2019/8/17

第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会資料から(28)市民・諸団体G終  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 「ひのきみ全国ネット」からの全国の皆さんへの連帯アピール
2019年7月21日
<許すな!『日の丸・君が代』強制、止めよう!安倍政権の改憲・教育破壊全国ネットワーク>(「ひのきみ全国ネット」)>代表世話人 小野政美

 ◆ 「日の丸・君が代」強制、不起立処分、不服従被処分者への「思想転向強制研修」を即刻中止せよ!

 私たちは、この間、東京都教委・大阪府教委・大阪市教委等が行った「君が代」不起立処分と「再発防止研修」・「意向確認」という名の「思想転向強制」に「ひのきみ全国ネット」として抗議・撤回を要請してきた。私たちは、不当処分に断固抗議するとともに、東京都教委・大阪府教委・大阪市教委等が行った憲法違反の卒業式「君が代」不起立処分を直ちに撤回することを求めた。
 私たちは、東京都教育委員会による「日の丸・君が代」強制、「日の丸・君が代」不起立処分、「日の丸・君が代」不服従被処分者への「転向強制研修」の3点をセットにした東京都教育委員会や


 大阪府教委による「意向確認」と言う名の「君が代」強制による権力的行為が、学校現場で、子どもたちや教職員の人間としての尊厳を奪い、日本国憲法が保障する「思想・信条・良心・教育の自由」を全面的に破壊していることに対し断固抗議し、東京都教委・大阪府教委・市教委等による「日の丸・君が代」強制、「日の丸・君が代」不起立処分、不服従被処分者への「思想転向強制研修」を即刻中止することを求め続けている。

 東京都教委・大阪府教委・大阪市教委等による「日の丸・君が代」強制、「意向確認」、「日の丸・君が代」不起立処分、そして、「日の丸・君が代」不服従被処分者への「転向強制研修」などの権力的行為が、学校現場で、子どもたちや教職員の人間としての尊厳を奪い、日本国憲法が保障する「思想・信条・良心・教育の自由」を全面的に破壊していることに対し断固抗議する。
 大阪府教育員会による「日の丸・君が代」強制、「意向確認」という名での「良心・思想の自由」蹂躙、「日の丸・君が代」不起立処分、「日の丸・君が代」不服従被処分者への「思想転向強制研修」を中止することを要請した。また、東京・大阪の裁判所で憲法違反の判決が続いていることも決して許さない。
 大阪・東京における「君が代」強制、不起立処分、「意向確認」、「思想転向研修」を許さず、被処分者・裁判当事者と連帯して全国各地で闘おう!


 ◆ 安倍改憲・海外派兵・教育の軍事化に抗する全国・各地のネットワークをさらに拡げよう!

 戦後初めて道徳が教科になり、道徳教科書を使用した道徳授業と子どもたちの「人格評価」・「愛国心評価」が2018年4月から全国の小学校で始まった。道徳授業が2018年4月から全国の小学校で行われ、子どもたちは「愛国心」・「国定徳育」を押しつけられ評価されている。中学校でも、教科書の採択が行われ、今年4月から中学校でも道徳授業が行われ、「愛国心」・「徳育」を押しつけ評価されている。
 小中高校だけでなく、保育園・幼稚園・大学でも「日の丸・君が代」を強制する。中学校「体育科・武道」で「銃剣道」を種目とし、「お国(天皇)のためにいのちを投げ出せ」という「教育勅語」を教材に出来る。学校は「子どもたちを戦場に送る場」になり、子どもたちは海外で殺し殺される戦場に向かう。
 東京都教委や大阪府教委が行っている「行政権力の命令・行為にひとりの不服従者も許さない」ことにより、「もの言わぬ教員」をつくり、国家への不服従を強制する。東京都や大阪府市の教育委員会の行っていることは、安倍政権による集団的自衛権行使容認と安保法制施行、9条改憲準備を前提に、戦争準備体制の強化と軍国主義教育を積み重ねている。9条改憲と自衛隊海外派兵のために、「現代版治安維持法」=「共謀罪」法、秘密保護法、「安保法制」、教育制度・教育内容・方法も国家主義的に一元化される「新学習指導要領」の施行、道徳教科書による授業と内心評価、「教育勅語」教育、「日の丸・君が代」強制、中学校「歴史」・「公民」授業、高校「公共」等での自民族優越主義・民族排外主義・歴史修正主義教育、「保健体育科・武道」での「銃剣道」授業等により、「海外派兵国家・日本」による「教育の軍事化」・軍国主義教育が急速に進められている。改憲・海外派兵・教育の軍事化に抗して、私たちは、全国各地の市民・教職員・保護者・子どもたちとともに闘い続ける決意である。


 ◆ 許すな!「日の丸・君が代」強制、止めよう!安倍政権の改憲・教育破壊 全国ネットワークに結集を!

 「ひのきみ全国ネット」は、約3年間の「準備会」活動を踏まえて、2015年8月1日に東京での「全国会議」で結成された。「ひのきみ全国ネット」には、「日の丸・君が代」強制を拒否して処分された教員、現職教職員、退職教員、市民、グループなど全国各地のさまざまな人々が参加している。
 「ひのきみ全国ネット」の運動の「3つの柱」は、(1)「日の丸・君が代」の強制・処分に対する闘い、(2)憲法改悪と憲法改悪に連動した「教育再生」=「教育基本法改悪」の具体化に反対する闘い、(3)全国の教育現場でのあらゆる人権侵害を許さず、安倍政権の海外派兵・改憲に反対し、国家主義教育に反対し、平和と民主主義の教育を進める取り組みである。
 「全国ネット」は、全国各地での多彩な運動の全国的なネットワークを作りながら、運動が全国に広がることを希望し、さまざまな場で、多くの人々との出会いを大切にし、大らかに、したたかに、軽やかに、にぎやかに、人間らしさを失わない活動を持続していく運動である。
 「全国ネット」は、全国的な情報収集、裁判闘争・人事委闘争の連帯支援活動、「転向強制研修」反対運動などを全国各地で積み重ね、全国各地の「日の君」運動・教育運動との連絡を強め、幅広い全国ネットワーク運動を展開しながら、全国各地の多彩な「日の君」運動・教育運動との連絡を強化し、北海道から沖縄までの全国各地で、「全国ネット」を大きく広げていく。
 集団的自衛権行使・閣議決定、安保法制=海外派兵法制制定、教育委員会制度改悪、教科書検定採択制度改悪、道徳教育教科化、教科書検定採択、防衛省・自衛隊・教委等による防災訓練・高校生へのリクルート・隊員募集、軍国主義教育などに抵抗し、「日の君」運動以外の教育運動・多彩な市民運動とのリンクを粘り強く追求していく。「全国ネット」は、さまざまな立場の市民運動、教育労働者の組合、立場の違う労働組合などに、共同・連帯を呼びかけ、出来るところから共同行動を積み重ねていきます。全国各地の「日の君」運動・「教育運動団体」等、さまざまな団体等との共同行動を粘り強く追求していく。戦後日本のさまざまな運動の継承・発展と運動の拡大の可能性を追求する。全国各地で展開されている教育の軍事化・国家主義教育・軍国主義化・自衛隊の学校教育介入・大学での軍事研究等・マスコミへの政治介入への闘いの課題を重視する。

 「全国ネット」の運動は、「日の丸・君が代」の強制・処分に反対し、安倍政権の改憲・教育破壊に反対するという一致点での幅広いネットワークをめざすものである。ネットワーク運動に参加する組織・個人にかかわらず互いに対等・平等であり、意見の相違を認め合い、一致点を大事にしながら運動を進めていく。「日の丸・君が代」のテーマ等での各地の市民グループ、キリスト者ネットワーク、宗教者ネットワーク、大学教員のネットワーク、研究者のネットワークなど、さまざまな分野・地域との連携を創っていく。全国各地の学校現場などで困難な状況に置かれている子どもたち・教職員・市民、特に若い教職員、保護者、市民に役立つリーフレットやチラシをつくり、「全国ネット」のウェブサイトを開設している。
 全国各地の皆さん!「ひのきみ全国ネット」の運動に加わり、「日の丸・君が代」強制を許さず、安倍政権の海外派兵・改憲・教育の軍事化・教育破壊を止める全国的なネットワークである「ひのきみ全国ネット」を多彩に大きく広げていきましょう!全国各地の皆さんの個人や団体のご参加を待っています。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ