2015/11/29

処分撤回を求めて(375)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。
(転送・転載・拡散歓迎。重複はご容赦を。一部報道関係者にも送信)
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

 ◆ 懲りない都教委よ 恥を知れ!
   ― 高裁判決で都教委に更なる痛打を!


 戦争法の強行成立から2ヶ月を過ぎました。「『日の丸・君が代』強制は戦争への道」という私たちの訴えに「本当にその通りだ」という感想が多く寄せられています。10・23通達関連裁判で、合計58件・48名もの処分取消が確定していることも「初めて知った」という人も大勢いました。

 また、2012年12月以降、都教委は自らが係わる教育裁判で何と8連敗中です。都教委は、裁判所に「違法」とされても謝罪・反省をせず、再発防止策も講じないで「違法」を繰り返しています。


 都教委は、子どもたちの「規範意識の向上」を教育課題にしていますが、司法に「違法」とされた行為を繰り返す都教委に「規範」を語る資格はありません。恥を知れ!

 12月の2つの高裁判決、東京「君が代」裁判三次訴訟(12月4日)、再雇用拒否撤回二次訴訟(12月10日)、で都教委の控訴が棄却されれば、都教委10連敗となります。懲りない都教委を更に追い詰め、痛打を浴びせましょう!

 【資料】都教委、自らが係わる教育裁判で8連敗
◎2013年12月 再発防止研修未受講事件(福嶋さん・都立高校) 地裁で勝訴
○2014年10月 再任用更新拒否・損害賠償事件(杉浦さん・都立高校) 高裁で勝訴

○2014年12月 都立高校教員条件付き採用免職事件(Yさん) 高裁で勝訴。

△2015年 1月 東京「君が代」裁判三次訴訟地裁判決(原告50名) 一部勝訴(戒告処分は敗訴)。

○2015年 1月 都立高校教員免職事件執行停止申立事件(Oさん) 地裁、高裁勝訴

◎2015年 5月 再雇用拒否撤回二次訴訟(原告22名) 地裁勝訴。損害賠償命令。

◎2015年 5月 河原井さん根津さん停職処分取消訴訟 高裁で逆転勝訴。

◎2015年10月 岸田さん処分取消訴訟 地裁で勝訴。

○2015年10月 都立高校教員免職事件(Oさん)東京地裁で勝訴。免職処分取り消し。

<表の見方> ◎「君が代」訴訟(4件)
        ○「君が代」訴訟以外の都教委関連の訴訟(4件)
        △引き分け扱い(1件 連敗にカウントせず)
 ◆ 東京「君が代」裁判第三次訴訟(07〜09年処分取消等請求事件 原告50名)
 いよいよ来週12月4日(金)に東京高裁判決です。同訴訟の東京地裁判決(本年1月)は、最高裁判決を踏襲して、26名、31件の減給・停職処分を取り消しました。

 ところが都教委は、裁判で敗訴したにもかかわらず、違法な処分を行ったことを原告らに謝罪するどころか、本年年3月〜4月、東京地裁判決で減給処分が取り消された都立高校教員計9名に新たに戒告処分を科し再処分を行うという暴挙を強行しました(二次訴訟の再処分7名と合わせると合計16名)。

 都側は5名・8件の処分取り消しを不服として控訴し(21名23件の処分取消は確定)、原告らは戒告処分の取り消しと損害賠償を求めて控訴し、今回高裁判決を迎えます。

 東京高裁が一審地裁判決を維持すれば、都側の控訴が棄却され、東京都が敗訴することになります。しかし原告らは、それに加えて、戒告処分の取り消しと損害賠償を求めており、かつ憲法判断での前進をめざしています。判決の結果は四次訴訟をはじめ後続訴訟にも大きな影響を及ぼすことでしょう。

 是非多くの傍聴支援をお願いします。

 ★ 東京「君が代」裁判第三次訴訟・東京高裁判決
   12月4日(金)

   13時15分 原告・支援者 弁護士会館集合、裁判所へ行進
   13時40分(予定)傍聴整理券交付〆切・抽選
   14時    開廷
   東京高裁101号(大法廷 定員98名)
   報告集会:ハロー貸会議室虎ノ門3F(案内あり)

 *当日は混雑が予想されますので早めにお出で下さい。
 ●旗出しがありますので抽選に外れた人も裁判所前でお待ちください。

 ■上記判決を受けて、12月8日に都教委要請行動を行いますので参加してください。

 ★ 都教委要請(三次訴訟・高裁判決を受けて)
   12月8日(火)

    14時45分都庁第1庁舎1Fロビー集合
    15時〜第1庁舎25F113会議室
 (注意)第2庁舎ではなく、第1庁舎。終了後、原告中心に都議会各会派要請を行います。


 ◆ 再雇用拒否撤回を求める第2次訴訟(再雇用等採用拒否・損害賠償請求事件 原告22名)

 本年5月、東京地裁で、東京都に総額約5,370万円の損害賠償を命じる判決を勝ち取り、勝訴しました。東京都は判決を不服として控訴し(当方は控訴せず)、今回高裁判決を迎えることとなりました。

 この間、残念なことに、道半ばで3名の原告がお亡くなりになりましたが、原告団一同は、その遺志を引き継ぎ必ず勝利するまで頑張り抜きます。

 東京高裁では、1回の口頭弁論(10月)で結審し、新たな証拠調べを行わず判決期日が指定されたことから、一審地裁判決が維持されることを確信しています。

 皆さん、都合をつけて是非傍聴に来てください。

 ★ 再雇用拒否撤回第二次訴訟・東京高裁判決
   12月10日(木)

   12時50分原告・弁護団・支援者、弁護士会館から裁判所へ行進
   13時傍聴希望者集合(抽選なし・先着順)
   13時30分開廷
   東京高裁102号(予定)(大法廷定員98名)
   報告集会:第1オカモトヤビル(虎ノ門 案内あり)

 *当日は混雑が予想されますので早めにお出で下さい。
 ●旗出しがありますので入れなかった人も裁判所前でお待ちください。

 ■上記判決を受けて、12月15日に都教委要請行動を行いますので参加してください。。

 ★ 都教委要請(再雇用二次訴訟・高裁判決を受けて)
   12月15日(火)

  13時45分都庁第2庁舎1Fロビー集合
  14時〜第2庁舎10F205会議室
  (注意)第1庁舎ではなく、第2庁舎。終了後、原告中心に都議会各会派要請を行います。


 ◆12月は東京地裁へ 下記の裁判の傍聴もお願いします!

 ★ 東京「君が代」裁判第四次訴訟第8回口頭弁論
   (東京地裁民事11部。2010〜13年処分取消請求、原告14名)
 12月11日(金)
  15時30分 傍聴希望者集合(抽選なし・先着順 裁判所前で案内)
  16時 開廷
  東京地裁527号(定員42名)
  報告集会:527号隣の控室

 ★ 再雇用拒否撤回第三次訴訟・地裁結審
   (東京地裁民事19部。2011年再雇用拒否の損害賠償請求、原告3名)
 12月17日(木)
  10時傍聴希望者集合(傍聴抽選なし・先着順)
  10時30分開廷
  東京地裁527号(定員42名)
  報告集会:527号隣の控室


<東京地裁・高裁への行き方> 地下鉄霞ヶ関A1出口。徒歩1分。


「お知らせ」、通達関連裁判進行状況等随時更新。
各種判決文、声明文、行動予定、資料等入手可能。
************
「日の丸・君が代」不当処分撤回を求める被処分者の会
東京「君が代」裁判原告団
事務局長 近藤 徹
携帯:090−5327−8318
e-mail:qq947sh9@vanilla.ocn.ne.jp
事務所:〒160−0008 新宿区三栄町6 小椋ビル401号
被処分者の会HP↓(10月21日更新。下の青のアドレスをクリック・アクセス可)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~hishobunshanokai/
************


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ