2020/3/13

練馬公立小養護教諭分限免職取消訴訟  Y暴走する都教委
 ☆ 第6回口頭弁論期日 4月28日(火)10:00〜 東京地裁611

 ◆ 養護教諭を解雇されて
   生活に困っています。

クリックすると元のサイズで表示します

 原告の渡邉恵子と申します。
 平成30年7月に練馬区立N小学校の養護教諭の職を解雇され、養護教諭1種免許状を東京都教育委員会に剥奪されました。現在は、教員免許を剥奪されたために、生計を立てるための仕事に就くことが出来ず、生活に困窮しています。
 また、保健室の先生をしていて、いろいろな子どもがきて話しを聞くという仕事を奪われました。

 教員免許は女子栄養大学で高額の学費を支払い、自分が取得したものです。
 N小学校では児童の怪我の対応や保健の事務でも大きな誤りは起こしていません。
 今回の処分は行き過ぎたものだと裁判所に訴えています。


 傍聴のご協力をお願いします。
☆ 次回の裁判日程
  東京地方裁判所(霞ヶ関)
  4月28日(火曜日)10時から
  611法廷

 ※ 事件の詳細はこちらから(第1回法廷 原告本人意見陳述) 
https://wind.ap.teacup.com/people/14113.html


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ