イベントスケジュール  
 【8月・9月の裁判日程】
  ◇  8月24日(火)練馬区立小学校養護教諭分限免職撤回裁判(10:00〜東京地裁611)
  ◇  9月10日(火)五輪教材裁判2次訴訟(11:30〜東京地裁803)

 【8月・9月の集会日程】
 ●  9月17日(金)コンサート自由な風の歌15 再会−喜び倖せ
   18:00 杉並公会堂(荻窪駅北口)


・・・ 今年は偶数日隔日更新を目標に!(管理人RK)


2021/7/30

東京「君が代」第5次訴訟第1回口頭弁論原告側意見陳述A  X日の丸・君が代関連ニュース
  =東京「君が代」裁判・第五次訴訟第一回ロ頭弁論(2021年7月29日)=

◎ 陳 述 書
原告 田中聡史

 原告の一人で、東京都立久我山青光学園で教員をしている田中聡史です。私は、教員という仕事を通じて、差別のない社会を作りたい、誰もが平和に生きることのできる社会を作りたい、と願ってきました。
 そのような私にとって、2003年に発出された「10・23通達」に基づく校長からの職務命令は、耐えがたいものがありました。卒業式・入学式において、「日の丸」に向かって起立し、「君が代」を斉唱せよ、という職務命令です。
 「日の丸」や「君が代」は、かつての日本政府によるアジアに対する侵略戦争や植民地支配のシンボルです。「君が代」斉唱時に、「日の丸」に向かって起立し、それらに敬意を表すという所作は、私にとっては、平和に生きる権利を否定し民族差別を肯定する行為なのです。

 そんな中で、私も原告となった「国歌斉唱義務不存在確認等請求訴訟」では、2006年9月の東京地裁判決が、「起立斉唱の職務命令は違憲・違法である。」と判示しました。

続きを読む

2021/7/30

東京「君が代」第5次訴訟第1回口頭弁論原告側意見陳述@  X日の丸・君が代関連ニュース
  =東京「君が代」裁判・第五次訴訟第一回ロ頭弁論(2021年7月29日)=

 ◎ 陳 述 書
原告 川村佐和

 私は「10・23通達」による職務命令に違反したということで、今まで3回処分され、東京「君が代」裁判一次訴訟、四次訴訟、五次訴訟の原告となりました。
 「10・23通達」が発出された時の目の前が真っ暗になるような絶望感を今でもはっきり覚えています。私が起立できなかったのは、思想信条にかかわることについて、従わなければ処分するという強制が教育現場で行われることは絶対に許されないと思うからです。

 この五次訴訟で取り消しを求めている処分は、2016年3月の卒業式の国歌斉唱時に起立できなかったことに対するものです。2016年3月の卒業式は私が担任をしている学年の卒業式でした。
 私は2004年4月の入学式の不起立で処分されてからずっと希望しても担任にしてもらえませんでした。このまま定年まで担任にはなれないかもしれないとあきらめかけていた2013年、担任に決まった時のうれしさは忘れることができません。

続きを読む

2021/7/30

練馬区立小学校養護教諭分限免職取消訴訟第12回口頭弁論傍聴案内  Y暴走する都教委
クリックすると元のサイズで表示します

 次回の日程:8月24日火曜日 10時
         611法廷


 裁判の現状:指導力不足教員研修が養護教諭なのに水道橋の研修センターで授業の指導案ばかり作らせて、授業をさせ評価をすることはおかしいことだと伝えています。
 養護教諭の仕事がどのように規定されているか専門書などで確認をしています。

 裁判の準備としては練馬区立N小学校(指導力不足研修を受けて分限免職になった学校)以前の全ての勤務した学校で保健室にくる児童や生徒とどのように仕事として接してきたかを整理して裁判所に提出する予定です。

 分限免職処分を受け、今年の7月14日で3年経ちました。



続きを読む

2021/7/30

根津公子の都教委傍聴記(2021.7.27)  Y暴走する都教委
 ◆ 中学校歴史教科書 全員一致により「採択替えは行わない」 (レイバーネット日本)

 メインの議題は中学校歴史教科書の再採択をするかどうかだったが、結果は表題の通り。ほっとした。
 小中学校の教科書は原則として4年間同一の教科書を採択することになっているが、2019年の教科書検定で不合格となった自由社が指摘された箇所を修正して、4年後の検定を待たずに2020年に再申請し、合格。4年後を待たなかった、ここが問題の発端だ。

 一方、このことを合法化するかのように、あるいは見越していたかのように文科省は教科書使用期間中の再採択を2015年の関連法施行規則の改正で可能にしていた。そして、自由社の合格を受けて、文科省都道府県教委などに「採択替えを行うことも可能」とする通知を発出した。自作自演、としか言いようがない。
 通知を受け、横浜市教委は「公平性」の観点から改めて採決を行うと公表した。

 横浜市教委は都教委と同じく、先の日本の侵略を「アジアを欧米から開放した大東亜戦争」だと歴史を改ざんした「新しい歴史教科書をつくる会」系の自由社版、育鵬社版(両社は扶桑社だったが、内紛で別会社を立ち上げた)を長いこと採択してきて、昨年度の採択で他社版に切り替えた。
 だから、都教委がどう動くのかがとても気になっていた。育鵬社版も歴史の改ざんがひどいが、自由社版はさらに上手だ。なぜこれが検定を通ってしまったのか、検定官はまともに検討したのかと疑りたくなる、そうした記述ばかり。

続きを読む

2021/7/30

ベルリン市ミッテ区「平和の少女像」に干渉した、外務省、津和野町・新宿区・東大阪市・名古屋市の首長達  \増田の部屋
皆様
 こんにちは。増田です。これはBCC送信しています。重複ご容赦を!

 情報開示請求を利用し、一般人でできる限り調べて、まとめたレポートです。本当は、こういうのはプロのジャーナリストの方にやってほしかったんですけど…
 ※『開示情報から見る「ミッテ区少女像」問題』
 外務省の最後の情報開示が7月16日にあり、開示された情報(ウヨク大日本帝国ゾンビさんのメール等)は、ほぼ、コピペ貼り付けしましたので、A4で167頁になってしまいました。
 せっかくですから、この情報、多くの人に知ってほしいんですけど…

◆ ベルリン・ミッテ区少女像に関する日本政府(外務省)・津和野町長(議長)
・新宿区長・東大阪市長・名古屋市長らの書簡について、情報公開資料等を基に考える

クリックすると元のサイズで表示します

 ◆ はじめに

 昨年9月28日、ドイツの首都ベルリン市のミッテ区「平和の少女像」(「日本軍『慰安婦』少女像」)の除幕式が行われた。

続きを読む
タグ: 増田都子

2021/7/30

セカンドレイプの町草津のその後を、日刊ゲンダイが取材レポート  ]平和
 ◆ 性被害告発でリコール失職
   海外メディアも注目した前草津町議のその後
(日刊ゲンダイ)


 昨年12月、国内外のメディアに大きく取り上げられた群馬県草津町の町議会議員解職請求(リコール)住民投票。
 結果は賛成多数で、対象となった新井祥子議員(当時)は失職した。あれから7
カ月余り。新井さんは、今どうしているのか?

  =あの人は今こうしている=
 ◆ 前草津町議会議員 新井祥子さん52歳


 「私は逃げも隠れもしません。今も草津町に住んでいますし、これからも住み続けていくつもりです。大好きな町をもっと良くしていきたいですからね」
 新井さんと会ったのは、草津町の中心部から少し離れたカフェ。
 新井さんを支援する中沢康治草津町議も同席したが、やはり、本音で話すには、誰が聞いているかわからない街中というれけにはいかないようだ。

続きを読む

2021/7/30

第11回「日の丸・君が代」問題等 全国学習・交流集会 報告資料〔大阪E〕  X日の丸・君が代関連ニュース
  第11回『日の丸・君が代』問題等全国学習・交流集会にお集まりのみなさまへ
 ◆ 「君が代」条例から10年、いま、大阪の公教育は?


 大阪では、この10年、維新の首長らが政治的に「教育」を利用してきた。そのため学校現場は閉塞感に満ち、問題意識を持った教員が一部いるものの、全体としては上意下達の構図にすっぽり収まっているかの観があった。
 ところが、そういう状況のなか、本年5月、現職の大阪市立小学校校長が名前を明らかにしたうえで松井市長に提言を出した。これは大きな話題となり、いま、校長は様々な場で、大阪の教育について語られている。
 私たちもそれを受け止め、大阪の教育の再生を目指したい。それが学校への「君が代」強制の不当性を多くの人々に訴えることにも繋がると考えている。
2021.7.18
大阪グループZAZA 志 水 博 子

 〈新自由主義的教育改革――安倍と維新による公教育の崩壊〉

続きを読む

2021/7/30

第11回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会報告資料〔大阪D〕  X日の丸・君が代関連ニュース
  =2021年7・18集会=
 ◆ 「君が代」強制と命の軽視
奥野泰孝(大阪府支援学校・再任用教員)

クリックすると元のサイズで表示します

 「君が代」強制は、天皇制を国体とした時代と変わっていないことを示しています。権力に従うことを「わきまえない」人をあぶり出し、処分し、「従順な臣民」教育を推し進めようとしているのでしょう。日本国憲法の「主権在民(国民主権)」「基本的人権」は空しくなっています。
 国家権力が、私から「自由」や「権利」を奪おうとするから闘うのですが、それは、憲法を尊重し擁護する公務員の義務でもあります(憲法99条)。また、そういう生き方をすることが教育公務員の立場であるとも思います。子どもに対する教員としての責任の果たし方だと思うのです。

 ◆ 強制に反対する行為

 2001年2月、大阪府立高校の卒業式で「君が代」のテープが流れだした時、正面のマイクの前に立ち、このように呼びかけました

続きを読む

2021/7/28

明けない夜はない(65)<「打ちてし止まん」の五輪強行反対行動(その17)  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 7月23日、新型コロナ感染による4回目の「緊急事態宣言」(7月12日〜8月22日)下で、多数の反対世論を押し切って▲ 東京五輪は開幕された。

 しかし、コロナ感染は「第五波」に入り、昨日(7月26日)、東京都の感染者は1429人で、月曜日としては最多、前週の727人のほぼ倍となった。
 選手・関係者の感染も毎日増えており累計で148人となっている。
 全国各地でも増加しており、北海道は「まん延防止等重点措置」の適用を改めて国に要請した。
 オリンピックは8月8日までだが、すでに「医療崩壊」が起きる可能性は高まっている。
 その後、パラリンピック8月24日から9月5日まで予定されている。
 このままでは「夢半ば」で「悪夢」の東京五輪期間になるのではないか。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ