子

◎ 文部科学大臣の「教育勅語」をめぐる発言に抗議します。

 10月2日、柴山昌彦大臣が就任記者会見の場で語った「『教育勅語』は現代的にアレンジした形で今の道徳などに使えると言う意味で普遍性を持っている部分があり、検討に値する。」との発言は看過できません。文部科学大臣の発言として大変不適切で、到底容認することはできません。

続きを読む

2018/10/23

内閣府「明治150年記念式典」はまるで内輪のいじましい“昼休み時間の25分集会”  ]平和
 ◆ <報告>「明治150年記念式典」は、
         23日12時20分からとようやく判明!

   皆さま     高嶋伸欣です


 「明治150年式典」23日の12時20分からという情報を、ある報道関係の方から得ました。
 内閣府が報道関係者への説明をした時のA4版1枚きりの概要項目列記のもので、記者の手書き部分があってそのままでは公表できません。
 印字されている部分だけ以下に転記します。
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
◆ 明治150年記念式典について

 1.趣旨
   平成30年10月23日に明治改元から満150年を迎えることを記念し、明治以降の我が国の歩みを振り返り、これからの未来を切り拓く契機とするため、下記により、明治150年記念式典を挙行いたします。

2018/10/22

アベを倒そう!(442)<10・19国会議員会館前行動>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 昨日東京で、▲ 「安倍9条改憲NO!辺野古新基地建設は断念を!10・19国会議員会館前行動」が開かれ、議員会館前歩道がぎっしりになる2,900人が結集しました。

 最初のコールでは、「改憲発議必ず止めよう!」「自衛隊明記絶対反対!」などのコールの後、
 「沖縄県知事選勝利したぞー!」「民意を尊重しろー!」「ジュゴンを守れー!」「オスプレイ飛ばすなー!」「那覇市長選勝利!」のコールが続き、
 その後、モリトモ・カケ問題、原発再稼働問題のコール。
 次いで、「北東アジアに対話で平和を!」、「安倍政権は邪魔するな!」「戦争法は必ず廃止!」「戦争できる法律いらない!」「みんなの力で政治を変えよう!」「市民と野党は連帯するぞ!」と続きました。

 最初に、野党からの挨拶がありました。

続きを読む

2018/10/22

宗教・文化の新聞『中外日報』の「教育勅語」に関する社説  ]Vこども危機
 ◆ 「教育勅語」発言 憲法20条2項の意義を学べ (中外日報【社説】)

 日本国憲法第20条は「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する」と規定している。これは取りあえず、どのような宗教も信仰する自由があることと理解できる。そして「特定の信念体系を信じる自由を妨げられないこと」こそ主たる内容だと受け止められることが多い。そこには「特定の信念体系」とは、キリスト教、仏教、新宗教などの諸宗教集団が担うものだという前提がある。

 だが、日本国憲法第20条には、第2項「何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない」とも記されている。明治維新以後、第2次世界大戦の敗戦に至る時期の日本で起こったことに照らし合わせると、この第2項の意義が大きいことを忘れてはならない。

続きを読む

2018/10/22

行政文書で元号を使うのは生産性を低下させる「非関税障壁」?  ]平和
  《尾形修一の紫陽花(あじさい)通信から》
 ◆ 歴史のものさしとしての西暦ー元号を考えるA


 元号を日本の歴史の中で考える前に、「歴史のものさし」をどう考えるかの問題を見ておきたい。多くの人にとって書くまでもないことかと思うけど、案外歴史として考えていない人もいると思う。
 僕はある時点から授業の最初の時間に、「成績評価の方法」「授業の進め方」などとともに「歴史のものさし」について触れるようにしてきた。「西暦」「元号」をちゃんと読めない生徒だっているのだから、最初に言っておかないとまずいと思うようになったのである。

 「西暦」は「西洋暦」のことだが、もともとはキリスト教世界であるヨーロッパでできた「キリスト紀元」である。もっとも歴史学の立場では、イエスの誕生は紀元前4年だろうと考えられている。(なお、イエスを救世主(キリスト)と信じる宗教がキリスト教なので、授業ではイエスとしか言わない。)

続きを読む

2018/10/21

包囲ネットの都教委要請  Y暴走する都教委
 ☆ 10.22都教委抗議要請行動に集まろう!
10.23通達撤回!
若者を戦場に送るな!
「特別の教科・道徳」反対!
国威発揚の「オリンピック・パラリンピック教育」反対!
ボランティアの強要反対!
教育の軍事化を許さない!
憲法改悪反対!
自衛隊と教育委員会・学校との連携をやめよ!
日米軍事同盟反対! 共謀罪廃止!
天皇制強化の代替わり反対!
 ☆ 2018年10月22日(月)15時30分〜
   15時30分〜15時50分:都庁第一庁舎前集合で抗議行動
   16時〜17時:都教委要請行動
   17時〜:報告会


 主催:都教委の暴走を止めよう!都教委包囲首都圏ネット
http://houinet.blogspot.jp/

続きを読む

2018/10/21

都立高校の二極化現象 前代未聞の都立高校「定員割れ」 構造的な必然  Y暴走する都教委
 ◆ 「名門日比谷高校の大復活」!?
   それでも都立高が“定員割れ”する深刻な事情
(文春オンライン)


 都立高校がアンビバレントなことになっている。日比谷高校が約50年ぶりに東大合格ランキングトップ10に返り咲き、「都立復権」などと言われる一方で、2018年春の入試では多数の都立高校で定員割れが生じ、急遽第3次募集を受け付けたにもかかわらず、全日制31校433人の募集人員に対し、応募人数は26人にしかならなかった。都立高校の二極化現象である。なぜか。
 【表】難関4国立大の合格率一覧。日比谷高でも開成や麻布には及ばず、海城とほぼ互角だ

 ◆ 「都立復権」は日比谷、国立、西など一部だけ

 1990年代は都立高校の低迷期だった。そこで石原慎太郎都知事(当時)が「都立高校復権」を掲げ、

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ