イベントスケジュール  X日の丸・君が代関連ニュース
 【6月以降の裁判日程】
  ◇  6月18日(木)条件附採用教員免職処分取消請求事件(13:15〜東京地裁527) ※マスク着用必須

 【6月以降の集会日程】
 ● 6月30日(火)「日の丸・君が代」強制反対・再雇用2次訴訟を語りつぐ会
   午後 飯田橋ボランティアセンター(JR・地下鉄飯田橋)
 ●  7月24日(金・祝)第10回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会in大阪
   10:00〜16:30 エル大阪南館5Fホール(京阪・地下鉄天満橋駅3分)
 ● 10月25日(日)学校に自由と人権を!10・25集会
   13:40〜 日比谷図書文化館地下大ホール(地下鉄霞ヶ関・日比谷・内幸町)

☆ 「高校生にも分かる『教育勅語』のトリビア」はこちらから ☆

2020/7/3

教科書展示会で中学校歴史・公民・道徳の教科書を閲覧したレポート  ]Vこども危機
 ◆ 今回もやはり問題がある育鵬社、自由社の中学教科書 (多面体F)
クリックすると元のサイズで表示します
天孫降臨神話フル登場の育鵬社・歴史教科書

 今年は、中学校教科書採択の年なので、全国各地で教科書展示会が開催された。わたくしも近所の教科書センターに、見本をみに行った。
 毎回似たような感想になるが、育鵬社の歴史教科書は、神話、天皇、戦争の加害責任などが他社の普通の教科書と比較し今回もやはり問題がある。今回自由社が検定不合格になったことは喜ばしい(もっとも検定制度の問題を考えると、不合格による採択不可は問題ではあるが)。
 公民では、育鵬社・自由社の平和主義、国民主権、憲法改正、天皇制についての記述に問題がある。またここには書いていないが、立憲主義について、育鵬社・自由社の教科書は「憲法は権力の濫用を防ぐもの」という視点が弱すぎる。

続きを読む

2020/7/3

特別支援学校、大田区、江東区に続き、練馬区の小学校でも教諭がコロナ感染  ]Vこども危機
  《The Interschool Journal から》
 ◆ 練馬区でも区立小学校教諭1人の感染確認
   平松けんじ


 練馬区教育委員会は、1日、区立小学校の30代男性教諭が新型コロナウイルス感染症に感染していると発表した。
 区の発表によると、教諭は先月26日まで学校に出勤していて、翌27日に発熱したため、29日にPCR検査をしたところ、陽性が確認されたという。

 区教委は当該小学校を7月6日まで臨時休校とすることを決め、校内の消毒を実施した。また、感染が確認された教員の濃厚接触者は10日まで自宅待機とし、PCR検査を行うという。

続きを読む

2020/7/3

6・28「コロナ危機と卒入学式」集会(大阪)まとめとこれからの課題  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ コロナ危機(クライシス)と卒・入学式
   ひとつの総括視点
(グループZAZA)
大阪ネット代表 黒田伊彦

 1 情報統制 思考停止 指示待ちのファシズムの萌芽状況−グローバル化とナショナリズム

 ヒト・モノ・金が国境を越えて往来するグローバル化の中で、世界的に蔓延した新型コロナウィルスの感染の対応に、国家権力の専断的強化が策されてきた。安倍政権下では
 @情報統制管理のため、個人は思考停止、判断停止が余儀なくさせられ、上(公権力)からの指示待ち状況が生まれた。
 A三密回避や営業や経済活動の自粛要請に従わない者へ「自粛警察」と自称する国家的権威を背にして、投石や暴力的抑圧を加えるかつての関東大震災時の自警団的行為が横行した。

 これらの状況を憲法に緊急事態条項を加え、政府に立法権を与え、移動や集会、言論の自由を制限し、人権抑圧を合法化する憲法改正の突破口にしようとする策動も行われてきた。

続きを読む

2020/7/3

いま、日本の教育は構造的に危機的状況にある「データとファクトに基づく日本の教育状況」  ]Vこども危機
 ◆ 「世界一教育にカネをかけない国」日本が生み出した
   “教師のブラック労働化”
(PHP Online 衆知)
クリックすると元のサイズで表示します
 日本の教育水準を支える学校に異変が起きており、日本の教育現場は危機的だという。教育評論家の妹尾昌俊氏は教師の労働環境が極めて厳しい環境にある現実を指摘する。
 《いま、日本の教師は危機的状況にある。年間5000人が精神疾患休職となる「死と隣り合わせの現場」で働き、その過酷な労働環境が「学ばない教師」「信頼されない教師」を生み出している。しかもその背景には、日本の教育の「構造的な大問題」がある、と全国の学校現場を渡り歩く教育研究家の妹尾昌俊氏は指摘する。

 そこで今回は、そんな妹尾氏の著書『教師崩壊 先生の数が足りない、質も危ない』から、「データとファクトに基づく日本の教育状況」について一部抜粋・編集の上、紹介する》

続きを読む

2020/7/3

オンライン講座で大学非常勤講師の金銭的な負担や労働時間が無限に増加  ]U格差社会
  《労働情報−特集:各労組のコロナ現場報告:非常勤講師》
 ◆ オンライン講習で負担増
   今のところ賃金減はなし

松村比奈子(首都圏大学非常勤講師組合・副委員長)

 首都圏大学非常勤講師組合では、幸運なことに、今のところ深刻な相談はありません。従って団交も行っていません。
 当組合では、組合員の無期転換権の行使について、労働契約法の改正直後から積極的な活動を進めてきました。
 委託契約を主張する大学に対しては団交を要求し、労働契約であることを認めさせてきましたし、5年上限も阻止し、無期転換の実現に腐心してきました。
 そのため、コロナ感染事情を理由とした雇い止めの相談はありません。
 ただし、留学生に対応する日本語講師の一部は、留学生が激減し講義が閉講されたことで減給が心配されています。

続きを読む

2020/7/3

岡村「買春容認発言」、NHKに一言、言いませんか  \増田の部屋
 ◆ 買春容認社会に怒ろう! 7/18(土)13時、渋谷ハチ公前に!
クリックすると元のサイズで表示します

 皆様 こんにちは。増田です。これはBCCでお知らせしています。重複・長文、ご容赦を!
 以下「岡村発言から買春社会を考える会」からの呼びかけです。ご都合のつく方には、ぜひ、ご参加を!

 公共放送NHKは、岡村隆史さんを教養番組「チコちゃんに叱られる!」に今も出し続けている。
 それはおかしい。
 岡村さんは、ラジオ番組で、「コロナが収束したら絶対面白いことあるんですよ。美人さんがお嬢やります」と言った。
 彼は、コロナ禍で今は我慢しなければならないけど、働き口がなくなった女たちは性産業に流れる、これはチャンスだ、と買春をすすめたのだ。

続きを読む
タグ: 増田都子

2020/7/1

こんなにダメな小池都政〜都民生活無視、都民の要求に逆行  ]平和
 ◆ 小池都政 都民より財界優先!
   スタンドプレーの連続
(週刊新社会)
クリックすると元のサイズで表示します

 ◆ 「やってる感」で事前運動
 小池百合子東京都知事は安倍首相同様、東京オリンピック・パラリンピック(オリ・パラ)開催を最優先し、新型コロナウイルス対策は後手に回った。
 しかし、オリ・パラの延期が決まると、都知事選をにらみコロナ対策にまい進し始めた。政府の対策の遅れを批判して、第一次補正予算に「テレビ・ラジオ・新聞広告等による都政公報」に4億円を計上した。小池都知事自身が、連日テレビで「三密を避けよう、ステイホームを」と訴えた。
 緊急事態宣言解除後は、休業要請の解除行程を三段階で示す「ロードマップ」や新規感染増への危険シグナル「東京アラート」を提起し、毎日会見を行つている。「やってる感」の演出は、事実上の都知事選の事前運動そのものである。
 しかし、小池都政の4年閻は、話題の派手さとは裏腹に、財界に擦り寄り、都民生活軽視の4年間であった。

続きを読む

2020/7/1

根津公子の都教委傍聴記(2020年6月25日)  Y暴走する都教委
 ◆ 採択資料にしてほしくない!「調査研究資料」 (レイバーネット日本)

 3月から自己都合で定例会の傍聴を休止していて、久しぶりに傍聴をしました。議題は来年度2校が開校することに伴う設置条例の一部を改正することについてと、来年度から使用する都立中学校教科書採択(7月後半の定例会)に向け、都教科用図書選定審議会の答申を踏まえて都教委が出した「教科書調査研究資料」(以下、「調査研究資料」)の報告でした。

 毎回そうだが、配られた「調査研究資料」は500ページ以上。審議会答申は、「都教委の基本方針等を踏まえ」て全教科書について、
   「我が国の位置と領土をめぐる問題の扱い」
   「国旗・国歌の扱い」
   「神話伝承を知り、日本の文化や伝統に関心を持たせる資料」
   「北朝鮮による拉致問題の扱い」

続きを読む

2020/7/1

中学校新教科書見本本をどう読むか〜児童生徒の知的好奇心・刺激触発に向けて  ]Vこども危機
 ◆ 歴史・猿人の「直立二足歩行」記述から教科書観を読みとる
   −指導要領も強調している「思考力」「判断力」の育成と教科書の太字表記の矛盾―
教科書・市民フォーラム 高嶋伸欣

 4月29日に予定していた「第14回 今、なぜ?『昭和の日』」集会が、やむを得ず中止となりました。予定ではメインの「お話し」のあとで約30分、私(高嶋)が最新の教育・教科書問題などについて話題提起をさせていただくことになっていました。今回はそこで提起したいと思っていた事柄について、集会中止の埋め合わせの意味を込めて書くことにしました。少し長めです。

 <猿人の「直立二足歩行」記述を比較する>

 学習指導要領の全面改定に合わせた新中学校用教科書の2019年度検定が2020年3月末に終わり、いよいよそれらの採択の時期になりました。しかし新型コロナウィルス対策で見本本の展示会開催も前例通りにはならないようです。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ