2018/11/30

処分撤回を求めて(494)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。
(転送・転載・拡散歓迎。重複はご容赦を。一部報道関係者にも送信)
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

 ◆ 最高裁で都教委と正面対決〜2つの最高裁要請に参加を

 ◆ 最高裁で都教委と正面対決〜負けられない闘い
 既報の通り、7月19日の再雇用拒否撤回を求める第二次訴訟では、最高裁は、都教委の主張を認め、最高裁は原告らに損害賠償を命じ原告らがが勝訴した東京高裁判決を破棄し、逆転敗訴の不当判決を言い渡しました。これは憲法が定めた三権分立の原則を放棄し、行政に追随する判決でした。
 これに対し、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、北海道新聞等は社説で行政に追随した最高裁判決を厳しく批判しました。

 さて、卒業式・入学式などで「日の丸・君が代」を強制する東京都教育委員会通達(2003年10月23日付通達)によってこれまで延べ483名の教職員が懲戒処分を受けています。


 東京「君が代」裁判四次訴訟は、2010年〜13年に懲戒処分を科された原告14名(当時・控訴時13名)が処分の取消を求めた訴訟で、一審東京地裁は減給以上の全ての処分(6名・7件)を取り消し、原告らが一部勝訴しました(2017年9月15日)。

 原告らは戒告処分取り消しを求めて13名が控訴し、他方都側は、不起立4回目・5回目の減給処分を取り消された原告1名に対してのみ控訴しました。二審東京高裁は、原告・都側双方の控訴を棄却しました(2018年4月18日)。

 これに対し、一審原告13名は憲法判断での前進、戒告処分取消、損害賠償を求めて最高裁に上告、上告受理申立をし、他方都側は、減給処分(1名・2件)取り消しを不服として最高裁に上告受理申立をし、原告らと都教委が最高裁第一小法廷で正面対決の様相を呈しています。

 最高裁を巡る厳しい状況の中でも、憲法が保障する思想・良心の自由を守り抜き、学校に自由と人権を取り戻すため負けられない闘いです。大きなご支援をお願いします。

 最高裁要請は、私たちの思いを最高裁に伝える唯一の手段です。2つの最高裁要請行動に多くの皆さんの参加をお願いします。

・・・・・・四次訴訟原告 加藤良雄さんより・・・・・・
 ●12月の連続アクションで、最高裁の「忖度判決」にSTOPを!
 ▲私達4次原告13人は、戒告処分取消しと損害賠償を求めて上告&上告受理申立て
 ▲都教委は、4・5回目の不起立に対する減給処分取消しを不服とし、上告受理申立て
 私達と都教委は「がっぷり四つ」のまま、12月を迎えます。戒告処分容認の最高裁路線に何としても風穴を開け、同時に都教委の受理申立てを絶対に却下させなければなりません。
 この12月、今年最後のカウンターアクションを連続配置します。
 皆さんには、最高裁要請署名や要請行動参加などで、大きなご協力をいただき、本当にありがとうございます。最後までよろしくお願いします。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ◆ 2つの最高裁要請行動に参加しよう!

 ★ 四次訴訟・第3回最高裁要請行動
   12月4日(火)

   12時45分最高裁西門集合(行き方)永田町出口4・半蔵門出口1 徒歩5分
13時〜要請(30分間)
 *最高裁要請署名及び要請文提出、要請の発言(現職の定時制高校教員3名)などをします。
 *入館できる人数は17名と限りがあるので、参加者が多い場合は調整します。


 *今後も月1回のペースで要請行動を行いますのでご協力ください。
 ●最高裁要請署名(個人、団体)は引き続き集めます。署名用紙は、被処分者の会HPhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~hishobunshanokai/でダウンロードできます。


 ● 東京・教育の自由裁判をすすめる会共同代表9氏が11月17日、連名で別紙「最高裁判所は司法の良心と独立を示す判決をだし、『行政を忖度した』などと揶揄されることがないよう望みます」との声明文を出しました。
 そしてこの度、下記の要領で最高裁に対して要請を行うこととなりましたので、参加をお願いします。

 ★ 東京・教育の自由裁判をすすめる会・最高裁要請
   12月11日(火)

   10時45分最高裁西門集合(行き方)永田町出口4・半蔵門出口1 徒歩5分
   11時〜要請(30分間)
 *同会共同代表の小森陽一氏(東京大学大学院教授)、醍醐聰氏(東京大学名誉教授)、俵義文氏(子どもと教科書全国ネット21代表委員)らによる要請文の提出、発言が予定されています。
 *入館できる人数は17名と限りがあるので、参加者が多い場合は調整します。



■森友学園・加計学園疑惑徹底糾明! 
 安倍9条改憲NO!安倍内閣退陣!
************
「日の丸・君が代」不当処分撤回を求める被処分者の会
東京「君が代」裁判原告団
事務局長 近藤 徹
携帯:09053278318
事務所:飯田橋共同事務所
    〒102−0071 千代田区富士見1−7−8 第5日東ビル501号
被処分者の会HP↓(11月14日更新。下の青のアドレスをクリック・アクセス可)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~hishobunshanokai/
10・23通達・同実施指針、東京「君が代」裁判四次訴訟最高裁要請署名、10・
21集会アピールなど掲載。判決文など各種資料等入手可能。
***********



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ