イベントスケジュール  X日の丸・君が代関連ニュース
 【11月の裁判日程】
  ◇ 11月11日(月)河原井・根津09事件控訴審第2回(15:00〜東京高裁809)

 【11月の集会日程】
 ● 11月 4日(月)包囲ネット・討論集会「天皇代替わりと学校教育」
   13:30 日比谷図書文化館・4Fスタジオプラス(日比谷公園内)
 ● 11月 8日(金)国際人権入門講座第6回(国際人権条約から見た朝鮮学校問題)
   18:30 青山学院大学・総研ビル8階・第10会議室(渋谷宮益坂口10分)
 ●11月30日(土)東京・教育の自由裁判をすすめる会総会、講演:木下ちかや氏
   13:30 渋谷勤労福祉会館(予定)(渋谷駅公園通り方面7分)




2019/11/13

河原井・根津裁判09年事件控訴審原告陳述書(2)  X日の丸・君が代関連ニュース
 東京高等裁判所第9民事部B1係御中
 2019年11月11日
◎ 陳 述 書 (要旨)

控訴人 河原井純子
クリックすると元のサイズで表示します
 わたしたちは10年以上もの長い年月、@思想・良心の自由、A教育の自由、B裁量権の濫用の3本柱の構成で裁判を進めてきました。
 @思想・良心の自由とA教育の自由は、どんなに真摯に粘り強く挑んでも門前払いで、裁判所の厚い、厚い門をなかなかこじ開けることができませんでした。
 しかし、私の「停職1ヶ月処分」と「停職3ヶ月処分」の国家賠償法上の損害賠償請求は認容され、それらの判決文の中で初めて「思想・良心の自由」「教育の自由」に触れられて判示されました。
 全国規模で安堵し、今後に一筋の光を確認することができました。この喜びは生涯、私の中で息づいていくことと思います。

続きを読む

2019/11/13

河原井・根津裁判09年事件控訴審原告陳述書(1)  X日の丸・君が代関連ニュース
 東京高等裁判所第9民事部B1係御中
2019年11月11日
◎ 陳 述 書 要 旨

控訴人 根津公子

 既に提出しました陳述書(甲619号証)の要旨を陳述します。
 2007年3月31日に停職6月処分を受けた時点で私は、次は免職と改めて覚悟をしました。2008年の卒業式を迎えるにあたっては、生徒たちと楽しく授業をし触れ合っていても、あと何日で免職ということが頭を占め、涙がこぼれてしまうことが度々ありました。睡眠もとれず、体重も激減しました。本件不起立でも、免職に対する恐怖は同じでした。まずはこのことを知っていだきたいと思います。

 原判決は、当時の私の思いを理解していませんし、事実を見ていません。そこで、その誤りについて陳述します。
 原判決の誤りの1点目です。
続きを読む

2019/11/13

安倍を倒そう!(551)<根津さん渾身の控訴審陳述(2019・11・11)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 一昨日(11月9日)、天皇即位を祝う「国民祭典」なるものが行われた。
 そこでは「天皇陛下万歳!」が15回も三唱されたという。
 そうした中で昨日▲ 厳戒態勢下で「パレード」が行われ、マスコミはこぞって天皇賛美に終始した。
 大きな大衆運動(1970年前後)がなくなって久しいが、政治がよくわからない子ども・若者・大人たちは、「日の丸」を振ったりスマホ撮影に夢中になっていたようだ。
 しかしこれは、社会に疑問を感じないまま、自分たちが主権者であることを自ら放棄することだ。
 なぜなら、今行われている儀式などは、天皇を「陛下」に、主権者を「臣民」に、貶めるものなのだから。
 そして「厳戒態勢」はそのために行われているのだから。

続きを読む

2019/11/13

英語民間試験導入を推進したのは、有識者会議(文科省)・産業競争力会議(官邸)メンバー楽天の三木谷社長  ]Vこども危機
 ◆ 落胆の三木谷氏。ゴリ押し英語民間試験
   「身の丈」発言への恨み節
(『MAG2 NEWS』)
by 新恭(あらたきょう)『国家権力&メディア一刀両断』

 萩生田文科相のいわゆる「身の丈」発言もその一因となり、「2020年度からの実施」より一転、導入見送りとなった大学入試への英語民間試験の活用。そもそもなぜ、そして誰が、公平性の担保が困難な新制度を押し通そうとしたのでしょうか。今回のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』では元全国紙社会部記者の新 恭さんが、民間試験導入決定に三木谷楽天社長が果たした役割を記すとともに、今回の「混迷」をもたらした元凶を暴いています。

 ◆ 旗振り役・三木谷楽天社長が落胆したであろう民間英語入試見送り
 三木谷浩史・楽天社長はどんな気分だろうか。まさか、あの安倍首相が、その忠臣、萩生田光一・文部科学大臣が、かくもたやすく、大学入試の英語試験改革から退却するとは思わなかったに違いない。

続きを読む

2019/11/13

IOCは、国旗ではない旭日旗の扱いについて、歴史から学ぶ必要があります  ]平和
  《英ガーディアン紙 意見記事》
 ◆ 旭日旗に染みついた人々の恐怖の歴史
   〜東京オリンピックでの使用を禁止せよ
(星の金貨 new)
アレクシス・ダッデン(米国コネチカット大学教授) / ガーディアン 2019年11月1日

クリックすると元のサイズで表示します

 2028年に開催予定のロサンゼルス・オリンピックの開会式で、人種差別を象徴する南北戦争当時のアメリカ南軍の旗を振るファンでいっぱいになったスタジアムを想像してみてください。
 同様に多くの人を傷つけるであろう光景が、来年夏に開催される東京オリンピックで現実になる可能性があります。

 日本の選手やファンが日常的に使用する日本の国旗は白地に赤い大きな丸を配した日章旗です。しかし旭日旗はそれとは異なるものです。16本の赤い光線を放つ旭日旗は、広告などで企業によって使用されることもありますが、厳密には軍旗です。

続きを読む

2019/11/13

世の中全体から総攻撃を受ける加害者家族を偏見から守る活動  ]平和
 ◆ 犯罪加害者家族支援 (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(かまたさとし・ルポライター)

 ずうっと気になっている記事がある。「犯罪加害者家族を支援するNPO法人」。本紙、先月二十六日。
 「あの人に迫る」の阿部恭子理事長インタビューは、ユニークだった。
 これまでの犯罪報道は猟奇性と犯人への憎悪をもっぱらとして、世間の処罰感情を拡大させた。
 被害者の感情と生活、厳罰を求める家族の声が伝えられるのは少なくなかったが、最近は検事席側に、被害者家族を座らせるようになった。
 有名事件であれば、あたかも観光地のように、容疑者の自宅に見物人がぞろぞろやってくる。
 「親の顔を見たい」「親の因果が子に報う」。一家は弁明の余地なく、雲散霧消。

続きを読む

2019/11/11

「主権者教育」推奨の建前とは裏腹な文科省の教科書検定基準や文科大臣発言  ]Vこども危機
  議員会館に教育勅語掲げた文科相が主導
 ◆ 教科書が政権の広報誌に
   主権者教育の危機
(紙の爆弾)
取材・文 永野厚男

クリックすると元のサイズで表示します
写真は萩生田光一文科相のHPより

 文部科学省が九月十七日、同省内で開催した主権者教育推進会議の有識者報告で、小玉重夫東京大学教授は、「論争的問題で争点のない社会は政治のない社会。複数の考え方、異なる価値観が世の中に存在していることは、全体主義にならないために必要」と明言した。
 だが文科省は特に安倍政権下で、主権者教育(政治教育)絡みの教科書検定等では政府見解や保守政党の政策の教化にひた走っている。

 ◆ 教科書に政治介入したうえ「正しい記述になった」

 九月十一日の文科省記者クラブでの大臣就任記者会見で、自民党の萩生田(はぎうだ)光一氏は

続きを読む

2019/11/11

安上がりの教育政策のつけが回っている(ブラック化、教員不足、未配置の連鎖・悪循環)  ]Vこども危機
  《教科書ネット21ニュースから》
 ◆ 「教員未配置」のサプライズ
   子どもの教育を受ける権利の侵害はなぜ・どうする

徳田暁夫(とくだあきお 全教千葉教職員組合特別執行委員)

 ◆ 子どもの学習権があぶない
 「産休や病休の代替の先生が来ない」「担任がいない」「○○の授業がずっと自習」
 本来配置されるべき教員が配置されず、こんな異常事態が全国的に日常化しています。
 これを「未配置」といい、子どもの学習権を侵害しかねない重大な問題になっています。

 朝日新聞の調査では、4月の始業日時点での全国の未配置は、表面に出ているだけで、1231件(東京都、神奈川県は不明)にも上ったことが報道されました。
 千葉県内の公立学校では毎月未配置があり、100件を超えることも珍しくありません。昨年度には県教委調査で最大174件にまで達しました。

続きを読む

2019/11/11

辺野古座り込み参加、後期高齢者奮闘記  ]平和
  たんぽぽ舎です。【TMM:No3779】
 ◆ 辺野古連続5日大行動(10/21〜10/25)に参加して
   辺野古の工事が止まった!安和桟橋で赤土輸送のトラックを阻止!

山田洋子(たんぽぽ舎ボランティア)

 10月21日の飛行機に乗り、夕刻の7時ごろ那覇に到着した。台風20号の影響を心配したが順調なフライトだった。
 夜に不慣れなレンタカーを運転することに多少の不安を抱きながらも、何とか辺野古の民宿「クッション」に辿り着くことができた。
 そこには見覚えのある顔が並んでいた。早速、私に代わってレンタカーを運転して貰えそうな人を探し始めた。
 何せ私は後期高齢者と呼ばれる年齢になり、何時アクセルとブレーキを踏み間違えるやら。人様を同乗させるわけにはいかないからだ。
 ドライバーはすぐに現れた。私にとっては初対面の方ではあったが、何度も辺野古に足を運ばれていた元教師の男性だった。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ